祐天寺界隈には生まれたときから住んでいます。事務所も駅近くの路地にあり、「ミタケ・オアシン」の最初の店舗は路地の入り口にあったんです。エスニック中心の多国籍料理で、すごくおいしくて事務所のスタッフと毎日のように通っていました。

絵本・童話作家
きむら ゆういち

1948年、東京都生まれ。多摩美術大学卒業後、テレビ幼児番組のブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。累計350万部の『あらしのよるに』、累計1200万部の『あかちゃんのあそびえほん』シリーズなど著書は600冊を超える。今年2月に大人の絵本『そのままのキミがすき』『あなたなんてだいきらい』を上梓。
 

それぞれ好きなメニューがあり、僕はラフテー丼と迷って、大抵、ポキ丼を頼む。マグロとアボカドの丼だからヘルシーかなと。タイカレーファンのスタッフはうちをやめても、カレー目当てに祐天寺に来るほどです。

「来々軒」は創業80年以上の中華料理店。味が良いのはもちろん、料理がでてくるのが早く、店が広くて大勢でも行きやすい。僕は10年前から絵本講座を開いていて、午前の部が終わると受講生とここでランチをするのが恒例です。麻婆豆腐や酢豚などの料理を頼み、十数人でシェアして食べるのが楽しいんです。

4年前に結婚した38歳年下の妻はスタッフであり、絵本講座の受講生でもあるので、どちらの店にも一緒に行きます。ただ、利用するのはもっぱら昼。夜は付き合いで外食が多く、予定がないときは健康のため妻の手料理を食べるようにしています。クックパッドを参考にしているみたいで、料理は上手ですよ。

そんな妻に贈った僕の作品が、『そのままのキミがすき』。「お化粧してなくても、漢字が書けなくても、そのままのキミでいいんだよ」という気持ちを伝える大人の絵本です。女性から男性に向けた『あなたなんてだいきらい』もあり、2冊同時に今年2月に出版しました。バレンタインやホワイトデーに贈ってもらえれば、という戦略です。

僕が本を書くときは、必ず、販売プロモーションまで練っています。作品はタレントと同じ。どうしたら活躍できるかを考えながら世に送り出すわけです。

その点、代表作の『あらしのよるに』は非常によくできた子で、演劇、映画、アニメなど想定以上の活躍をしてくれた。実はこの本、寝室の入り口からベッドまでの3歩で構想が生まれ、原稿はファミレスで書いたんです。『あかちゃんのあそびえほん』シリーズも、ファミレスの紙ナプキンを開いたり閉じたりして仕掛けを考えました。仕事場はちゃんとありますが、テレビやら漫画やら誘惑が多くて。そういう意味では、近所のファミレスも僕の行きつけの店といえますね。

[エスニック料理]食堂 ミタケ・オアシン

──女性店主が一人で営む、心安らぐエスニック料理店

10年前に開店し、昨年、今の場所に移転。地元の人に愛されるかわいい食堂。店名はネーティブ・アメリカンの言葉で「すべては繋がっている」の意味。

東京都目黒区中目黒5-24-20
TEL/080-1138-5158
営業時間/月火12:00~16:00、木金土18:00~22:00
水日休(祝日は営業)
カード不可 12席 禁煙 19時まで予約可

 

【1】大人気の海老のタイカレー900円はほんのり甘く、辛さはマイルド。

 

【2】マグロやアボカドなどをのせたポキ丼900円は、豆板醤のピリ辛醤油味。温卵を絡めるとまろやかに。

 

【3】ベトナム生春巻き1本300円。具にそうめんが入り、パクチーは別添え。たれは甘酸っぱ辛いヌクチャムと甘味噌の2種。

 

【4】鶏肉のフォー900円。鶏ガラを丁寧に煮出したスープは、やさしい味わい。レモンを搾っても。

 

【5】黒みつ、きなこ、黒豆をのせたミルクプリン300円。なめらかな舌触りが絶妙だ。

 

[中華料理]祐天寺 来々軒

──創業80年余。伝説の名店の味を受け継ぐ老舗中華

3代続く老舗中華料理店。創業者の祖父は、東京ラーメンの草分けであり、今はなき浅草「来々軒」の元料理長。

東京都目黒区祐天寺2-3-13
TEL/03-3712-2355
営業時間/11:30~15:00(14:30 LO)、17:00~21:30(21:00 LO)日祝11:30~21:30(21:00 LO)※夜はスープがなくなり次第終了
火休 カード可 70席 喫煙可

【1】麻婆豆腐930円は白飯が欲しくなる重厚な味。花椒が添えられ、しびれる辛さは好みで調節可能。白飯(中)230円にはスープが付く。

 

【2】エビをトッピングした焼売650円は、ふっくらジューシー。玉ネギの代わりに長ネギの青い部分を使うのが珍しい。

 

【3】人気の老麺(ラーメン)620円は、鶏ガラと豚骨の旨味に魚の風味を重ねたまろやかなスープが特徴。極細の麺は初代から継承。

 

【4】長ネギときゅうりが入る上海風酢豚1080円。隠し味に鎮江香酢(黒酢)を使い、香り良く仕上げられる。