臨床研究が進むスギ花粉米

食べるだけで花粉症を治すコメがある。

そのコメとは「スギ花粉米(旧称:スギ花粉症緩和米)」。正式には「スギ花粉ポリペプチド含有米」および「スギ花粉ペプチド含有米」と、呼ばれている。農林水産省所管の研究機関である農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発し、現在、臨床研究が進められている段階だ。

「スギ花粉ポリペプチド含有米」はコシヒカリ、「スギ花粉ペプチド含有米」はキタアケ・日本晴の遺伝子を組み換えることで誕生した。元の品種と栄養分の組成は変わらないので、風味や味はほぼ同じだという。すでに動物を用いた安全性実験で厳格な基準をクリア。2016年11月からは大阪府立呼吸器・アレルギー医療センターと東京慈恵会医科大学で、患者が参加しての臨床研究が行われている。

この研究では、100グラムのご飯(白米)のなかに0グラム、10グラム、40グラムのスギ花粉米が含まれた3種類のパックを用意し、それぞれ15人ずつの患者に食べてもらう。期間は2016年11月から2017年の4月までの半年間。その間、定期的な血液検査を実施し、スギ花粉の飛来が始まる2月からは、毎日の自覚症状を「アレルギー日誌」につけてもらっている。

摂取期間終了後にデータを整理し、スギ花粉米の量と症状の改善に相関関係があるかどうかを解析する。研究を進める農研機構の高野誠氏は「一定期間食べるだけでスギ花粉にもう悩まなくなる。そんなスギ花粉米の開発を目指しています。研究開始から5か月ほど経過していますが、とくに健康被害の報告はありません」と話す。

スギ花粉米でアレルゲンに「慣れる」

そもそも花粉症とは次のステップを踏んで起きると考えられている。

  • (1)目や鼻に花粉(アレルゲン)が侵入する。
  • (2)リンパ球が花粉を侵入者と認識。
  • (3)リンパ球がアレルゲンに対抗する物質「IgE抗体」を生成する。
  • (4)鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にIgE抗体が粘着。
  • (5)再び花粉が体内に侵入。IgE抗体と結合する。
  • (6)侵入者を体内から追い出そうと肥満細胞が化学物質(ヒスタミンなど)を分泌。
  • (7)結果、目の充血や鼻水、くしゃみなどのアレルギー反応が起きる
  •  

つまり「涙や鼻水がおさまらない」「くしゃみがとまらない」といった花粉症の症状は、異物を体外に放出しようとする自己防衛機能ということである。

しかし、いくら自己防衛のためとはいえ、花粉が飛散する期間中、涙や鼻水、くしゃみのオンパレードではストレスが溜まるばかりだ。仕事の作業効率が低下し、ビジネスにも支障をきたす。対策として、マスクやゴーグルを着用したり、服薬したりすることになるわけだが、これらは所詮、対症療法にすぎず、抜本的な対策にはならない。何より、マスクやゴーグルを着け続けるのは面倒だし、薬は飲み忘れてしまったり、飲むと眠くなってしまったりして煩わしい。その点、体質そのものを変えてしまう「スギ花粉米」は、毎日の食事のなかで何の苦労もなく摂取することができる。これは、楽チンだ。

では、スギ花粉米はどのようなメカニズムで花粉症の症状を緩和してくれるのだろうか。

ポイントは前述の「(2)リンパ球が花粉を侵入者と認識」の段階にある。ここで身体が花粉を「味方」と認識すれば、花粉症の症状は起きない。そこで、食べてもIgE抗体と結合しないよう、少し細工を施したアレルゲンをスギ花粉米の特殊な部分に組み込んでおく。そうすることで、スギ花粉米に組み込まれたアレルゲンは、胃で消化されることもなく、人体のなかでも最大の免疫器官である腸まで届くのだ。

その結果、効率よく「免疫寛容=アレルゲンに慣れていく人体の働き」が促進されて、アレルギー症状が改善していく、という具合。こうした「アレルギーの原因となるものを少しずつ口から体内に取り入れて、慣らしていく」という治療を「経口免疫療法」と呼び、近年、非常に注目されるようになっている。

実用化の壁は「連携してくれる企業」が出てくるかどうか

スギ花粉症に対しての「経口免疫療法」の試みも、これまでにいろいろと行われてきたが、実用化するには至らなかったという。その理由について、前出の高野氏はこう話す。

「アレルゲンの一部を化学合成し、モデルマウスに経口投与すると、花粉症の症状が改善する。このような研究結果は、以前から発表されていました。しかし、商品化しても高額になってしまい、採算を取るのが難しいこと。アレルゲンが胃や腸で分解されてしまうため、腸全体に届かせるには大量のアレルゲンが必要になってしまうこと。これらの理由から、研究開発を中止せざるを得なかったのです」

このような問題点を克服できたのが、コメだった。コメを利用したことで生産コストの削減に成功。たが、効果はそれだけではなかった。

「花粉米を経口投与したほうが、合成たんぱく質(アレルゲン)を直接投与するより圧倒的にパフォーマンスがよかったのです。同じ効果を得るのに、アレルゲンの使用量が20分の1で済みました。この予期せぬデータを得られたことで、スギ花粉米の開発プロジェクトがスタートし、いまに至っています」(高野氏)

ただ、課題もある。ひとつは、スギ花粉米が「食品」ではなく「医薬品」であるという点。高野氏はその難しさをこう解説する。

「まずは医薬品としての承認を厚労省から得なければならない。しかし、これを受けられるのは医薬品の製造販売の許可を持つ業者に限られます。これまで農研機構も製薬企業に直接打診してきましたが、連携してくれる企業は見つかりませんでした」

そこで2017年度から、オープンイノベーションによる開発へと方向転換することに。

「現在、農研機構ではスギ花粉米の研究結果や情報を公開し、参画機関や企業を広く募集しています。いま行っている臨床研究の結果によっては、協力してくれる企業が現れるのではないかと期待しています」(高野氏)

医薬品として実用化されるためには、治験から承認申請までに少なくとも5~6年はかかる。スギ花粉米が市販されるまでの道のりはまだまだ長い。だが、スギ花粉米の商品化が実現すれば、花粉症で悩む人たちが殺到することは容易に想像できる。

その結果、花粉症に悩む人々の数が減少していったとしたら……。マスク、メガネ、コートなど、花粉症関連ビジネスで売り上げを伸ばしてきた企業にとってはユーザーの激減にも繋がりかねない、大きなインパクトとなるだろう。スギ花粉米には、花粉症ビジネスの勢力図を一変させかねないほどの破壊力が秘められている。