公開中の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。大ヒットシリーズの最新作ですが、ライターの稲田豊史さんは「過去作を観ていなくても楽しめる」といいます。話題のアニメ映画『メアリと魔女の花』と比較しながら、その「楽しさ」の秘密を読み解きます――。
『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
■製作国:アメリカ/配給:ディズニー/公開:2017年7月1日
■2017年7月8日~7月9日の観客動員数:第1位(興行通信社調べ)

文句なし、安定のドル箱シリーズ

ある映画作品が映画評論家や映画ファンからどれくらい高く評価されたかと、どれくらいビジネスとして成功したか(興行収入、つまり入場料売上を稼いだか)には、それほど相関関係がありません。あなたにもきっと、こんな経験があると思います。「友人の映画好きがすごく褒めている作品なのに、人気がなくてあっという間に上映が終わってしまった」。あるいは、「大ヒットしているから行ってみたけど、ぜんぜん面白くなかった」。そこには「作品」と「ビジネス」の違いが影響しています。順を追って説明していきましょう。

今回取り上げる映画は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』です。2003年に公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から数えてシリーズ5作目。過去4作の国内興行収入は、(1)68億円→(2)100億円→(3)109億円→(4)89億円と、4作目でやや陰りが見えたものの、文句なし、安定のドル箱シリーズと言えるでしょう。参考までに、2016年に大ヒットした『シン・ゴジラ』は興収約83億円、2015年末に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は興収約116億円でした。

この14年間で、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ船長は、世界中ですっかり人気キャラクターとして定着しました。本作では、かつてジャックに陥れられたスペイン船の艦長サラザールが亡霊となってよみがえり、ジャックに復讐を仕掛けます。

これだけのヒット作ですから、さぞ間口の広い内容だろうと思って観に行くと、冒頭から出鼻をくじかれます。少年がボートで海に漕ぎ出し、幽霊船のような船に乗っているウィル・ターナー(1、2、3作目の主人公)に会いに行くところから物語ははじまりますが、これが何を意味しているのか、何が問題になっているのかは過去の経緯、特に3作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007年)の内容をかなりしっかり覚えていないと、さっぱりわかりません。……これ、10年も前の映画です。はっきり言って、忘れています。

同じように、劇中のさまざまなセリフも、終盤の意外な感動ポイントも、ラストのサプライズも、14年間にわたる過去作のエピソードや、登場したキャラクターの存在や言動を熟知していなければ、十全には味わえません。一見して、実に不親切な映画です。

不親切な映画だが、観客は気にしない

「パイレーツ」シリーズは、特に2作目以降の話が複雑怪奇なので、過去作を全部観た人でも、直近で復習しない限りはきっと忘れているでしょう。そういう人のために、本作公開前にはシリーズ4作品が4週連続でテレビ放映されていましたし、レンタルや配信もあります。

しかしこの忙しい現代社会、どれだけの人が4作全部で10時間以上あるシリーズを「復習」して『~最後の海賊』に挑んだでしょうか。ネットであらすじを探して読み、理解するだけでも一苦労です。筆者の見立てですが、おそらく過去作のストーリーを完全に把握したうえで『~最後の海賊』の劇場に足を運んだ人は、全体の半分もいないと思います。

そんな“不親切な映画”が、なぜ1位になれたのでしょうか? それは、この種の大衆娯楽映画のシリーズものに現代の多くの観客が求めているのが、「ストーリーの完全理解」ではなく「世界観に浸ること」だからです。

重要なのは「あの楽しげな感じ」

観客は、「パイレーツ」シリーズすべてに共通する「18世紀カリブ海の異国情緒」「さんさんと照り注ぐ太陽」「壮大な大海原」「威風堂々とした海賊船」「荒々しい男たちによるバトル」「ダイナミックな砲撃戦」「ワクワクする音楽」、そして「茶目っ気たっぷりの海賊王ジャック・スパロウ」といった魅力的な「要素」を求めて、新作が公開されるたびに劇場へと足を運びます。

大半の観客が求めているのは「パイレーツっぽさ」を構成している「要素」ですから、細かいストーリーの理解など、どうでもよいのです。大切なのは、「パイレーツ」シリーズの「あの楽しげな感じ」が、今回も変わらず画面を覆い尽くしていること、ただ一点のみ。批評家の東浩紀氏は、こうした楽しみ方を「データベース消費」と呼んでいます。観客が消費しているのは物語(ストーリー)そのものではなく、「パイレーツっぽさ」を構成する要素(データベース)だからです。

よく知られているように、本作の原案はディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」です。そこにストーリーらしいストーリーは存在しませんが、むしろ特定のストーリーを押し付けないからこそ、リピーターが絶えません。もし小説のようなストーリーを聞かされるアトラクションだったら、1度で飽きてしまうでしょう。ストーリーがないからこそ、永遠に浸っていられるのです。

いわば「映画版・カリブの海賊」たる「パイレーツ」シリーズには便宜上ストーリーが存在しますが、観客の多くは今までのストーリーをちゃんと覚えていませんし、だからといって気にも留めません。一番の目的は「ストーリーを追うこと」ではなく、「あの楽しい世界に浸ること」なのですから。そういう人たちに支えられて、本作は1位になりました。

ジブリの縮小再生産にとどまった『メアリ』

このように「世界観を求める客」を当て込んだ作品は、同じ週末(7月8日~9日)ランキングの第2位にも登場していました。7月8日公開のアニメ作品『メアリと魔女の花』です。

同作は、スタジオジブリを退社してスタジオポノックを立ち上げた西村義明プロデューサーが、同じくジブリを退社した米林宏昌監督(ジブリで『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』を監督)と共につくった、同スタジオの第1回作品。……ですが、一般客から見ればどこからどう見ても完全に「ジブリの絵」です。スタッフの8割はジブリ作品経験者であり、過去のジブリ作品を想起させるさまざまなビジュアルイメージが作中に盛り込まれていることからも、「ジブリっぽい世界観を求める客」を製作側が当て込んだのは、一目瞭然。キャッチコピーの「魔女、ふたたび。」でジブリの名作『魔女の宅急便』(1989年)を想起させたのも、意図的でしょう。

映画は公開直前に宣伝を大量投下するため、一般的には公開1週目の週末にもっとも集客しますが、公開1週目の『メアリ』は、公開2週目の『~最後の海賊』に及びませんでした。とはいえ、『メアリ』は『~最後の海賊』に比べて公開館数がずっと少ないので、「公開1週目なのに、1位を取れなかった」と責められるのは、ちょっとかわいそうです。

しかし、「パイレーツ」シリーズ全作とジブリの全劇場用作品を鑑賞した筆者が、あえて暴言承知で申し上げるなら、『~最後の海賊』が既に確立された「パイレーツ世界観」にさらなる広がりとふくらみをもたせる役割を果たしたのとは対照的に、『メアリ』は「ジブリ世界観」のブランドを拝借してリサイクルしただけの縮小再生産にとどまっていた、と言わざるをえません。それは公開前の宣伝や予告編にもはっきりと現れていました。

『~最後の海賊』と『メアリ』のどちらが(映画評論家や映画ファンが言うところの)「作品」としてすぐれているかを論じることは、本稿においては意味をなしません。ただ、どちらのほうが「確立された世界観」という原資を使い、ビジネスとしてうまく「データベース消費」を促し、リターンを最大化したか、という話をするなら……その結果が動員数の着順に象徴されているようにも思えるのですが、いかがでしょうか。

稲田豊史(いなだ・とよし)
編集者/ライター。1974年、愛知県生まれ。キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て2013年よりフリーランス。著書に『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)。編著に『ヤンキーマンガガイドブック』(DU BOOKS)、編集担当書籍に『押井言論 2012-2015』(押井守・著、サイゾー)など。