神戸市議との不倫疑惑でバッシングを浴びている自民党の今井絵理子議員。なぜ世間の激しい怒りを買っているのか。精神科医の片田珠美さんに女性やネット住人などの逆鱗に触れたポイントを5つ挙げて考察してもらった。

誰が「プラトニックな関係」だと信じるのか?

元「SPEED」の自民党・今井絵理子参議院議員が神戸市議会議員の橋本健氏と不倫関係にあると、「週刊新潮」(8月3日号)で報じられた。

この報道を受けて、今井氏と橋本氏は陳謝し、お互いに好意を抱いていることは認めつつも、「『略奪不倫』では断じてない」「一線は越えていない」と強調した。

こうした釈明に対して批判が殺到し、怒りの声がネット上にあふれているようだ。この2人が世間の怒りを買ったのはなぜなのか? その理由を分析すると、次の5つが浮かび上がる。

1) 釈明の信憑性
2) 稚拙な言い訳という印象
3) 裏切られたという思い
4) 被害者意識
5) 羨望

「深夜まで一緒に原稿を書いていた」だってさ

まず、1)釈明の信憑性に疑問を抱かざるを得ない。お互いに好意を抱いている若い男女が一度ならず同じ部屋に同宿したにもかかわらず、「一線は越えていない」という説明に納得する国民がどれだけいるだろうか。

もしかしたら、「一線を越える」ことの定義が、この2人の場合は独特なのかもしれないと思ったのだが、「一線を越えていないとはどういうこと?」という記者の質問に対して、橋本氏は「皆さんのご理解にお任せしたい」と答えているので、世間の常識からそれほどずれているわけではなさそうだ。ちなみに、私なりの理解にもとづいて定義すると、「一線を越える」とは「肉体関係を持つ」ことにほかならない。

「週刊新潮」の取材に対して、今井氏は「深夜まで一緒に原稿を書いていた」と答えており、橋本氏も「尊敬する政治家の仲間」と話している。あくまでもプラトニックな関係だと主張しているわけだが、この主張が真実なのかという疑問を抱かざるを得ない。

というのも、同誌に掲載された新幹線の中で2人が手をしっかりと握り合って眠りこける写真、そしてパジャマ姿の今井氏が濡れた髪のままホテルの部屋から外に出て闊歩する写真は、プラトニックとは真逆の印象を与えるからだ。

節制のかけらもない「手つなぎ&パジャマ写真」

プラトニックラブの語源になった古代ギリシャの哲学者、プラトンは、「われわれを支配し導く2つの種類の力」があると述べている。その1つが「快楽への欲望」であり、もう1つが「分別の心」である(『パイドロス』)。

さらに、プラトンは「分別の心がわれわれを理性の声によって最善のもののほうへと導いて、勝利を得るときには、この勝利に『節制』という名が与えられ、これに対して、欲望がわれわれを盲目的に快楽のほうへと惹きよせて、われわれの中において支配権を握るときは、この支配に『放縦』という名が与えられている」と説明している(同書)。

新幹線車内の写真も、パジャマ姿の今井氏の写真も、「分別」よりも「欲望」が勝ち、「節制」のかけらもなくなって、「放縦」をさらけ出した姿のように誰の目にも映るはずだ。だからこそ、2)稚拙な言い訳にしか聞こえず、腹立たしく感じる人が少なくないのだろう。

策を弄するとかえって世間の怒りに火をつける

こういう人の中には、「そんな子供だましの言い訳が通用するのなら、世の中の不倫はすべて不倫ではなくなる!」「その程度の言い訳で国民を納得させられると思っているのか!国民をなめるな!」と怒っている人も相当いるのではないか。

かつて、不倫がばれたときに「一夜をともにしたが、男女関係はなかった」と釈明した政治家がいたが、それと同様の稚拙な印象を「一線は越えていない」という釈明は与える。

もちろん、この2人が一晩中一緒に過ごしたホテルやマンションの部屋で何をしていたのかを確認することも、撮影することもできない。それを見越したうえで「一線は越えていない」と強調したのなら、なかなかの策士だが、「策士策に溺れる」という言葉があるように、策を弄すると、かえって世間の怒りに火をつけることもありうる。このことを、政治家であれば、忘れてはならない。

「障害児を持つシングル母だから」投票した人への裏切り

誰よりも激しい怒りを覚えているのは、昨年の参院選で今井氏に投票した有権者かもしれない。その怒りの原因は、3)裏切られたという思いだろう。

というのも、今井氏は、聴覚障害を持つ長男を女手一つで育てているシングルマザーであることを最大の“売り”にして出馬し、当選したからだ。

今井氏が、とくに子育て世代の女性たちの支持を集めた一因に、障害児を持つシングルマザ―という二重の“不幸”があるのは否定しがたい。長年政治家の秘書を務めていた方から、「“不幸”は票になる」と聞いたことがある。

たしかに、議員が急死した後、未亡人もしくは遺児が立候補して「弔い合戦」をすれば、勝利の可能性は格段に高まる。中には、病気や障害、離婚や死別などの自分自身の“不幸”をあえて前面に出し、“売り”にしているように見える立候補者もいる。

これは、同情票が集まるからだろう。今井氏の場合も、「障害を持つ息子を抱えて苦労しているシングルマザーだから、入れてあげよう」と同情票を入れた有権者が少なくなかったのではないか。

「奪われた」税金が不倫や密会に使われた

ところが、1年後に、息子のことは母親に任せて、好意を抱く男性と一緒に過ごす時間を大切にしている姿が報じられた。しかも、「快楽への欲望」に支配された「放縦」そのものの姿を撮られて。

これでは、せっかく今井氏に投票したのに、裏切られたと感じる有権者がいても不思議ではなく、激しい怒りを覚えるはずである。

4)被害者意識を抱いた国民が少なくなかったことも、怒りに火をつけたように見える。「国民の税金を密会に使っていたんですか」「不倫のために税金使うな」「こんな議員たちを食わせる税金は払いたくない」という声に端的に表れているように、自分の払った税金が2人の快楽のために使われたことへの怒りが非常に強い。

これは当然だ。2人とも議員であり、多額の報酬が国民の血税から支払われている。また、国会議員には「JR無料パス」が支給されるが、これを利用して今井氏が東京―大阪間を移動し、手をつないで眠りこけていたのだとしたら、「私たちの税金が、あんなことに使われて」と誰だって怒るだろう。

そもそも、人間というのは、ルネサンス期の政治思想家、マキアヴェッリが見抜いているように、「殺された父親のことは忘れても、奪われた財産のほうはいつまでも忘れない」(『君主論』)。

今井議員は資産約1億 橋本市議は歯科医院も開業

それだけ損得に敏感なわけで、税金にしたって、ほとんどの国民は好きで払っているわけではなく、嫌々払わされていると感じているはずだ。当然、「奪われた」という感覚になる。「奪われた」税金が不倫や密会に使われたとなれば、「不正に害された」という被害者意識が芽生え、怒りの炎が燃え上がる。

怒りとは、古代ローマの哲学者、セネカが述べているように、「自分が不正に害されたとみなす相手を罰することへの欲望」にほかならないので、バッシングも激しくなる(『怒りについて』)。

5) 羨望の対象になりやすい要素を今井氏と橋本氏が持っていることも、世間の怒りを買う一因になったと考えられる。

羨望とは、17世紀のフランスの名門貴族、ラ・ロシュフコーに言わせれば「他人の幸福が我慢できない怒り」なのだが、この“幸福”の要素を、2人とも少なからず有している(『箴言集』)。

まず、今井氏は、アイドルから国会議員へと華麗な転身を遂げ、若く美しい。また、今年1月に公開された資産報告書によれば、預金6800万円を含めて9899万円の資産を保有している。

パートやアルバイトをかけ持ちしながら切り詰めた生活を送っているシングルマザーからすれば、1億円近い資産があり、年間2000万円以上の歳費が支給される今井氏は、まさに羨望の対象だろう。

橋本氏も、神戸市議であるだけでなく、歯科医でもあり、歯科医院を開業している。高収入であることは容易に想像がつく。したがって、「富も名誉も手に入れたうえ、元アイドルと交際できるなんて……」と、世の多くの男性が羨望のまなざしで眺めるのは当然である。

「夫(橋本市議)は生活費を大幅に減額した」

これらの5つの要因があいまって世間の怒りに拍車をかけたと考えられる。もっとも、夫を“略奪”された橋本氏の妻の怒りに比べたら、世間の怒りなどちっぽけなものかもしれない。

7月30日に放送された番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系)に、橋本氏の妻がコメントを寄せ、橋本氏の主張に真っ向から異議を唱えている。「ここ4、5年、事実上婚姻関係は破綻している」という橋本氏の主張に対して、妻は「4、5年前から破綻している事実はない」と反論し、「去年8月、一方的に離婚してほしいと言ってきた後、9月からは妻と2人の子供を残して自宅に戻らなくなった。生活費も大幅に減額された」と訴えている。

どちらの主張が事実なのかは、双方の言い分を聞いたうえで慎重に判断しなければならないが、少なくとも妻は橋本氏のふるまいを「不正」と受け止めた可能性が高い。

セネカは、「怒りとは、不正に対して復讐することへの欲望である」とも述べている。これから妻のどんな復讐が始まるのか、興味津々である。