ヘッドフォンにいくら出せるだろうか。ずっと「スマートフォンの付属品で十分」と思っていた筆者が、最近“一耳惚れ”して買ってしまったのが、ソニーのハイエンドヘッドフォン「MDX-1000X」だ。価格3万9800円も納得の性能と使い勝手とは。
●ソニー「MDR-1000X」の気になるポイント
・価格3万9800円、ソニーのワイヤレスヘッドフォンの中でも最高級クラス
・世界最高峰のノイズキャンセリング機能
・ワイヤレスなのに音がいい
・没入感が高いので、電車や飛行機の中でぞんぶんに音楽が楽しめる。耳栓代わりにして作業や勉強に集中するのにも使える。
・装着したままで、必要に応じて外の音声を聞いたり、ノイズキャンセリングをオフにしたりできる。
・ハウジングのタッチ操作で曲や音量をコントロールできる
・スマートなデザインで男女問わず着けやすい
・ボタンを長押しするだけで、装着状態にあわせてノイズキャンセリング機能をチューニング、最適化してくれる。

ソニー「MDR-1000X」(http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-1000X/)は、2016年10月29日に発売されたワイヤレス(Bluetooth)+ノイズキャンセリングのステレオヘッドフォンだ。耳全体を覆うオーバーイヤータイプで、色はブラックとグレーベージュの2色。フル充電状態からワイヤレスで約20時間使えるが、付属の航空機用プラグアダプターやヘッドホンケーブルをつなぎ、有線で利用することもできる。

開発時に想定していたターゲットは「最新テクノロジーに興味のある20代後半以降の男性」というが、完全にターゲット外の筆者(オーディオ機器のテクノロジーに特に興味があったわけではなく、女性)が、機会があって試用したところすっかり惚れ込み、即購入してしまったという一品だ。男女問わず似合う柔らかでシンプルなデザイン、非常によく効くノイズキャンセリング、ケーブルをつながないので着けっぱなしでも動きやすいこと、性能、使いやすさなどのバランスに瞬時にKOされてしまった。

通勤電車や新幹線、飛行機など低音ノイズが多い環境では、ノイズキャンセリングをオンにすれば、雑音をシャットアウトし、自分の聞きたい音楽に集中できる。普段と同じスマートフォンで同じ音源を聞いているはずなのに、聞こえてくる音がまったく違うのには大いに驚かされるが、雑音に打ち勝とうと強引にボリュームを上げて、音漏れで周りに迷惑をかけないのも大きな魅力だ。日差しが気持ちいい日の街中では、ノーマルモードに切り替えて、雑踏に音楽を被せてBGMのようにして楽しむこともできる。買い物するためにショップに入ったら、店員とのやりとりがわかるようにボイスモードに切り替える。このように、一度装着したらモードを切り替えることで使い続けることができ、音楽のコントロール含め操作のストレスがまったくないのだ。

もう一つおすすめしたいのが、ノイズキャンセリングをオンにして音楽は聴かず、耳栓代わりにするという使い方。ワイヤレスなので、スマートフォンやミュージックプレイヤーとつなげておく必要がなく、着けっぱなしでもストレスがない。BGMすら邪魔なほど集中して作業したいときなどに便利な使い方である。

実は本連載の担当編集者は、ノイズキャンセリングヘッドフォンのヘビーユーザー。ソニー含め複数のメーカーの製品を10年以上買い換えて使っているが、彼女も「MDR-1000Xのノイズキャンセリングはすごい。ワイヤレスと思えないくらい音もいい」と太鼓判を押す。

ソニーの考える最高峰ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンはどのように生まれたのか? ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社 企画マーケティング部門 商品企画部 Sound商品企画1課 プロダクトプランナーの大庭寛氏に、MDR-1000Xの企画書を見せていただきつつ、話を聞いた。

高価格帯ヘッドフォンが売れてきている

ヘッドフォンにいくら出せるだろうか。ヘッドフォンにはお金をかけない、付属のもので十分という方も多いはずだ。MDR-1000Xは1台で3万9800円という、高価格帯に属するヘッドフォン。しかし、世界的に高い評価を得て、発売以降好調な売上げを続けている。

イギリスの大手の権威のあるオーディオ評論メディア「What Hi-Fi?」https://www.whathifi.com/)では、2016年のベストノイズキャンセリングヘッドフォンの高価格帯部門でファイブスターを受賞。CES2017ではイノベーションアワードを受賞。このほかにも数々の受賞歴がある。

「想定以上の大きな反響をいただいています。この価格帯のヘッドフォンが世界中で売れるというのは難しいのですが、いろんな賞をいただいて、それも相まって国内外のお客様から非常に好評をいただいています。ソニーのヘッドフォンでも、この価格帯でこれだけ売れているモデルというのは滅多にないです」(大庭寛氏)

黒が主流のヘッドフォン市場において、グレーベージュという珍しい色を展開しているのもユニークだ。MDR-1000Xも主流は黒だが、過去にない高い比率でグレーベージュも売れているという。大庭氏は「肌感覚ではありますが」と前置きしたうえで「この価格帯のヘッドフォンとしては女性の比率は高いと思います。今まで届かなかったお客様に届いているのではないでしょうか」とも話してくれた。

一般的に、女性はことデジタル製品に関してはサイフの紐が硬い。ヘッドフォンに払う金額としては、1ケタ少なくてもおかしくない。もちろん筆者も同様だった。そもそもヘッドフォンを買う予定などなかった。しかしたまたま数分使っただけで虜になり、グレーベージュのMDR-1000Xを買ってしまったのだ。もしノイズキャンセリング機能が生み出す静寂を体験しなかったら、それがグレーベージュではなかったら、買っていなかったかもしれない。

スマホの普及がワイヤレスヘッドフォン市場の急成長後押し

ヘッドフォン市場は2~3年前あたりからおよそ年100%を超えて成長を続けている。なかでも1万円以上の高価格帯市場が成長しており、これを牽引しているのが特にBluetoothワイヤレスヘッドホンで、市場のトレンドとなっていると大庭氏は説明する。

トリガーとなっているのはスマートフォンのエンターテイメント利用が普及していることだ。スマートフォンそのものの高画質、高音質化に加え、音楽の定額制ストリーミングサービスが普及し、YouTubeなど無料で楽しめる動画や、映画、ドラマ、ビデオなどの動画系コンテンツの増加、そして通信環境の向上のおかげで、どこでも音楽や映像のコンテンツを楽しめるようになった。今いる場所でコンテンツを存分に楽しむには、イヤホンやヘッドフォンが欠かせない。

「『ライブ映像を見るなら、いい音で聴きたいし、いいヘッドフォンを使いたいよね』などのニーズはありますね。再生機器と再生環境、ネット環境の進化、それからコンテンツの配信方法の進化によって、ヘッドフォン市場が一気に盛り上がっているのでは? と考えています。さらにその波を受けて、オーディオマニア層だけでなく、音質よりもデザインを重視している層やスタイルにこだわる層も、音質に興味を持ち、ヘッドフォンに選択肢があることに気づいたというのも、ヘッドフォン業界の伸びにつながっているのではないかと思っています」(大庭氏)

筆者自身、MDR-1000Xを使ってみて「ワイヤレスヘッドフォンはこんなに動きやすく使いやすいのか」と驚いた一人だ。しかし一般的には「ワイヤレスヘッドフォンは音質が悪い」というイメージが根強い。また、ノイズキャンセリングの知名度はまだまだ低く、知る人ぞ知る存在である。

そんな背景もあって「すべては音楽体験のために」の名の下に、ソニーの中でアクティブヘッドフォンのベストを再定義しよう、というコンセプトが浮上した。目指すのは、最高峰ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンによる、静寂と高音質を両立した、今までにない至極のリスニング体験である。

ノイズキャンセリング性能の秘密

MDR-1000Xを語るうえでキーとなるテクノロジーは(1)ワイヤレス、(2)ノイズキャンセリング、(3)外音取り込みの3機能といえよう。

ノイズキャンセリングとは、簡単に言えば入ってきたノイズの音波に対して、逆位相の音波を流すことにより打ち消し合って無音化する技術だ。MDR-1000Xの場合、外部のマイクで1度ノイズを録音し、それを中のコンピューターで解析して反対の波を音楽に混ぜて流しているという。しかしそれだけなら他のメーカーも行っている。MDR-1000Xのノイズキャンセリング機能は、どこに優位性があるのだろうか。

「4つあります。1つは個人にあわせたチューニング機能『パーソナルNCオプティマイザー』を新たに加えたこと、2つめはノイズの種類を判断して自動的にフィルターを切り替える「AIノイズキャンセリング」の存在、3つめはノイズを2重にチェックして消す『デュアルノイズセンサーテクノロジー』によるノイズキャンセリング精度の向上、そしてノイズを消しながらハイレゾ相当の高音質が実現できる信号処理の技術と、音響調整の技術の存在です。

最高の音楽体験のためには、どこにいても最高の静寂を届けないといけない。世界最高性能のノイズキャンセリング性能を目指した開発を行うために、デザイン、素材、アルゴリズムといったソフトウェアの部分に至るまで、すべてを一から見直して再設計しました」(大庭氏)

ヘッドフォンの着け方には個々のユーザーによってクセ(ズレ)があり、他にもメガネをかけることで生じるスキマ、髪型(耳の上に髪がかぶっている状態で、その上からヘッドフォンを着ける人は意外と多い)などにより性能の低下が起こるという。そこでノイズキャンセリングボタンを長押しするだけで、そのときのスタイルに最適化できる機能が「パーソナルNCオプティマイザー」だ。

 

「デュアルノイズセンサーテクノロジー」とは、外側のマイクで拾ったノイズを打ち消し、打ち消しきらずに内側に入ったノイズを、さらに内側のマイクで拾い直して打ち消す機能のこと。

従来のソニー製ヘッドフォンにも、飛行機、バス、電車の中、オフィスなど、ノイズの種類を見分けて外環境にあわせてフィルターを変えて最適化する「AIノイズキャンセリング」機能があったが、さらに個人の装着スタイルによる最適化と、ノイズの漏れを細かく拾って徹底的に消す機能が加わったことで、最高のノイズキャンセリング機能を実現したというわけだ。

「いかに早くノイズをとらえて逆位相の波を作り出せるかというアルゴリズムの問題、マイクがどれくらい正確にノイズを拾えるかという問題、あとはそもそもハードウェアとしてどれだけ遮音できるかというところも大事です。一口にノイズキャンセリングといっても、1つのテクノロジーだけでなく、複合的な要素で成り立っているので、その組み合わせが(MDR-1000Xの)優位性につながっていると考えています」(大庭氏)

 外の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」は何のため?

ノイズキャンセリング機能でわざわざ外部のノイズを消している一方で、MDR-1000Xには「アンビエントサウンドモード」という外部の音を取り込むモードも用意されている。ヘッドフォンを外さずに、必要に応じて外部の音を聞き取りやすくしようというのだ。

ノイズキャンセリングをオンにして音楽を聴いていると、没入しすぎて空港や駅のアナウンスを聞き逃す、といったことも起こりやすくなる。筆者も「呼び止めようと声をかけたが気づいてもらえなかった」と知人に言われたことがあった。外を歩いているときは、安全のためにも、確かに外部音が一切聞こえないと困るシーンは案外多い。

アンビエントサウンドモードには「ノーマル」と「ボイス」の2種類があり、左側のハウジングについているボタンを押すと切り替えられる。

「ノーマル」は周囲の音が聞こえないという不安を解消するために、つけていないときとほぼ同程度に外音を取り込むモードで、従来のソニー製ノイズキャンセリングヘッドフォンに搭載されていた「モニターモード」に近い。

「ボイス」は、ノイズは消しつつ、音声だけをマイクで拾うもの。最低限のノイズキャンセリングは行われているため、たとえば飛行機の機内ならゴーッというノイズは消しつつ、人の声は取り込んでいるという。「ノイズが少なくなっている分、特に飛行機の中などでは、ヘッドフォンをつけていないときよりも声が聞き取りやすくなるくらいです。飛行機で使うケースだと、ボイスモードはかなり役に立つと思います」(大庭氏)

たしかに電車の中でボイスモードにして音楽を聴いていると、ノイズが削られている分音楽はしっかり聞こえつつ、声だけが際立って聞こえてくるので、アナウンスを聞き逃しにくいと感じる。駅や空港などで歩きながら使うときには「ボイス」にしておくと安心だし、音楽を楽しむうえでも意外に快適だ。

エンジニアの熱意で生まれた「クイックアテンション」

もう1つ外音取り込みで面白い機能が「クイックアテンション」だ。ノイズキャンセリングをオンにして音楽を流しているときに、突然誰かに呼ばれたり、アナウンスが気になる瞬間があるだろう。そんなとき、右側のハウジングを手のひらで覆うと、一瞬にして音量が下がるとともにノーマルモードに切り替わり、外部音が聞こえるようになる。手のひらを外せば、またすぐにノイズキャンセリングが有効になり音楽も元通りになる。

「クイックアテンション」は、ノイズキャンセリング機能とともに真っ先にMDR-1000Xの性能を実感できる機能でもある。ハウジングを手で覆うだけというアクションも簡単で分かりやすい。実際に試してもらうと、誰もが聞こえ方の違いに目を丸くする。

この機能は、エンジニア側から「絶対に面白いからどうしても実現したい」と大庭さんに提案されて実現したのだそうだ。エンジニア自身がノイズキャンセリングヘッドフォンを使っているときにボタンを探すストレスを感じており、タッチパネルの進化が結びついて、「ハウジングを手で覆うと、ヘッドフォンを外さなくても外の音が聞こえるようになる」というアイデアに発展した。

実現に際しては、誤検出やマイクのハウリングといった問題も想定されたが、「問題はすべてエンジニア側で解決するから」と口説かれたそうだ。大庭氏も「この商品を担当して『ソニーらしいな』と思った瞬間でした」と振り返る。

「クイックアテンション」を使っている最中、それまで聴いていた音楽はかすかに聞こえるレベルまでボリュームが下がる。完全に停止しないところもポイントだ。

「一時停止すると、スマートフォンの機種によっては、手を離したとき再生されない可能性があり、それはストレスになります。かといって、音量をゼロにすると聞こえないまま勝手に音楽が進む。それもどうも気持ちが悪いですよね。そこで、わずかに聞こえるくらいまで音量を絞っています」(大庭氏)

移動の多いビジネスパーソンには欠かせないアイテムに

環境がめまぐるしく変わるビジネスパーソンにとって、行く先々で落ちついた環境を確保するのは課題だろう。そんなときMDR-1000Xが役に立つのではないだろうか。特に飛行機による移動が多い人なら、間違いなくその効果を実感できるはずだ。

「実はビジネスクラスでは、(ノイズキャンセリングヘッドフォンの)貸し出しが行われているところもあるくらいで、我々も飛行機でのユースはすごく大事に考えています。たとえば空港の待合エリアではボイスモードにしていただければ、いつでもアナウンスが聞ける状態を保てます。かつ雑踏は消して、音楽はボリュームを上げなくても楽しめます。

搭乗後はノイズキャンセリングを有効にすれば静寂を手に入れられるので、仕事をしやすくなると思います。付属のフライトアダプタで有線接続すれば、機内の映画も楽しめます。お食事の時間にはボイスモードにしていただければ、話しかけられた時に気づきやすくなります。キャビンアテンダントさんと会話するときは、もちろんクイックアテンションで。そんなユースストーリーを描いています」(大庭氏)

飛行機に搭乗しないまでも、すでに電車の中での音楽試聴においてはMDR-1000Xが欠かせなくなってしまった筆者。久しぶりにノイズキャンセリング機能のないイヤホンを使ってみたところ、これはもう後に戻れなくなってしまった、と痛感したほどだ。

まずは1度、ノイズキャンセリングの有無で音楽の聞こえ方がどう違うのか試していただきたい。高音質で音楽が聴けて、周りの騒音をシャットアウトし、最高に“集中”できるヘッドフォン。もしかしたら、MDR-1000Xがストレスフルな日々の救世主になってくれる……かもしれない。

次のページでは、ソニー「MDR-1000X」の企画書を掲載します。

ソニー「MDR-1000X」の企画書

「ノイズキャンセリングで、Bluetoothで、プレミアムなヘッドフォンを作ろう」という話が決まったのは2014年の夏頃。この企画書が誕生したのは2015年の夏頃だという。

今回掲載するのは、社内の企画を通す会議用に作成された企画書に、実際に製品を導入する際、世界中の販売会社のスタッフに向けて作成された資料を追加したものだ。

「NewMDR」とは、当時のコードネーム。MDRは「マイクロダイナミックレシーバー」の略で、頭文字にMDRとあれば、ソニーのヘッドホンであることを意味する。つまり「ソニーのヘッドホンのニュースタンダードを作ろう」という意気込みが込められている。

「Communication Strategy」として「認知度を上げる→購買意欲を掻き立てる→高品位高品質を担保し購買へ」とあるが、たまたまノイズキャンセリングヘッドフォンが話題だと知り、その場で試す機会があったので聴いてその性能に驚き、衝撃を受けて購入した自分の流れとそのまま重なっている。自分が見事に企画書通りだったため、笑わざるを得なかった。