「新しいことに取り組もう!」「自分を変えなきゃ!」。そう思いつつ、何もできないまま時間が流れていく……。ポジティブな「気づき」や「やる気」を、今度こそ行動に移すための方法とは?

なぜ、本を閉じると“気づき”は消えるのか?

自己啓発に役立つ書籍を読み終わったとき。または、セミナーで講師から熱っぽい話を聞いたとき。体内に“化学反応”が起こります。

「とても“気づき”が多かった! 自分も実践してみよう!」

そのときは体が高揚感に包まれ、ポジティブな気持ちになります。

ところが、数日たつとその「熱い思い」はどこへやら。読んだり聞いたりした内容さえ忘れてしまいます。これでは、せっかく時間とお金を費やして得た学びやインプットが無駄になってしまいます。

今回は、この学びを自己成長につなげるための方法をご紹介します。

あの旺盛な“やる気”はどこへいったのか?

私は、習慣化コンサルタントとして講演する機会が多いのですが、ひとりの聞き手として講座やセミナーを受講することもあります。そうした経験から言えるのは、セミナー受講時にあれだけ旺盛だった“やる気”が、たった数日で一気にトーンダウンしていることが多いということです。

受講時は、その講師の話だけに100%集中しています。お金を払って聞きにいく側としてはそのノウハウを最大限吸収しようと考えますから、当然、“やる気”はピークです。しかし、熱気を帯びたセミナー会場を出た瞬間、不思議と意識が変わってしまいます。さっきの講師の話とはまったく別のことが気になり始めるのです。

「家族にお土産買って帰ったほうがいいかな」
「夕食どうしようかな」
「あっ、メール返信し忘れていた!」

こんな具合に別のことに意識を向けていると、“やる気”レベルは次第に落ちていきます。私たちの思考は、焦点を当てたものに情熱が湧くようにできているので、“やる気”が時間とともに減ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

“気づき”は線香花火 火花を散らし、すぐ地面に落ちる

長続きしないのは“やる気”だけではありません。“気づき”も残念ながら同じように時間とともに色あせてしまいます。専門家の話を聞くと、「あ、そうか!」と気づくことがあります。

「あー、やっぱり行動しなきゃだめだな」
「やっぱり自分を振り返ることが重要だな」
「今この瞬間を生きることが大切なんだよな」

思うに、“気づき”とは線香花火のようなもので、一瞬「バチッ!」と鮮やかに火花を散らしますが、すぐにボトッと地面に落ちて消えてしまいます。“気づき”の寿命は秒単位なのです。

行動に変換することで“やる気”も“気づき”も長持ち

問題は、この瞬間的で刹那的な“やる気”と“気づき”をいかに長持ちさせるか。具体的に言えば、熱い気持ちや発見を、行動に変換するチカラが重要なのです。

“気づき”に持続性がないことがわかっていれば、行動に移すためのポイントもわかります。次のようなポイントをおさえて「行動化」しましょう。

●絶対条件:「何を」「どうする」「いつ」
●必要条件:「どこで」「誰と」「どれぐらい」

「自分を振り返ることが重要」というテーマを行動化するならば、

●「朝の通勤電車で(いつ)、昨日の、「良かったこと反省すること」「今日どう過ごすか」(何を)を15分間で(どれぐらい)ノートに書く(どうする)」

と行動化します。

“気づき”は日常の多忙さにかき消されてしまっても、具体的な行動は間違いなく日常に存在します。つまり、通勤電車というシチュエーション、15分という時間、何を書くか、どこに書くかを決めたときに、現実に存在させることができます。

極端なことを言えば、こうして行動化してしまえば、当初の“気づき”はもう心の中から消えてしまっても大丈夫です。

せっかく気づいても実践しなければ忘れるだけ

別の例で説明してみましょう。

「何か新しいことを始めると運が開ける!」。ある書籍にそんなメッセージがあったとします。「なるほど」と本を閉じて、この“気づき”を覚えていられるのはどれくらいの期間でしょうか。

翌日、会社に行って朝から上司に怒られて、緊急の仕事を依頼されたら……もう終わり。何も思い出せないのではないかと思うのです。

「学び」を得ようとするとき、大事なことは「投資対効果」です。短い時間で高い効率。これです。この投資対効果を高めたいならば、絶対にやらないといけないのは実践です。グズグズしていてはいけません。

「70:20:10」という法則があります。教育業界では有名な法則で、「人は何から学んでいるか」をあらわしています。10%はいわゆる座学、20%は上司や先輩などから教わる人づての学び、70%は日常業務や顧客先で体験するクレームなどの経験学習です。

結局のところ、経験しなければ真の学びにはなりません。だからこそ、“気づき”を行動化して実践を促す必要があるのです。

「いつ、どこで、何を、どうする」をすぐ決める

ある男性技術者は、同期入社の社員の話に触発され、「自分も何か新しいことに取り組むべきなのではないか」という“気づき”を得たそうです。

この技術者は、早速、同じ会社の営業担当者に、取引先との交渉現場に連れて行ってもらったそうです。本来、自分の業務には何も関係ありませんが、契約現場に同行して、具体的なやり取りを見学すると、営業担当者への信頼感が高まり、顧客へのイメージもずいぶん変わったといいます。

これぞ、“気づき”を実践に移した好例です。

実践したこと<営業現場に連れて行ってもらう>
●来週の月曜日(いつ)
●営業の商談の場にいって(どこ)
●営業担当者と顧客がどのようなやり取りをしているかを(何を)
●見学する(どうする)

どうしても “やる気”がわかない日はどうしたらいいのか?

ここまで“気づき”について長く語ってきましたが、もう一方の“やる気”が消えてしまった時にどうすればいいのでしょうか。一時はごうごうと燃え上がった“やる気”は、いつの間にか鎮火……。よくあることです。

前述した「行動化」の絶対条件・必要条件を書いているのなら、あとは後述するように行動の“ハードル”を徹底的に下げるといいでしょう。まずは、一歩前に進めることがポイントです。これを私は、“ベビーステップ”と呼んでいます。二歩も三歩も進まなくていい。場合によっては一歩でなくても、半歩でもいい。少し前に出るのです。

人間、どうしても“やる気”がわかない日はあります。

そういうときは、行動のハードルを徹底的に下げる。「何もしない日」を作らないことが大事です。たとえば朝の通勤時に、「仕事の振り返り」を15分間行うと決めたとします。しかし、その日満員電車で座って作業ができないことがあります。もしくは、疲労のため座席で仮眠をとりたいということもあるでしょう。

一歩でなくていい、半歩だけ前へ出よう

こういう状況のときは、モチベーションをたきつけるより、行動のハードルを徹底的に下げることがおすすめです。「振り返り」は、「手帳に1行でいい! 帰りの電車でもいいから、必ず1行を書こう!」とアドバイスします。

ハードルを下げたことで、半歩は前に出ることができる。そうやって日々を積み重ねていくと習慣化するのです。そうなれば、“やる気”をモチベーションにしなくても、やるのが当たり前な生活が訪れます。

“気づき”を行動に変換し、“やる気”はベビーステップで習慣化してモチベーション要らずにしてしまう。これが、学びを安定的に行動につなげるコツだと私は考えています。