中国の兵法書『孫子』には、「兵は詭道なり」(始計篇)、「兵は詐を以って立つ」(軍争篇)と、二度も敵を欺くことを勧める記述がある。孫子によれば「諸外国の動向を察知していなければ、外交交渉を成功させることはできない。敵国の山川、森林、沼沢などの地形を知らなければ、軍を進撃させることはできない。作戦の基本行動は敵を欺くこと」である。

現在のビジネスリーダー向けの「孫子の兵法」本であれば、自分たちの競争状況などや商品の売り場を研究して、奇策を用いよということであろうが、かつて私は、文字通りの意味での「地形を用いた奇策」を実践したことがある。

1996年11月17日未明、後に内閣を揺るがすことになる厚生省の汚職事件「岡光事件」が、翌朝の朝日新聞に掲載されることがわかった。

厚生省全体の組織的犯罪、ひいては官僚組織すべてが関わっているような大事件に仕立て上げたい捜査当局、マスコミと、岡光事務次官の個人的な犯罪であると考えた私との闘いが、始まったのである。大臣秘書官であった私は、厚生省内に記者が殺到することを想定して手を打った。

厚生省の7階には、人事課、官房長室、大臣室、秘書官室、事務次官室が横続きで並んでおり、廊下にそれぞれ出入り口があった。人事課は官僚が日に何十人も出入りする大部屋である。問題は、この廊下であった。廊下は一直線であったが、人事課の出入り口前と、官房長室前の間ともう1つ、事務次官室の出入り口の横にも階段へと続く扉があり、記者など外部からの立ち入りを制限していた。逆に言えば、2つの扉の外側までは記者も入ることが許されていたことになる。

困ったことにその扉の上部に透明なガラス窓がついていた。記者がその窓から内側の廊下を覗くと事務次官室、大臣室、官房長室の出入りが丸見えになってしまう。朝日新聞の報道直後に事務次官室の出入りが激しくなってしまうのは危険だ。汚職に関係しているとはいえない部署の人間の出入りでさえ、出入りを見られることで関係性を疑われるのは避けたい。こちらの動きについては、何の情報も与えたくなかった。

たとえば、新聞朝刊に毎日掲載される首相動静に首相が毎晩何を食べ、誰と会っているか詳細に記載してあることを思い出してほしい。一般の読者にはさほど興味が湧かないかもしれないが、世界中の情報機関にとっては、内閣の方向性を見定める貴重な情報源になる。自民党の選挙対策委員長が首相と何度も面会すれば「選挙が近いのかな」、外務省の北米局長が面会すれば「アメリカと何かあったのかな」とおぼろげながら想像することができる。逆に、会っていることが国民に知られてはまずいケースもあり、その場合は、首相動静に載せないような処置を取る。具体的には、首相の執務室と内部で直結する官房長官室からこっそり入ったり、会食のためにホテルのレストランに入ったふりをしながら、厨房出口から抜け出して、ホテル内の別所で密会するといった方法だ。人の動きにはそれほど大きな意味がある。

厚生省7階の人の動きという重大な情報を遮断する場合、一番簡単な方法は、そのガラス窓の部分を布や紙で覆ってしまうことだ。私も当初はその方法を検討した。しかし、この方法には大きなリスクがあった。これまで記者に対してオープンに見せていた人の出入りを、突然、「一切、見せません」としてしまっては厚生省の隠蔽工作とも捉えられかねない。記者が「厚生省は悪い組織です」という空気を醸成したい中で、窓をふさぐのはリスクが大きかった。

記者が気づかない秘密の動線

そこで、私は奇策を思いついた。これまで誰も使っておらず、荷物置きになっていた「非常用のドア」を用いることにしたのだ。このドアは人事課、官房長室、大臣室、事務次官室の窓側にあって、それぞれの部屋を結んでいる。ここを使えば、誰がどこの部屋に入っても7階の各部屋を自由に行き来できる。通常の業務で大臣室などを自由に出入りされてはまったくもって仕事にならないが、汚職事件という有事にあって、私はこの非常用のドアを活用することにした。

ここで心配だったのはこの部屋間の出入りを誰かに見られてしまうことだった。厚生省幹部の部屋は7階にあり、道路を隔てて広大な日比谷公園に面しているので、たぶんどこからも見えないと思ったが、遠くの建物から記者が望遠レンズで覗いたらどうなるかという心配が頭をよぎった。そこで日比谷公園を挟んで(厚生省から見て)向かい側の帝国ホテル近くのビルからこの大臣室でのやり取りが見えるかを確認することにした。ドアを開けたり、人が往来してみたり、手を振ったりもした。

結果、やはり覗こうと思えば、室内の動きまで見えることがわかった。各部屋からは日比谷公園、皇居のお堀、東京タワーなどが一望にできるので、非常に残念ではあったが、事態が沈静化するまでの間、窓はカーテンを締め切ることに決め、大臣を含む幹部には理解してもらった。

次に実施したのは、人の出入りについてルールをつくり、それを徹底することだった。そのルールとは、朝晩の出入りの1回だけは自分の部屋の出入り口を使うこと。省内の人間や記者に知られたくない部屋への出入りについては、必ず人事課を使うことである。日常的に出入りの激しい人事課に用事があるような素振りで、人事課に入り、そこから窓側の非常用のドアを使って本当の目的の部屋に移動してもらうのだ。汚職事件の動向を探ろうとした記者は、逆に静かになってしまった厚生省幹部の動向に驚いていたかもしれないが、どうして静かになったかについては確かめようがなかったはずだ。

しかし、この簡単なルールを徹底することが意外に難しかった。できあがってしまった習慣とは恐ろしいもので、ある官僚が、人事課から入って私と大臣との用件を済ませると、安心して緊張が解けたのかそのまま大臣室の表の控室出入り口から出ていこうとしたことがあった。大臣室に入った形跡のない人物が、突如として出てきたら、扉の窓から覗いている記者たちが私の作戦に気づいてしまう。そうなれば、この作戦は一巻の終わりである。出入り監視が厳しくなり、身動きが取れなくなるだろう。また、1度でも「騙された」と感じた記者連中は、ますます疑いの目をもって厚生省を取材するに違いない。出てはいけないドアから出ようとする官僚に「ちょっと待って。そこから出てはダメだ」と私は慌てて止めに入った。

こうして人の出入りがまったくない事務次官室をつくりあげたのだが、たった1度だけ、事務次官室の正面のドアが開いたことがある。それは岡光事務次官が省外へ脱出するときに、私が厚生省内100人の記者に対して行った大掛かりな陽動作戦の一幕なのだが、残念、紙幅が尽きた。この続きは次回としよう。