3月20日は電卓の日。電卓でするものといえばもちろん「計算」。生活や実務に役立つ1000種類以上の計算を無料で提供するサイトがあると聞いて、その生みの親を訪ねてみた。すると話は、計算、関数電卓、そしてポケットコンピュータのことへ発展し……。連載「仕事に役立つITニュース」、今回は特別編として、電卓と計算についてのコラムを掲載します。

3月20日は「電卓の日」

3月20日は「電卓の日」。1974年に当時の「日本事務機器工業会」が制定したものだ。特に語呂合わせはない。1964年にシャープが国産初の電卓を発売した3月18日にちなんでいるそうだ。

日本で電卓メーカーといえばシャープとともに忘れてはならないのがカシオ。互いにライバルとして様々な電卓を市場に投入してきた。

実は国産初の電卓はシャープでも、世界で最初に「純電気式計算機」を開発したのはカシオ計算機なのである。

その電気式計算機の稼働品を今でも見られる場所がある。世田谷区成城の「樫尾俊雄発明記念館」だ。カシオ計算機を創業した樫尾三兄弟のひとりで、発明家であり、14-Aの開発も担当した樫尾俊雄氏の自宅の一部を記念館として公開しているのだ(要予約)。そこで、電卓の日を皮切りに、3月21日から5月10日まで「学びと遊びの電卓・電子辞書展」が開催される。

この特別展に伴い、メディア向けの説明会が開催された。

そこで興味深い話を聞いた。電卓から派生した教育向けの製品といえば、関数電卓と電子辞書が代表的だが、カシオの電子辞書は日本で圧倒的に売れているのに対し、関数電卓は日本“以外”の国で普及しており、日本での売り上げは「極めて少ない」という。

新入学シーズン、日本では入学祝いとして「電子辞書」が人気だが、ヨーロッパでは売り場に関数電卓がズラリと並ぶのだそうだ。

海外でこれほど売れる関数電卓が、なぜ日本では少ないのか。各国の教育ポリシーの違いではないかという。アメリカでは試験に関数電卓の持ち込みが必須の大学もあるくらいだが、日本では持ち込みを許さないところが多い。

電子辞書は従来の紙の辞書を置き換えたものだからすぐ受け入れられたが、電卓は従来苦労して手計算していた教育をがらりと変えることになるので、変化を嫌う人たちに受け入れられないのではなかろうか。

発表会にゲストとして登場した長野県教育センターの新井仁先生は、「数学教育として重要なのは計算ができることではなく、数学的な考えで何かを解明するという思考プロセスにある、グラフ関数電卓は手作業では処理が難しい計算も行ってくれるので、思考を整理して命令をどう与えたらいいかというプログラミング教育にも役立つはずだ」と語る。

1000種類以上の計算ができる、カシオの計算サイト

カシオで黎明期の関数電卓を開発した人はどう考えているのだろう。

実はカシオ計算機がひっそりと開いている「高精度計算サイト」というWebサイトがある(http://keisan.casio.jp/)。あらゆる計算を行ってくれる無料のサイトだ。それを立ち上げたのが、関数電卓を開発したその人だったのである。

このサイト、「生活や実務に役立つ計算サイト」と書いてあるだけで、よく探さないとカシオの名前も見つからないほどなのだが、カシオ計算機が提供するれっきとした公式サイトなのだ。特に宣伝もしてないが、月間1000万PVとかなりの規模。

電卓や関数電卓というモノを売る会社が、フリーで計算機能を提供してくれるとはどういうことなのか。これは話を聞かねばなりますまい、とカシオ本社を訪ねてみた。

関数電卓から計算サイトへ

計算サイトを始めたのは、コーポレートコミュニケーション統括部ウェブ戦略部戦略企画グループの伊藤久志氏。いまや世界中で使われているカシオの関数電卓をこれまで数々開発してきた人物だ。

伊藤氏が関数電卓を開発したいとカシオ計算機に入社したのは昭和51年。以来「fx-502p」や「fx-602p」といった初期の関数電卓や、その後登場した「PB-100」や「fx-860p」を代表とするポケットコンピュータまで担当していたエンジニアだ。

実はわたし自身も、学生時代にfx-602pに大変世話になった記憶がある。当時のパソコンは高価な上に、ちょっと複雑な計算になると自分でプログラムを書かなければならなかった。当時のパソコン入門書には、利息計算や三角関数、簡単な科学技術計算などをさせるサンプルプログラムが必ず掲載されており、読者はそれを見ながら手で打ち込んでいた時代だ。

そこでパソコンより低価格で小さく簡単なプログラムを組めるポケットコンピュータを出したのが伊藤氏。でも、ほとんどの人は自分でプログラムを組むことができない。でもそれではあまりにもったいない。複雑な計算は機械に任せて、使う人はもっと知的な作業をして欲しい。そこで伊藤氏は考えた。

あらかじめ組んでおいた各種計算用のライブラリを大量に開発し、それを呼び出すだけでよいようにした製品(fx-860p)を開発したのだ。

「あの頃はライブラリを大量に開発して提供することに熱意を持っていた時代だった」と伊藤氏は語る。これが今の計算サイトにつながるのである。

会社に貢献できるかはわからないが、世の中には貢献できる

その後も多くのライブラリを開発したが、それらを電卓に入れようとするとどうしても制約が多い。そもそも上述のように、日本ではあまり関数電卓は売れない。しかし多くの人に使ってもらいたい……。「それならインターネットで提供してみたらどうか?」それが、計算サイトのきっかけだった。電卓だとケタ数などどうしても表示の制限があるが、ブラウザ上ならそれもない。複雑な計算も分かりやすく提供できる。

2006年、試しに500個ほどライブラリを作り、ネットで公開。試験サービスを作ってみたところ、非常に反応がよかったという。そのとき「会社に貢献できるかできないかはわからないが、世の中には貢献できるという感触があった」(伊藤氏)のだ。

計算サイトは2006年に試験サービスを開始して以来、今では月に1000万弱くらいのページビューがある、知る人ぞ知るサイトに成長した。いや、知る人ぞ知るサイトだったのだが、何かの計算をしたいと思って検索すると上位に現れるため、カシオの計算サイトとは知らずにやってくる人がどんどん増えてきたのである。

生活から理数系まで。計算なら何でもござれ

計算サイトとはどんなものか。

計算したいテーマを選び、空欄に数値を入れるとそれを計算して答えを出してくれるところだ。大きく分けて、理数系と生活系の2パターンが用意されている。

理数系計算は関数電卓用のライブラリを開発していた伊藤氏が得意とするところ。もともと伊藤氏は物理系の出身で、昔、プログラムを作るのに苦労した経験があったため、特に充実させたと語る。面積や体積から三角関数や対数・指数、方程式といった数学的な計算。図形系には強く、斜めにカットした円柱の体積まで求めることができる。画像や数式も表示されるので分かりやすくてよい。ベッセル関数やルジャンドル関数といった、専門的に取り扱っている人でないと想像も付かないような、特殊な関数の計算もある。理数系の学生やエンジニアなら役立つはずだ。

これに対し、職業年齢を問わず多くの人に関係するのが生活系だ。お金の計算や暦の計算など、生活の中であると便利なものから、各種単位換算、健康にまつわるものまで。趣味の計算としては、例えば江戸時代と今の単位換算がある。時代小説を読みながら使うと、江戸時代のお金や距離の感覚が身近に感じられていいという声もあるそうだ。

よく使われている計算は?

計算サイトのライブラリ数は合計で約1000個ある。どんなものがよく使われているのか、ランキングを教えてもらった。

PCからとスマホからで違いは出るが、現在多いのはやはりお金関係と健康関係。1位はスマホからのアクセスが多い「BMIと適正体重」。身長と体重を入れるとBMIが表示されるというシンプルなものだ。この計算式はよく、雑誌や健康に関するサイトなどに掲載されているが、実際に自分のデータを入れて計算までする人は少ない。でもこのサイトに来れば、計算を自動的に行ってくれるので便利なのだ。ほかにも、「子供の肥満」「基礎代謝量」「適正体重・美容体重・モデル体重」「脂肪を減らす運動量の計算」など、ダイエットに関係すると思われる計算はよく使われている。

日数計算も人気が高い。何月何日から何月何日までは何日あるのかを算出してくれるものだ。なるほどこれは便利。今から180日後は何月何日かと聞かれても、約半年後、としかいえないけど、それでは困ることはあるから。

お金関連ではローン返済(こちらはPCからのアクセスが多い)や消費税計算(スマホからのアクセスが多い)も人気。3月のランキングということもあり、時節柄、税金関係の計算も人気だった。どの計算も計算式自体は周知のものだが、実際に自分で計算するかというと、ちょっと面倒。しかしここに来れば答え一発!である。

 

ビジネスパーソンにオススメの計算15選

伊藤氏も、特に多くの人に使ってほしいのはお金の計算だと話す。税金やローン、利息の計算式は本や雑誌などによく書いてあるが、読んで分かった気になってしまうことも多いもの。本当は自分ならどうなるかを計算してシミュレーションしてみるのが理解を深めるにはベストだが、そこまでやるのは面倒だという人も多いだろう。しかしこうした計算も、計算サイトを使えば身近な数値を入れるだけで結果が出る。本で読んだことを、自分ごととしてリアルに感じ取れる。それを繰り返すことでノウハウも貯まるし、理解が深まり勘もついてくる、というわけだ。

でも伊藤氏の顔が少し暗くなる瞬間もあった。数値計算をより身近なものに感じてほしい。そう願って計算サイトをコツコツと作ってきたが、日本では生活系の計算が使われることが圧倒的に多く、力を入れている学術系の計算があまり使われていないのだという。実は計算サイトには英語版もあり、こちらの利用者数は日本の10分の1程度。しかし理数系の計算、それも難しい計算が利用されている数は日本よりずっと多いという。もしかすると関数電卓の利用者が日本より圧倒的に海外の方が多いのと関係があるかもしれない。「日本では、答えが知りたいがために電卓を使う。しかし海外では逆。計算は機械に任せて、考えるために電卓を使う。このままでは、数学や科学の分野で日本が世界から置いて行かれてしまうのではないかとちょっと心配です」(伊藤氏)

最後に、伊藤氏に選んでもらった「ビジネスパーソンの役に立つ、オススメの計算」を15個紹介して本稿の締めとしたい。計算サイトで実際によく使われている計算や、伊藤氏の個人的なオススメをミックスしたものだ。明日からの仕事やプライベートに生かしていただければと思う。

▼ビジネスパーソンに役立つオススメの計算15選

●お金の計算
減価償却(H24年度~)(http://keisan.casio.jp/exec/system/1339479951
繰り上げローン返済(http://keisan.casio.jp/exec/system/1256183302
繰り上げローン返済(ボーナス併用)(http://keisan.casio.jp/exec/system/1256169640
相続税(法定相続)(http://keisan.casio.jp/exec/system/1385687786

●暮らしで役立つ計算
定期乗車券の払い戻し額の計算(http://keisan.casio.jp/exec/system/1372838266
不快指数(http://keisan.casio.jp/exec/system/1202883065
子供の祝いの計算(http://keisan.casio.jp/exec/system/1226465488

●暦や日付の計算
営業日数計算(http://keisan.casio.jp/exec/system/1251167854
暦注カレンダー(http://keisan.casio.jp/exec/system/1189849966

●太陽や地球の計算
日の出日の入り(日本地名選択)(http://keisan.casio.jp/exec/system/1236677229
太陽高度(一日の変化)(http://keisan.casio.jp/exec/system/1185781259
太陽高度(同時刻の年間変化)(http://keisan.casio.jp/exec/system/1185782617
2地点間の距離と方位学(http://keisan.casio.jp/exec/system/1257670779
世界時計(日本の時刻から計算、サマータイム対応)(http://keisan.casio.jp/exec/system/1240186937
宇宙人がいる星がどれくらいあるか?(ドレイク方程式)(http://keisan.casio.jp/exec/user/1225113925