「プラネタリウムを持ってきましたよ」「星は数えきれないほどたくさんありますから、たくさんお願いしましょうね」。長期入院している子供や重度心身障害の患者さんらのために、移動式プラネタリウムを持って全国の病院を訪れ、星空を見せる。高橋真理子さん(47)は、山梨県立科学館の職員として16年間働いた後、2013年に独立して、この「病院がプラネタリウム」というプロジェクトを始めた。病院から外に出られない人たちに宇宙を見せる「宙先(そらさき)案内人」。その活動について聞いた――。

表情が明るくなり、目が輝いていく

病院の中にいる人は、なかなか外の空気や自然に触れる機会がありません。このことに気づいたのは、私が山梨県立科学館で職員として働いていたときでした。当時、私は科学館のプラネタリウムで星の解説員をしていましたが、小児科のお医者さんに出会ったことがご縁で、一年に一度、小型のプラネタリウムを持って病院に出かけていたのです。

現在使っている移動式プラネタリウムは直径4メートルくらいの大きさで、空気を吹き込んでドームを膨らませ、そこに入ってもらいます。ドームには5~10人の患者さんと、付き添いのご家族やスタッフも合わせて15人ほどが入れます。ドームの中は独特の雰囲気があって、これが日常の世界を忘れて、頭上の星空の世界へ没入させてくれるのです。

プログラムでは、まず、その日の夜に見える星空を投影します。最初は街の明かりがついているときの星空。その後、カウントダウンをしながら街の明かりを消して、「ゼロ!」で満天の星を映し出します。

その瞬間、ドームの中に「わぁっ」という声が広がります。重度心身障害者の方の表現はさまざまですが、足をバタつかせたり、声が大きくなったりして喜んでくれます。彼らの表情がパァッと明るくなり、目が輝いているのが、こちらにもわかります。

医療機器に繋がっていて移動がかなわない患者さんには、私のほうが病室にお邪魔をし、病室の天井に星を投影して解説をします。ベッドに横になっていることの多い患者さんには、天井はもってこいの投影場所です。何しろ、そのままの状態で見ることができるのですから。ここでも天井に満天の星空が映った瞬間、声が上がります。

プラネタリウムのプログラムは、次第に地球を飛び出して、「宇宙旅行」となります。太陽系の惑星をめぐり、太陽系から離れて銀河系を眺め、銀河系から離れて多くの渦巻く銀河を俯瞰する……。宇宙ってなんて広いんだろうと感じてもらう瞬間です。

投影前に患者さんの誕生日を聞いておいて、一人ひとりの星座を見せたり、その人が生まれた日の星空を見せたりすることもあります。ほんの些細なように思えることでも、彼らの一人ひとりの様子を見ていると、明らかに変わっているのがわかります。体は動かなくても、目をキラキラと輝かせたり、集中して気をつけないとわからないくらいでも、指が動いていたり……。彼らにとって、星空が何らかの刺激になっているのです。

「ああ、すごいな、星空がこんなに力を与えるんだ」と思うと、私も胸がいっぱいになります。

広い宇宙の中で自分が生きていることは奇跡だ

自然や宇宙には人を生かす力が潜んでいますね。いにしえからある神話や星座の物語は、昔の人も私たちと同じ空を見つめながら考えたり、感じたりしたことがあったのだということを教えてくれます。「私たちはどこから来て、どこへ行くのだろう?」――。そんな哲学的なテーマも、きっと昔から多くの人が星を見上げて考えていたのだろうと感じさせられます。

特に、常に生死と直面している患者さんたちにとって、「私たちはどこから来て、どこへ行くの?」という問いは根源的なテーマであるはずです。星は、きっと一人ひとりの心に何らかのメッセージを投げかけているのでしょう。

これまでの活動の中で、長期入院のため精神的に不安定になった小学生の男の子が、院内学級には行かないのに、プラネタリウムには参加してくれて楽しんだとか、朝はとても調子の悪かった子が星のお話をするようになったとか、そういうことが度々ありました。また、「広い宇宙の中で自分が生きていることは奇跡だと思った」という中学生のお子さんの感想など、うれしい報告を聞かせていただくこともよくあります。

できることがかなり制限される長期入院生活のなかでは、子供たちは何かをしたいという気持ちを抑えてしまい、願うことを止めてしまう子もいます。でも、プラネタリウムを見ることで、生きているすごさを実感したり、わくわくする気持ちを思い出したりしてくれればうれしい。そうしたプラネタリウムがもたらす何らかのプラスの効果を定量的に示す研究方法も模索していこうと考えています。

家族も医療スタッフも癒やされる

この活動を始めて気づいたのは、「病院がプラネタリウム」というプロジェクトは、患者さんのためだけではなかったということです。介護をするご家族や医師や看護師さん、介護士さんらも一緒にドームに入ってもらうのですが、皆さんも患者さんと同じように「おー」とか「わぁ」などの声を一様にあげます。医療スタッフや介護する側も大きな視点を得ることで、癒やしを得てくれています。ドームの中ではその人の「素」が出てきて、特別な空間になるのでしょう。

病院以外にも、ホスピスやターミナルケアの場に呼ばれることもあります。長期入院をしている子供さんのいる家庭では、親御さんだけでなく、きょうだいたちもつらい思いをしています。家族で一緒に同じ星空を見て、思い出を作ってもらえているのであれば、とてもうれしいです。

2013年にこのプロジェクト立ち上げて以来、趣旨に賛同して助成金を出してくれる企業や賛同者が増えています。2014年は15回、2015年は25回、2016年度は39回と、全国で34カ所の施設を訪れることができました。一度の訪問で複数回投影するので、投影の合計回数は195回に上ります。この数は、年を追うごとに増えています。今では全国40カ所の病院を訪れていて、自ら費用を出して呼んでくださる施設も増えています。

私のような「宙先案内人」の仲間を増やして、もっと全国で必要とされている人たちのために数多く公演したいと思っています。

高橋真理子(たかはし・まりこ)
宙先案内人、星空工房アルリシャ代表
1970年、埼玉県生まれ。山梨県在住。北海道大学理学部などや大学大学院でオーロラ研究を行う。97年から山梨県立科学館天文担当としてプラネタリウムの番組制作や企画を行った。2013年独立、星空工房アルリシャを立ち上げ、「病院がプラネタリウム」プロジェクトを開始する。他にも宇宙と音楽を融合させた公演も行っている。著書に『人はなぜ星を見上げるのか』(新日本出版社)がある。
病院がプラネタリウム http://hospla.net/