結婚=幸福、金持ち=幸福、出世=幸福とは言い切れない。しかし、必ずしも高収入でもなく、社会的名誉があるわけでもないのに、幸せを感じ続けられる人がいる。その秘密は生活習慣にあった。

出世して収入アップすれば、幸せになるのか?

「人生の目的は、幸せになることである」

古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、こう語っています。そもそも幸せとはなんでしょうか? どうすれば幸せになるのでしょうか? 誰もが手にしたい、幸せ。今回は、幸せが続く人の習慣をご紹介したいと思います。

「幸せを分析する」というテーマの文献を読んだことがあります。行動経済学者が「幸福」というものを因数分解して公式(計算式)にしているのです。

例えば、お金、結婚、子供、配分者、健康……。それらは、どれくらい幸福度にインパクトを与えるのかという分析です。

「お金を持つと幸せになるのか?」
「結婚できれば幸せになるのか?」
「子供ができると幸せになるのか?」
「大企業に就職すると幸せになるのか?」
「出世して社長になり社会的名誉が得られれば幸せになるのか?」

みなそれぞれにハッピーになれるように思えます。しかし、幸せという感情は、これらの外的な要素や環境がいくら揃ったとしても、ずっと継続するわけではありません。

金持ちにも社長にも不幸せなことは訪れる

お金を持てば、失う不安も湧いてきます。結婚すれば、夫婦喧嘩でイライラすることもあります。子供は可愛いですが、同時に自由もなくなります。大企業には出世コースや組織のしがらみがあり、出世して社長になっても株主やメディア対応など誰かに振り回されるものです。

幸せという感情を、公式のように要素還元的(全体は部分の集合体)な発想で考えるのは無理があります。

発想としては「複雑系」で捉えるものではないかと考えます。複雑系について『大辞林 第三版』は次のように説明しています。

多くの要素からなり、部分が全体に、全体が部分に影響しあって複雑に振る舞う系。従来の要素還元による分析では捉とらえることが困難な生命・気象・経済などの現象に見られる。高精度の測定技術、カオス・フラクタルなどの新概念の導入、コンピューターの活用などによって新しい研究対象となりつつある。(大辞林 第三版)

まさに幸せとは、複雑系の感情であると考えます。

人生でどの世代がいちばん幸せなのか?

どのように複雑系かというと、幸せの“変数”とは次のようなものです。

まず、年齢や環境によって幸せは移ろいゆき変化するものだと思います。小学生、大学生、20代、40代、60代の幸せは全く違います。

子供の頃、プラモデルをつくったり、友達と日が暮れるまで野球やサッカーを楽しんだりした純粋な楽しい時間は、大人になるとなくなっていきます。一方で、大人になれば、子供の時にはなかったお金や意思決定の自由があります。

大学生と社会人を比較すると、大学生なら時間の自由があり、たくさん遊べる楽しさがあります。社会人になると時間の自由は圧倒的になくなりますが、社会人にしかない仕事の達成感ややりがいが得られます。

独身時代の幸せもあるし、家族がいる幸せもあります。子供がいない代わりに夫婦で自由な時間を楽しめるのも真実ですし、子供を育てることで得られる幸福感もあります。老後には、病気や死を意識する不安もありますが、退職の後の自由、孫が可愛いという幸せも味わえるかもしれません。

また、幸せは一時的なイベントものもあれば、再現性のあるものもあります。年に1回の海外旅行で得られる幸せと日課のジョギングで得られる爽快感もあります。旅行は1年で言えば短期間ですが、ジョギングは毎日味わえる幸せです。

幸せを脅かす要因をいかに受け止めるのか?

さらに、その人の性格によっても幸福要因は変わります。人とのつながりを感じることが大切な人もいれば、効率や目標達成を重視する人もいます。変化のない安定した生活を望む人もいれば、変化とリスクに溢れる人生を過ごしたい人もいます。極めて個人的な要因で、人によって幸せは変わってくるのです。

一方、人生には幸せを脅かす要因もあります。病気や会社の業績不振、上司との人間関係、夫婦喧嘩などは幸福度を下げうる要因になります。そしてこれらの要因は、どの人にも多かれ少なかれ襲ってくるものです。

結局のところ、人はいつでも幸せになれるし、不幸せにもなる。幸せとは常に移ろいゆくものであり、極めて個人的なものであり、複雑な感情です。

習慣化コンサルタントとして多くの顧客にお会いしていると、上記のように自分の立場や状況、年齢、出来事などが変化しても、安定した幸せの感情を得ることができる人がいることに気づきます。そして彼らには、共通した3つの思考習慣があると私は感じています。

幸せが続く人に共通する「3つの思考習慣」

私の観察では、幸せに生きる人、豊かさ感が持続する人を次の3つの思考習慣が共通しています。

ポイントは、自分ではコントロールできない事柄には執着せず、コントロールできる領域、例えば、心の持ち方や物事の捉え方によって幸せを得る習慣があることです。

【幸せが続く思考習慣その1:自分の真の声を聴く習慣

自分にとって何が幸せなのか。自分の中にはどんな欲求があるのか。何が自分の精神衛生を悪くするのか。これらは、人によって違います。つまり、それらの正体を知るには自分の心に聴くより他にありません。

幸せを得る習慣を持ち、豊かに生きている人は、自分の心の声を聴くことができます。仕事などで慌ただしい時間を過ごしながらも自己対話の時間を作り、その中から浮かび上がってくる感情を素直に受け取ることができます。

【幸せが続く思考習慣その2:今この瞬間にいる習慣

人は案外「目の前のことや今この瞬間の感情」を十分に味わうことができません。豊かな気持ち、穏やかな気持ち――。「今この瞬間」にそう感じてもいいはずなのに、人の思考は、未来の不安や過去の後悔に行ったり来たりして、ハッピー感を感知できないことが多いのです。

週末、子どもと遊びながら月曜日の仕事の心配をしたり、1つの仕事をしながら別のTODOが気になって意識が分散したり、ゆっくり湯船に浸かっている時にリラックスするのではなく今日上司から言われた嫌な言葉を思い出したり。

ふと浮かび上がる別案件の「気がかり」なことに心を支配されてしまい、本来満喫すべき今の幸せな感情が台無しになるという具合です。これに関しては過去の記事『雑念のない時間が多い人ほど、幸福に近づく』(http://president.jp/articles/-/21564)をヒントになさってください。

不満なもの、嫌いなものを“スルー”して生きる

【幸せが続く思考習慣その3:全てに感謝する習慣

人生で起きること、上司や人間関係など外的要因はコントロールできないことが多いものです。でも、これらに幸せ度を左右される度合いを少なくすることができます。

どんな出来事が起きても、様々な人間関係の中でも幸せ感を持ち続けられる人は感謝を見出せる人です。今日起きたことに感謝し、上司や家族に感謝する。持っていないこと、不満なもの、嫌いな部分に焦点を当てるのではなく、あるもの、満足しているもの、好きな部分に感謝の気持ちを拡大させるのです。

感謝するという心の姿勢さえあれば、自ずと幸福感は高まっていきます。幸福感を外的な出来事に依存せずに自分の心で生み出せるかどうか。それにかかってきます。

繰り返しますが、外的要因は自分では変えられません。だから、意識して今目の前のことに集中して過ごすようにする。そして就寝時などにひとり静かに1日を振り返った時、「ありがたいなー、恵まれているなー」と感謝を感じることができる習慣は、年齢や環境に関係なく幸せを持続させてくれます。