バスケットボールは時間のスポーツ!

【三宅義和・イーオン社長】今回はスポーツドクターとして有名な辻秀一先生に来ていただきました。辻先生といえば、ベストセラーになった『スラムダンク勝利学』の著者としても知られています。なんと発行部数は、40万部近くだそうです。

現在では心理学をベースに、パフォーマンスを最適・最大化する心の状態「Flow」を生み出すための独自理論「辻メソッド」で、メンタルトレーニングを展開されています。多くのアスリートやビジネスマンパーソンからに支持を得て、多数の企業の研修やトレーニングも受け持たれています。

また近年では、プロバスケットボールチーム「東京エクセレンス」を創設され、ファウンダーでもいらっしゃる。そこでまず、バスケットの話から入りたいと思いますが、先生がバスケットに興味を持たれたきっかけは何ですか。

【辻秀一・スポーツドクター】実は、小学生の頃は剣道をやっていました。それから、中高一貫校に進んだのですが、そこには剣道部はありませんでした。「どうしようか」と迷ったときに、医者である父から学生時代はバスケットに没頭していたという話を聞いたのです。剣道は個人スポーツでしたが、何かチームスポーツをしたいなという気持ちもあり、バスケットボールを始めました。

【三宅】大学時代にはインカレに出場されたそうですね。北海道大学医学部を選ばれたのも、バスケットが強いからだと聞きましたが。

【辻】うちは代々、医者の家系で親戚にも医者しかいません。高校時代は京都大学の工学部に憧れたのですが、最終的には医学部に行くことにしました。バスケットの強い国立大学というと、北大と金沢大学と筑波大学でした。でも、筑波大学はインターハイ常連の2メートル級の連中が入部してくる。スタメンになりやすそうな北大に決めました(笑)。

【三宅】それほどまでに先生を惹き付けるバスケットの魅力とは何なのでしょうか。

【辻】1つには、チーム5人という面白さです。5人より多くなると個が弱くなるという考えがあります。でも、5人だと誰も休めません。おそらく、人間の指が5本なのには何か理由があるからではないでしょうか。仮に小指が1本なくなるだけで、握力は半分ぐらいになるそうです。

2つ目として、シュートが決まっても、ゲームが止まらない唯一のスポーツなんです。ラグビーも、野球も、サッカーも、点が入るといったんプレーが止まる。一方、バスケットボールは人生と同じで、停滞を許しません。

3つ目は、バスケットボールはまさに時間のスポーツで、3秒とか5秒とか24秒とか1分とか、全部時間で区切られているんです。これも人間の活動には大切なことで、人間の営みに近いということも魅力ですね。無駄のない生き方に通じると思っています。

人生は長さだけではなく質も問われる

【三宅】なるほど、バスケットを見る目が違ってきます。さて、『スラムダンク勝利学』ですが、「井上雄彦さん原作の『スラムダンク』は、単なるスポーツコミックを超えた哲学書だ」と先生はおっしゃっています。その考え方に共鳴されて書かれたということなのでしょうか。

【辻】大学時代はもちろん、バスケットボールは青春を懸けてやっていましたが、プロになれるような選手ではありませんでした。そのまま北大医学部を卒業し、慶應義塾大学病院の内科医になり、31歳まで勤務しました。

その頃、僕の人生を変える大きなきっかけがありました。パッチ・アダムスというアメリカ人医師の半生を描いた映画を観たのです。ロビン・ウィリアムズの主演で、赤い鼻を付けて、子どもたちを喜ばせるシーンが印象的でした。テーマは「クオリティ・オブ・ライフ」、人生の質という大きな課題でした。

質ということについては、それまであまり意識していませんでした。でも人生には長さだけではなくて、質というものがある。1日にしても24時間だけど、やはり質がある。そのことに気づいたのが、目から鱗というか、衝撃的だったですね。

そこで、「人生の質を高めることを応援する仕事をしたい」と、思うようになったのです。患者さんを助けるのも、もちろんクオリティ・オブ・ライフの向上ですが、そうでない元気な人たちもみな人生の質を上げていきたいはずだと。そのとき、質を決めるのは心だなと思ったのです。あらゆるシーンに存在している心、そこの存在がもっと明確になれば、質の存在ももっと明らかになるのではないかと考えました。

その際、どこに僕の専門性が生かせるかなと探してみると、出会ったのがスポーツ心理学。いまでこそ、テニスの錦織圭選手も、フィギュアスケートの羽生結弦選手もメンタルトレーニングを受けているわけですけれども。当時ははっきりしていませんでした。

そこで僕は、日本のスポーツ心理学会に行ってみました。しかし、どちらかというと学者の方が多い。一方、アメリカには、応用スポーツ心理学があって、いろんなシーンでの実践学でした。スポーツだけでなく、音楽家とかウォールストリートのトップビジネスマンのメンタルトレーニングとかもやっている。僕のライフワークはこれだと思いました。

ただ、それを日本で展開するにしても、やっぱり心の話をストレートに言いすぎると日本では怪しく思われてしまう。そこで、僕の大好きなバスケットボールをテーマにしたコミック『スラムダンク』がすごく流行っていたので、これをテキストにしてメンタルトレーニングしたら、みんな振り向くのではないかと思ったわけです(笑)。

機嫌良く、質高くできるご機嫌なマネジメント

【三宅】私と先生の出会いは『ゾーンに入る技術』という先生の本です。出張先の岡山駅で買い求め、東京に戻る新幹線の中でむさぼるように読みました。非常に衝撃的だったのは「自分の機嫌は自分で取る」という部分です。

心というのは、自分にとって大切なものだけど、われわれは常に周りの出来事とか、過去の経験とか、将来の心配とかに心が揺らいでいる。それを克服して自分の心は自分自身で決めるべきだということですね。これはぜひ社員にも伝えようということで、当社に講演に来ていただきました。現在も引き続き「フロー研修実践セミナー」を受け持ってもいただいています。そこでまず、冒頭でも触れました「Flow」について説明していただけますか。

【辻】人生の質を作っているのは心だということから人間のパフォーマンスを考えてみると、2つの構成要素で成り立っていることがわかります。

1つは内容。何をするかというのが人間のパフォーマンスの根幹にあるわけです。戦略といってもいいでしょう。もう1つが質です。どんな精神状態で行うのかということですね。それがパフォーマンスを決めます。

スポーツの場合は、戦略が正しくても、強い心が伴っていないとパフォーマンスの質が落ちて負けます。まず、心があって、その状態がパフォーマンスの質を決めて、勝敗が決していきます。その構造は非常にわかりやすいのです。

実はこのことを400年も前に言った有名な日本人がいました。宮本武蔵です。彼は、人生の目的を剣の道をきわめることにおき、とにかく強くなるために、常に心を整えていました。この2つがあったればこそ、天下無双の剣豪として名を馳せました。このやるべきことを質高くやるということが、僕のテーマでもあります。

そのための心の整え方として、『スラムダンク勝利学』を書いた頃は、心の揺らぎをどうするかだけでしたが、いまはとらわれということの恐さも重視しています。質の高い行動をしている心の状態は揺らがないし、とらわれてもいない。

この状態を、わかりやすく表現する方法はないかなと考えたわけです。揺らがずというのは心理学でいうと、セルフイメージが大きく安定していること。とらわれずというのはセルフコンセプトが柔軟で質のいい感じということですが、この両方を総合的に表現しているキーワードが「Flow」です。シカゴ大学のミハイ・チクセントミハイという心理学者が提唱した考え方で、人間の職業や行動に関係なく「Flow」という心の状態だと、質の高いパフォーマンスを安定的に作れると説いています。

それを僕は、実学として現場で応用しようと思いました。スポーツ心理学や脳科学の成果から、結局心の状態は、自分の脳が作り出すとわかっています。しかし、三宅社長の言われたようにいつも私たちは外界の出来事に左右されがちなんですね。

そうではなく、人生の質に大きく影響している心というものを、自分でマネジメントしていくということが、すごく重要です。そのために「Flow」の状態を、どう表現したら日本人にはわかりやすいかなと思って行き着いたのが「機嫌のいい感じ」という言い方でした。

日本人の機嫌のよさを表現するのは、英語の「fine」や「happy」「positive」だけではありません。いろんな機嫌のよさを、僕らは知っています。そんな心の状態をマネジメントしていくことが可能だということを、みんなに伝えたい。それが、先ほどご紹介いただいた「辻メソッド」です。

それを一言で表現すると、するべきことを機嫌よく、なすべきことを質高くできる、とにかく、ご機嫌なマネジメントのための脳の練習といっていいでしょう。スポーツだけではなく、芸術であれ、ビジネスパーソンの毎日の仕事であれ何事もそうです。