たためばAndroidかWindowsのタブレット、開けばノートPCになるYOGA BOOK。手書きの文字や絵をデータ化できるペンタブレットは板状のキーボードを兼ねており、「タッチキーボードなのに意外と入力しやすい」と評判だ。その秘密は、ThinkPadを生んだ大和研究所にあった。【記事の最後に商品の企画書を掲載】
■レノボ「YOGA BOOK」の気になるポイント
・ノートPCとしても、タブレットとしても、ペンタブレットとしても使えるデザイン
・厚さ9.6ミリ、重さ690グラム、バッテリー起動時間は約13時間
・タッチキーボードなのに、物理キーボードに迫る精度でキー入力できる
・紙にメモを取りながら同時にそれをデジタル化
・OSはAndroidとWindows 10から選択できる
・SIMカードを入れて携帯電話回線でインターネットに接続できるモデルも

タブレットとしてもPCとしても使え、手書き入力にも対応

Lenovo(レノボ)のYOGA BOOKは、2016年9月に発表された、10.1型のフルHD(1920×1080ドット)のディスプレイを備えた2-in-1型デバイスだ。ヒンジを回転させることで変形し、キーボード部分を折りたためばタブレットとして、開けばノートPCとして利用できる。OSがAndroid 6.0とWindows 10から選べる。

たたんだ状態で厚さ9.6ミリ、重さ690グラムと薄くて軽い上、バッテリーも約13時間もつ。Android版は4万円台、Windows版は5万円台と価格も手ごろなこともあり(Microsoft Office付属モデルを除く)、10月に発売されたあとすぐに売り切れ、在庫不足が続くほどの人気を博している。

YOGA BOOKの最大の特徴は、ノートPCであればキーボードがある位置に、「Haloキーボード」というタッチキーボード(後述)とペンタブレットを切り換えて利用できる機能が用意されていること。電源を切った状態だと真っ黒な薄い板に見えるが、バックライトをつけるとタッチキーボードとして動作し、切ると付属のペンを使ってペンタブレットになる。

付属のペンはボールペンにもなるので、紙を載せてペンで文字やイラストを書くと同時にデジタル化される。取ったメモをその場でデジタル化できるので、手書きのメモをメールに添付して送ったり、絵を描いてPowerPointの資料に取り込んだりとさまざまな利用法が考えられる。

タッチキーボードとは、タブレットなどにソフトウェアで表示したキーボードのことだ。iPadなどに搭載されているキーボードを使ったことがある人ならご存じの通り、キーを打てば沈む物理キーボードに比べると、タッチキーボードは格段に打ちづらい。キーを押した感触で指に伝わらない上、キーを正しく打てているかが目で見ないと分からないので、どうしても打つスピードが上がらないし、ミスタイプも多くなる。タッチキーボードで、パソコンと同じようなスピードで文章を入力できる、という人はまずいないはずだ。

ところが、YOGA BOOKのタッチキーボードは、物理キーボードに迫る入力精度を実現しており、「タッチキーボードなのに、ちゃんと打てる」と話題を呼んでいる。今回はこのキーボードを開発したレノボ・ジャパンの大和研究所に取材を行い、レノボ本社に提出したHaloキーボードの企画書を見せてもらった。

スマホに慣れている若い世代に、生産性を向上させるデバイスを

現在、グローバルのPC市場でシェア1位であるレノボ。その日本法人であるレノボ・ジャパンが横浜みなとみらいに構える大和研究所は、2004年にレノボがIBMのPC事業を買収したときに引き継いだ研究拠点だ。ビジネス向けノートPC“ThinkPadシリーズ”の開発拠点として知られる。YOGA BOOKのHaloキーボード開発に関わったレノボ・ジャパン 基礎研究・先端技術 部長 河野誠一氏と、レノボ・ジャパン 基礎研究・先端技術 専任研究員 戸田良太氏もIBM時代から大和研究所に在籍しており、レノボの買収に伴い移籍して、現在に至っている。

河野氏、戸田氏が在籍しているのは基礎研究・先端技術(R&T)と呼ばれる研究開発グループで、製品化される前の、新しい技術だけを専門に研究開発している。世界中にあるレノボの製品開発拠点に新技術を売り込みに行く、いわば社内ベンチャーのようなチームである。特に河野氏、戸田氏は、新しい入力方法(例えばキーボードなど)に関する開発を行っており、日々新しい技術を考えていたのだという。

2015年、その二人に、後に"YOGA BOOK"として発表されることになる新しい製品プランが飛び込んできた。スマートフォンやタブレットなど、デジタル機器をタッチで使うことが当たり前の若い世代に対して、PCに代わる高い生産性を実現できる機器を提供したいという意向があり、開発を進めた製品だという。

YOGA BOOKは、タブレットとPCの中間に位置する製品だ。タブレットのように軽く、タッチ操作で使える一方、PCのようにキーボードを使った長文の文字入力もしやすい。こうした商品は、設計の詰めが甘いと、タブレットとしても、PCとしても使いづらい「中途半端」な製品になりがちだ。今回レノボは、「入力」に重点を置いて商品をつくった。

YOGA BOOKは、物理的なキーボードの代わりにペンタブレットにもなる薄いタッチキーボードを備えている。これは「板」のようなものなので、物理的なキーボードと違ってボタンやバネなどもなく、軽くて薄い。しかし、従来のタッチキーボードでは誤入力が増えやすく、ノートPCのように長文を入力するのは難しい。

「中途半端」ではなく「いいところ取り」の商品に仕上げるには、タッチキーボードで、物理キーボードに迫る“打ちやすさ”を実現しなくてはならない。ここを突破したのが、河野氏、戸田氏が研究している新技術だったのだ。

なぜタッチキーボードは打ちづらいのか

話は2年前にさかのぼる。YOGA BOOKの開発は、発表(2016年9月)の2年前から行われていたそうだが、河野氏や戸田氏がYOGA BOOKの話を聞いたのは、2015年の春の段階だったという。「我々に話が下りてきた時には既にサンプルができていましたが、そのサンプルで実装されていたタッチキーボードはとても生産性が高いと言えるモノではなかったのです。そこで、我々の持つソフトウェア手法を売り込みに行こうという話になりました」(河野氏)

そこで2人は、YOGA BOOKの開発を担当しているレノボ本社の製品開発部門へ飛び、担当者に自分たちの新技術をプレゼンした。具体的には、オンスクリーンキーボードの入力速度を飛躍的に向上させる新しいソフトウェア手法だ。

オンスクリーンキーボードというのは、タブレットやスマートフォンなどで画面上に表示されるソフトウェアキーボードのことだ。スマートフォンなどで一般的に使われる10キー型のオンスクリーンキーボードは、フリック入力など一本指でのタッチ操作に最適な入力方式で入力されるため、操作性は悪くない。

一方画面が大きいタブレットでは、10キーのフリック入力ではなく、PC用の物理キーボードと同じ配列のQWERTYキーボード(クォーティキーボード。キーの並びがQ、W、E、R、T、Yになっているためこう呼ばれる)のオンスクリーンキーボードが利用されるのが一般的だ。しかし、「Q」を押しているつもりなのに隣の「W」キーが入力されるなど、「物理的なキーボードに比べ、オンスクリーンキーボードは使い物にならない」という評価が定着してしまっていた。

ユーザーの“心”を推測するキーボード

河野氏と戸田氏が開発していたのは、その"常識"を打ち破るソフトウェア手法だった。技術の肝となったのは、同社が「エルゴノミック・バーチャル・キーボード」と呼ぶ仕組みである。ユーザーがキーを打った時に、指が触れたキーの場所を物理的に検出するだけでなく、打った人の意図をくみ取り、推測を組み合わせて押されたキーを確定するのだ。

通常、人間がソフトウェアキーをタッチする場合は、必ず中心をタッチしている訳ではない。ユーザーによって、また指によって、タッチする位置は微妙に異なっている。そこで2人が考えたのは、そのユーザーの入力のクセを短時間で学習し、それを元にして補正をかけることでユーザーが本来入力したかったキーを正しく認識して誤入力を防ぐ仕組みだった。これにより、例えば「W」のキーの場所が押されたと検出した場合でも、「この人はQを押したかったんだな」と分かればQの入力と扱えるため、誤入力と判定されてユーザーがやり直す回数を劇的に減らすことができる。

ただし、押したキーを学習する仕組みでは、ユーザーのプライバシー保護が課題になる。このため、キー入力の履歴は保存せず、あくまで短時間で学習し、毎回最適化を進めていくようにした。「学習は適時行っており、しばらく経つと忘れるようになっています。製品を家族で使うのに、お父さんにだけカスタマイズされるということでは困りますよね。また、同じ人でも打つ姿勢が変わればキーを押す位置が変わってくるのです。そのため、長期間キーの入力履歴を保存はしません。新しいユーザーが使い始めたと分かると、すぐに学習が行われて使いやすくなるようにしています」(戸田氏)

この結果、プライバシーの課題だけでなく、学習が進みすぎて逆に使いにくくなってしまう「過学習」と呼ばれる問題も防ぐことができるようになった。

緊張でデモを失敗してしまったが……

河野氏と戸田氏はこの革新的なソフトウェア手法をもって、レノボ本社に乗り込み、YOGA BOOKの開発陣に売り込みをかけた。戸田氏はこの時、採用される自信があったという。ソフトウェア手法そのものが革新的だっただけでなく、プレゼンテーションの作戦も考えていたからだ。

「多くの人はオンスクリーンキーボードに慣れ親しんでいないので、どうしても普段使っている物理キーボードと比較して、“引き算”でキーボードを評価します。それだと失敗すると考えたので、まず市販されているオンスクリーンキーボードを触ってもらい、その後で我々が試作したソフトウェア手法で改良したオンスクリーンキーボードを触ってもらうことで、使いやすさを実感してもらうという作戦でした」(戸田氏)

引き算でなく足し算でデモをしよう。準備万端で乗り込んでいった戸田氏だったが、好事魔多し。本社の重役などが居並ぶ前でプレゼンテーションを始めたものの、緊張のあまり何度やってもデモがうまくいかなかったという。「これはもう終わりだ」と思った時に、プレゼンテーションを聞いていた本社の重役が「貸してみろ」といって自分でデモ機を触ってみると、不思議と今度は成功したのだという。

「本社の重役が『これは良いぞ』と言ってくれて、そこからは話がトントン拍子に進んでいったのです。まさに『百聞は一見にしかず』で……。プロトタイプを持って行って、本社のメンバーに実際に触ってもらったことが、結局一番説得力があったしアピールになった。おかげで無事に採用が決まりました」(戸田氏)

物理キーボードに迫る入力精度

その後開発が進み、YOGA BOOK発表の少し前にレノボ社内でタイピング生産性の試験が行われた。アメリカ、ヨーロッパ・中東・アフリカ、中国、日本のレノボ社員あわせて40人がYOGA BOOKのほか数種類のキーボードで文章を入力し、キー入力の速度やエラー率の計測を行ったのだ。「社内で開発に携わったエンジニアは参加するなと言われた試験でした。どこまでいけるか不安だったが、結果を見るとかなり満足できるレベルであることがわかった」(河野氏)

世間で一般的に使われているワイヤレス接続のキーボードや、脱着式のキーボードを備えるノートPCと比較すると、前者比ではほぼ同じ、後者比では約90%の速度で入力できていることが裏付けられたという。

また、一般的なオンスクリーンキーボードとの比較では、入力速度が66%改善され、エラー率は39%低減されているという。つまりオンスクリーンキーボードと比較すると圧倒的に改善され、物理的なキーボードにかなり近づいた入力感を実現できたのだ。

YOGA BOOKは2016年の8月末~9月上旬にドイツのベルリンで行われた展示会「IFA」で大々的に発表され、テクノロジー系のメディアを中心に世界中の大きな話題を呼んだ。日本でもレノボ・ジャパンが9月末に発表し、10月から販売を開始したがすぐに売り切れになってしまうほどの人気を博している。

タッチキーボードは物理キーボードに劣るという“常識”を、大和研究所発の新技術で打ち破ったことにより、YOGA BOOKは新時代のデバイスとして世界中でヒットしている。開発者冥利に尽きるとは、まさにこういうことを言うのではないだろうか。

■次のページでは、レノボ「YOGA BOOK」のHaloキーボードの企画書を掲載します。

YOGA BOOKの企画書

以下、大和研究所がレノボ本社のYOGA BOOK開発チームに売り込んだ、Haloキーボードの企画書を掲載する(英語)。平らなスレート(板)の上で、どうやって物理キーボードに迫る打ちやすさを実現するか、河野氏と戸田氏が発案したバーチャルレイアウトという手法について詳しく説明されている貴重な資料だ。

その下に掲載した日本語の資料は、企画書ではないが、社外向けにYOGA BOOKのキーボードについて説明した技術資料である。Haloキーボードの詳細が分かるほか、本文で触れたタイピング生産性評価についても詳しく紹介されている。

●Lenovo本社に提案した、Haloキーボードの企画書
●Haloキーボードについての社外向け技術資料
■レノボ「YOGA BOOK」 http://www3.lenovo.com/jp/ja/