世の中が考える50代とはどんなイメージでしょうか……。誰もが司馬.太郎の歴史小説を読み、蕎麦打ちや陶芸を趣味にする。しかし、私は自分が50歳になって、世間と自分の感覚のギャップの大きさに戸惑いました。まだ枯れるには早すぎるのです。

なぜなら、男性の平均寿命は80歳。あと30年も残されているのです。大学卒業後、社会人として過ごした年月を超えます。その半分の15年を過ごした65歳の人を見ても元気で、老人なんていません。それなのに、守りに入った生き方で楽しいでしょうか。

やはり50代は、まだまだアクセル全開で攻め続ける季節です。40代との違いがあるとすれば、ビジネスマンとしての行く末が見えてくること。そこで「いつまで働くか」を自分で決められる状態にしておくことが重要になります。ただし「何もしない自由」ではなく、「何かしたくなったらできる自由」を獲得するのです。

現在の勤務先で継続雇用される、転職を試みる、独立して起業するといった具合に、進む道は何本もあります。そして、いずれの道に進んでも大丈夫なように、いまから自分の能力を高めていくのです。

大切なのは、勤めている会社、あるいは別の業界などで求められる人間になることです。人事用語に「ポータブルスキル」という言葉があります。業種・業態の垣根を越えて、どのような仕事や職場でも通用するスキルのことで、コミュニケーションやロジカルシンキングの能力。さらに社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーなどの公的資格も含まれます。

こうしたスキルを磨き、資格を取得するにはお金と時間がかかります。私は「老後設計セミナー」などで講師を務めるとき、「100万円の貯金ではなく100万円稼ぐための自己投資」を提案してきました。確かに、老後を支える資金は大事です。しかし、貯金の100万円はインフレになれば目減りします。けれども、身に付けた力は、環境がどんなに変わろうとも揺らぐことはありません。

副業などでスキルアップを図る

50代は現役世代ですから、それなりに多忙です。勉強や研鑚を積むには土・日・祝日を有効に活用するしかないでしょう。昨今では、副業を認める会社も増えています。会社の許す範囲で、友人の仕事を無償で手伝ってみたり、スキルアップを図るといった方法も考えてはいかがでしょうか。

ところで、仕事には「アウトプット型の仕事」と「インプット型の仕事」があります。前者は、自分がこれまでの職業人生で培ってきたノウハウだけで十分にこなせるもの。手慣れていて苦労はなく、計算も立ちやすいはずです。

一方、後者は経験がないので、新たな知識や技能を身に付けていく必要があります。場合によっては助走期間が必要になることもあるでしょう。報酬だけを見ていたのでは割に合わない仕事かもしれません。ところが、こうした挑戦が自分を深く耕します。40代、50代で意識して取り組んでおくと、60代を過ぎてから、思わぬ道が開けるのです。

また、40代までは、どうしても同じ会社の人たちとの付き合いが多くなります。しかし、上司と部下となれば、1対1のフランクな関係ではありません。そこで、社外に目を向け、しがらみのない10歳年下、そして、10歳年上の友人を持つといいでしょう。

年下の友人からは、新しい価値観や時代の流れに乗った刺激をもらうことができます。自分の感覚を若く保つことが可能です。逆に10年先を歩いている人生の先達と一緒に行動していると、自分の未熟さが見えてくることも多いのです。まだ活動範囲の広い50代ですから、そうした交際も視野に入れてください。

田中和彦
プラネットファイブ代表取締役。1958年、大分県生まれ。リクルート、ギャガ・コミュニケーションズ(現ギャガ)を経て、企業の人材採用・教育研修・組織活性をテーマにするプラネットファイブを設立。