着席できる通勤列車が増えている。その真打ちとも言えるのが、西武鉄道発案の「S-TRAIN」だ。平日は通勤用として所沢と豊洲を結び、休日は観光用に変身して、秩父と横浜中華街を結ぶ。このために西武鉄道はわざわざ新型車両まで開発した。そこまでして前例のない「4社線直通有料指定席列車」に挑んだ理由とは――。
■「S-TRAIN」 の気になるポイント
・東京メトロ副都心線、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線で初の指定席
・4社直通、休日は最長113.6km、2時間33分の長距離運行パターンもある
・平日と休日で運行ルートが異なる。通勤モードと行楽モードの二役
・経由する路線すべての価値を高める看板列車
・このために新型車両40000系導入という意気込み
・通勤電車時はロングシート、S-TRAINはクロスシートの可変座席
・トイレ、無料Wi-Fi、コンセント付き

3月末にデビューしたS-TRAINに乗ってみた

2017年3月25日にデビューした「S-TRAIN」は、西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道が運行する全席指定の列車だ。平日は所沢駅(埼玉県)と豊洲駅(東京都)を結び、休日は西武秩父駅(埼玉県)と元町・中華街駅(神奈川県)を結ぶ。平日は確実に座れる通勤電車として、休日は自然豊かな観光地の秩父と、都市型観光地の横浜をつなぐ。

休日の経路は実に最長113.6km。かつては乗り換えが必要、いや、そもそも乗り継ごうとも思わなかった経路だろう。秩父にはしばらく行っていない。横浜中華街もご無沙汰だ。それが1日で、1本の列車で両方行ける。そんなS-TRAINに乗ってみた。

朝9時、上野発のJR高崎線で熊谷へ。秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」に乗り、三峰口駅に保存されている古い車両を見物し、遅めの昼飯にモツ焼きを食べて、西武鉄道直通電車で西武秩父駅へ。駅ビルの土産物屋を冷やかして、ここから17時05分発のS-TRAIN4号に乗車。乗り換えなしで元町・中華街駅まで乗り通す。到着は19時38分。ちょうど夕飯の頃合いだ。中華街で知人オススメの店で一献して締めくくった。昼間、秩父の山の中で遊び、晩飯は中華街。こんな遊び方、いままで想像もしなかった。

2時間33分の乗車は楽しかった。トイレもあるから安心だ。日の高い時期だから、車窓は秩父の新緑、武蔵野の街の夕暮れ。地下鉄区間の後、東横線区間は夜景だ。座席は2人がけの前向きシート。東急東横線で、指定席の前向きシートに乗れるなんて。東急沿線育ちの筆者にとって、新鮮で感慨深い経験だった。

前向きシートの指定席は、西武鉄道では特急「レッドアロー」で経験済み。東京メトロは千代田線に小田急電鉄のロマンスカーが乗り入れて経験済み。しかし、東急電鉄と横浜高速鉄道は指定席列車の経験がない。この2社の賛同を得るには苦労したのではないか。

S-TRAINを発案したのは西武鉄道だ。どのようにして直通先3社の同意を取り付けたか。そもそも、なぜS-TRAINが企画されたか。運行開始に至るまでの経緯などについて、西武鉄道株式会社、鉄道本部、計画管理部運行計画課 課長補佐の廣田欣史氏に伺った。

前例のない「4社線直通有料指定席列車」

「東急さんだけが初めて、というわけではないんです」

東急電鉄をどう説得したのか、に対する廣田氏の答えだ。

東京メトロにしても路線ごとに管理されており、副都心線は未経験。東急電鉄は、西武・東武・小田急・京成のような有料特急を持たない。沿線に宿泊型観光地を持たないから、運行する必要がなかったのだ。横浜高速鉄道は実質的には東急電鉄が運行管理している。終点の元町・中華街駅は観光スポットとして魅力が大きい。北の秩父とバランスを取れる目的地として、最も重要な駅の一つだ。横浜高速鉄道の同意なしではS-TRAINは成立しない、といっても過言ではない。西武鉄道にとって有料座席指定列車は経験がある。しかし、自社路線を超えて定期運行した経験はほぼゼロ。例外として秩父鉄道に乗り入れる団体臨時列車や西武秩父駅発のSLパレオエクスプレスがある程度だった。確かに鉄道業界全体で見ても、4社路線直通の指定席列車は前例がない。

「西武鉄道は直通の指定席列車をやる気だ」という観測はあった。2014年3月に朝日新聞が「次期特急レッドアローの横浜発秩父行きを検討している」と報じた。さかのぼると、2008年に東京メトロ副都心線が開通し、西武鉄道の電車が渋谷駅に到達。2013年3月から東急東横線の直通運転も始まった。その1年後というタイミング。直通運転の効果を評価した上での社長の談話を元にした記事だ。

特急レッドアローは車両の更新時期を迎えており、新型車両は地下鉄直通に対応するかもしれない。もし、レッドアローが東急電鉄に直通したら、東急電鉄にとって初めて観光地行き列車を得ることになる。通勤路線専業状態の東急電鉄にとって画期的なことだし、沿線の価値も高まる。

大変だな……でもやってみよう

東京メトロ副都心線を介して直通する会社は5つ。北から西武鉄道・東武鉄道・東京メトロ・東急電鉄・横浜高速鉄道だ。2013年、この5社によるダイヤ編成会議で、ついに西武鉄道が提案する。指定席列車にも、ふだんの通勤電車にも使える専用車両を西武鉄道が用意します。だからやってみませんか、と。「ついにきたか、これは大変だな……」という反応だったらしい。

「西武鉄道内部でも同じ声がありましたよ。直通か、大変だな……って(笑)」(廣田氏)

もちろん、その場で即決ではなかった。解決すべき課題が多すぎる。まず、切符の売り方が違う。西武鉄道はレッドアローに対応した券売機があり、停車駅では有人の窓口もあるが、他社にはない。列車ダイヤはどうか。自社線内で、どの時間帯なら運行できるか。その時間帯は自社の沿線の人々にとって使いやすいか。同じ列車であれば、会社は違えど、お客様に見せるサービスは一つだ。各社の違いを一つのブランドにまとめなくてはいけない。

しかし、「ダメ」と言った会社はなかった。もっともコストがかかる車両は西武鉄道が製造するが、他の会社も券売機の改修や窓口の設置など多少の負担はある。共通項は「お客様のサービス向上になる取り組み」「新しいサービスにつながる」という意識だった。まず、やろう。その前提で課題を解決していこう。S-TRAINに向けた取り組みが始まった。

ちなみに、この5社会議のなかで決まったもうひとつの列車が「Fライナー」だ。こちらは通常の通勤電車で、5社のそれぞれの列車種別のうち、普通運賃で乗れる最も速い列車を直通させている。Fライナーに乗れば、直通先にも早く着く。直通列車は乗り換えなしで速い。わかりやすさと利便性を優先させ、各社の沿線に強くアピールした。

S-TRAINについては、電車の運用、乗客の動向を考えて、平日は西武鉄道と東京メトロ有楽町線、休日は西武鉄道と東京メトロ副都心線、東急電鉄、横浜高速鉄道で固まった。各社の要望をまとめると、西武鉄道は東急電鉄沿線の人々に秩父へ来てほしい、東急・横浜高速は西武鉄道沿線の人々に横浜に来てほしい。東京メトロは都心に住む人に秩父・横浜へ“座って”出かける機会を提供したい、だった。地下鉄は直通列車が多く空席が発生しにくいという宿命を持っている。

各社が希望のダイヤと停車駅を検討して持ち寄り、組み合わせて1つにしていく。せめぎあいは少なく、協力していちばん良いところを探そうという雰囲気だったそうだ。秩父に行きやすいダイヤにすれば、東急電鉄の利用者にメリットがあり、横浜に来てもらいたいダイヤにすれば、西武鉄道の利用者にメリットがある。結果的に、間に入る東京メトロにとっても両方向に都合の良いダイヤになった。

S-TRAIN向けに「40000系」を開発

S-TRAINに使われる電車は「40000系」という。西武鉄道が「もっとも進化した通勤電車」と胸を張る自信作だ。最大の特徴は座席。横向き座席(ロングシート)と前向き座席(クロスシート)を用途に合わせて転換できる。S-TRAINとして使う場合は、着席時の快適性を重視した前向き座席として使い、通常の通勤電車として使う場合はラッシュアワーの乗降動線がスムーズな横向き座席になる。

西武鉄道は今後、地下鉄直通運転用の主力車両として40000系を増備し、旧型車両と置き換える方針だ。西武線内用の新型車両30000系に合わせて、車体色はコーポレートカラーの青。西武鉄道のロゴマークに合わせて水色と緑色をあしらった。今後はこの色の列車が増えて、従来の黄色い電車と入れ替わる。40000系のうち、座席転換するS-TRAIN仕様は今後4編成が追加される。その他は座席転換仕様ではなく、固定したロングシート仕様となるという。

40000系に共通する新要素は、10号車に用意された「パートナーゾーン」だ。座席を設けず床面積を広くして、車イスやベビーカーの利用に配慮している。パートナーゾーンは通勤時間帯に譲り合いの場として機能するほか、S-TRAINとして使用する時は展望車の役割を持つ。10号車は横浜寄りだが、S-TRAINは飯能で進行方向が逆転するため、秩父方面への先頭車になる。

トイレ、空気清浄機、コンセント、フリーWi-Fi完備

座席指定のS-TRAINは途中駅で降りられない。2時間の乗車となれば必須な設備として、1編成に1カ所トイレが設置された。西武鉄道が特急レッドアローのための水回り処理施設を持っているから可能になった設備である。トイレは通常の通勤電車使用時も利用できるが「あまり知られていないようで、通勤時に実際にご利用なさる方は少ないです」(西武鉄道)。

最新設備はまだある。プラズマクラスター発生装置を搭載した空気清浄器を1車両につき2~4台ずつ設置。コンセントは2座席にひとつ。さらに無料の通信設備「SEIBU FREE Wi-Fi」も用意した。SEIBU FREE Wi-Fiはメールアドレスを登録するだけで無料で利用可。西武線内だけではなく、他社の区間でも利用できる。

中吊り広告廃止も大きなトピックだ。車内広告をデジタルサイネージ中心とし、中吊りを廃止した。これは日本の通勤電車として初の事例となった。

特急料金は最長で1060円

指定席料金は、西武鉄道がレッドアローより少し安めの設定で、距離に応じて300円または500円。東京メトロ区間は一律210円、東急電鉄・横浜高速区間は共通で一律350円。各社にまたがる場合は合算となった。この料金も各社が独自に検討したという。結果として、平日は510円均一となり、座れる通勤電車としては他社と比較してもほぼ同じ。休日は最長距離の西武秩父~元町・中華街で1060円となる。

「乗車実績からみて、悪くない値段だったと思っています。ただ、乗り慣れない人、はちょっと高いと感じるようで」と廣田氏。

乗ってみれば価格に見合ったサービスだと思うし、乗り換えなしの快適性、速達性を考えると、むしろもっと高くても良いと思うくらいだ。その代わり、家族割引、敬老割引、回数割引などを検討してはどうか。鉄道の運賃は国土交通省から上限運賃の認可を受ける必要があるが、座席指定券などの付加価値分は鉄道事業者の裁量が認められている。ここもまだまだ工夫する余地がある。

運行実績から見えてきた「新たな需要」

S-TRAINの列車番号は、休日の秩父横浜方面が1ケタ。平日が100番台の3ケタ。「S-TRAIN1号」は元町・中華街発西武秩父行きで、「S-TRAIN2号」は飯能発元町・中華街行き。これがもっともコンセプトを体現する列車と言える。運行開始から約2カ月が経過し、休日ルートは行楽シーズンもあってほぼ満席。土日の需要を掘り起こせた実感があるという。

その反面、平日については「まだまだPRが必要というところ」とのこと。西武鉄道と東京メトロは7月11日から8月10日まで、「S-TRAIN 快適通勤応援キャンペーン」を実施する。西武鉄道のチケットレスサービス「Smooz」でS-TRAINの指定席券を10回以上購入すると1000円分のICカードチャージ引換券がもらえる。

平日のS-TRAINについては、当初の快適通勤以外の需要も掘り起こせたという。

「春休みの平日のS-TRAINでは、西武鉄道沿線から豊洲のキッザニアに出かけるご家族が多くいらっしゃったそうです」

子どもに人気のキッザニアは朝9時に営業開始。S-TRAIN102号の豊洲着07時24分は早めだが、8時30分の開場時には既に並んでいる家族も多いので、このタイミングがちょうど良いそうだ。

同様のことは、休日のS-TRAINにもありそうだ。秩父で遊んで横浜に帰るという想定のS-TRAIN4号は、筆者が見る限り、西武線内、東急線内の利用者も少なくない。乗客が去った席に、新たな乗客が座るなど、座席の回転率も良かった。

そもそも、秩父と横浜を結ぶというルートは、高速バスも、JRも、マイカー利用者も想定しなかった。S-TRAINは新たなルートを開拓したといえる。S-TRAINと、S-TRAINをきっかけにつくられた40000系は、新たなサービスを生み出す装置になっている。

■次のページでは、西武鉄道「S-TRAIN」の企画書を掲載します。

西武鉄道「S-TRAIN」の企画書

西武鉄道では副都心線直通運転が始まった2008年から有料座席指定列車の地下鉄乗り入れを構想していたという。東急東横線の乗り入れは2002年に決定済みだった。ゆえに横浜方面の乗り入れも視野に入れていた。

S-TRAINは、消費者に手渡す商品ではなく、「座席」という在庫の効かないサービスである。商品であれば「こういうものを作って売りたい」と上司に決済を願う企画書になるが、この企画書は趣が異なる。発案者の西武鉄道から、直通先の鉄道会社に向けて、新たなサービスの同意を求めるという意味合いがある。

「相互直通運転が成功している」という各社の共通認識の上に立って、有料指定席列車の提案にあたり、西武鉄道のレッドアローの実績を提示。そのために製造する新型車両を提案し、各社の沿線の魅力を踏まえて、新たな列車サービスの必要性を説いた。他社の通勤ライナーとは異なり、レジャー向けの要素が強いところも興味深い。

なお、当時、実際に提案したときの企画書では、S-TRAINの名称はなく「直通座席指定列車」のような仮称だったとのこと。停車駅、ダイヤについても試案から現行データに置き換えられている。サービスが始まっている今これを見ると、S-TRAINの紹介パンフレットのようだ。しかし、2013年に初めてこの企画書を見た各社の気持ちを想像すると、「大変なことが始まるなあ、本当にできるのか」と驚いたことだろう。ソフト面、ハード面について、さまざまな課題をクリアした各社に敬意を表したい。

東急沿線の人々が秩父を、西武鉄道沿線の人々が横浜を身近に感じる。それ自体が新しい余暇の開発だ。列車ひとつで生活が変わる。鉄道会社の新たな価値を示した企画書である。