小説家、劇作家、演出家
本谷有希子さん

1979年、石川県出身。20歳で「劇団、本谷有希子」を旗揚げする。以降、戯曲と小説を精力的に発表。2007年『遭難、』で鶴屋南北戯曲賞、14年『自分を好きになる方法』で三島由紀夫賞、16年『異類婚姻譚』(いずれも講談社)で第154回芥川賞を受賞するなど、受賞歴多数。
 

食べることへの執着が強いとよく言われます。確かに私は1日3食必ず食べるし、どんな状況であっても絶対に欠かしません。我ながら欲望が強いなぁと思いますね。

その欲望は、「食事」というより「摂取」に近いのかも。特に劇団を旗揚げした20代の頃は、常に机に向かっていて、集中したらブドウ糖を直接飲んでやりすごすような毎日でした。何者かにならなくてはと焦燥感に駆られて仕事ばかり。思い返してみると、遊んだ記憶はほとんどないんです。

このまま同じ創作の仕方を続けていたら、いつか頭打ちになってしまう。そう思ったのと、結婚・出産のタイミングが重なって、ここ数年は意識してだらだらしたり、遊びに出かけるようになりました。

「パンツェロッテリア」は、渋谷へ出かけた際に何回か前を通りかかって、外観に魅かれたお店。あるとき入ってみたら、メーンからデザートまで全部揚げピッツァが出てきて驚きました。それ以来、ちょっと変わった美味しいものが食べたい気分のときに、家族や知人を誘って通っています。

ここで過ごすひとときは、まるでバカンスに来たみたい。常連さんが明るいうちからお酒を飲んでオーナーさんと談笑していたり、その足元にはお店の犬が寝そべっていたり。すごく洗練されているのに、どこかオープンで外国みたいにゆるいムードが素敵なんです。

もう一軒の「セドミクラースキー」は、打ち合わせで知ったチェコ料理のお店。お昼にじゃがいもの茹でパンとスープをよく頼みます。ここも知り合いの家に来たみたいな独特の雰囲気があって、お客さんがそれぞれの時間をゆったり楽しんでいるところが好きです。

芝居や小説に没頭し、生活にまつわることにはずっと興味がなかった私ですが、今はなんでもない日々の暮らしこそ自分を表現に向かわせるのだと感じています。机に向かって書く時間はただのアウトプット。いかに薄っぺらでない日常を生きるかが、直に創作と繋がっていると思うんです。

結婚後に上梓した小説『異類婚姻譚』は、「これといった不満のない主婦の日常を描いた小説なんて誰も読まない」という声に対し、そんなはずはないと思って書き上げた作品です。肝心なのは、内容が個人的な話題を超えて、同時に他者や世界と繋がる普遍性を持てるかどうか。昨年は久しぶりに演劇と関わって作品を発表したので、なんとなく、次は小説かなと思っています。

[揚げピッツァ店]パンツェロッテリア

──イタリアのファストフード“パンツェロッティ”を上質素材でアレンジ

イタリア在住歴25年の店主、西正博氏が2012年にオープン。通販もある。
www.friedpizzaonline.com
東京都渋谷区松濤2-14-12 シャンボール松濤1F
TEL/080-2675-7216 営業時間/火~木18:00~25:00(24:00 LO)、金土日祝12:00~14:30、18:00~25:00(24:00 LO)
月休(但し祝日の場合は翌休)
カード可 全20席 喫煙可(テラスのみ)、ペット可

イタリア全土でおやつ感覚の郷土食として親しまれる包み揚げピッツァ「パンツェロッティ」の専門店。約40種類の揚げピッツァには、厳選国産小麦と高品質の綿実油を使用。本格的な食事スタイルで楽しめる。

 

【1】オリジナル生地の軽くてサクサクした食感が際立つ5種類キノコとチーズとクリームソースパイ1512円。

 

【2】フレッシュバジルのマルゲリータ864円は定番の美味しさ。イタリア産の熟成ハム6種盛り合わせ(シングル)1620円。

 

【3】フランス モンサンミッシェル産のムール貝白ワイン蒸し(2人前2592円)。

 

[チェコ料理]セドミクラースキー

──店内はまるでヨーロッパの片田舎。ムード抜群のチェコ家庭料理店

チェコに魅せられたオーナーの宇根美晴氏が2011年に姉妹でオープン。「セドミクラースキー」はチェコ語で“ひなぎく”の意味。

東京都渋谷区西原3-16-7 代々木上原シューエイハイツ101
TEL/03-5478-8057
営業時間/月~水18:00~23:00(22:00 LO)、木~土12:00~23:00(22:00 LO) *営業時間は前後する場合があるので、電話で要確認
日休 カード不可 15席 禁煙

 

チェコの伝統的な家庭料理とチェコビール専門店。料理はいずれもボリュームがあり、日本人が親しみやすい優しい味わい。

【1】牛肉のパプリカ煮込みに茹でパンを添えたホヴェジーグラーシュとクネドリーキ1620円。

 

【2】カマンベールチーズのマリネ648円。輪切りにしたチーズを、ハーブやスパイスとともにオイル漬けにしたコクのあるおつまみ。

 

【3】リンゴと胡桃、レーズンをパイで包んだチェコ風アップルパイ、アップルシュトゥルーデル540円。

 

【4】ソーセージのピクルス漬けウトペネッツ648円はチェコビール・ピルスナーウルケル864円と相性抜群。