右肩上がりは昔の話、現状維持にも努力が必要な時代だ。自身でキャリアをつくってきた2人の経営者が、「求められる人材」になるための秘訣を伝授する。

>>倉重英樹さんからのアドバイス

私が就職したのは40年以上も前だが、当時は平社員→主任→係長→課長→次長→部長……という、かなり強固な組織の階段があった。「階段を上ること=キャリアアップ」だと皆が信じていた。しかし、いまはこれが幻想にすぎないとわかっている。経済が右肩上がりで成長し、若者の人口のほうが年寄りよりも多い、という前提が覆されたからだ。

組織内での出世モデルが破綻したいまは、逆に市場や世間が認めてくれる価値のほうが重要である。会社は外で認められている人を絶対に粗末にしない。私は社員に「自分のポジションは会社の中ではなく社会で探せ」といつも説いている。

世間で認められるとまずヘッドハンターから声がかかる。あるいは講演や執筆の依頼が舞い込む。問題はどうしたらそういう力を身につけることができるかだ。

秘策を教えよう。1年間を時間で表すと8760時間である。このうち、1日6時間の睡眠を除くと6570時間となる。その1割は657時間。この年間500~600時間をいかに使うかで、あなたのキャリアが大きく変わってくるのだ。10年間、目的を持ち計画的に活用すれば合計5000時間になる。私はこれを「投資の時間」と名づけ、そのほかを「経費の時間」と峻別している。後者は誰かが伝票を切るとなくなっていく。誰かとは、お客様、上司、同僚、場合によっては家族、友人を入れてもいい。

年間500時間強をどう使うか。3つある。勉強すること、ネットワークを広げること、趣味を深めることである。若いときほどこの順に優先順位をつけたほうがいいが、50代になると引退後の生活も視野に入れなければならず、趣味の比重を高めるべきだ。

ネットワークはどの年代でも大切だ。私ぐらいの年齢になると、人生の豊かさはネットワークのそれに比例するとつくづく思う。ネットワークは3つの「幅」を考えてほしい。まずは年齢である。自分が付き合う人で、一番若い人と一番年長の人の年齢幅が40歳ほどあるといい。それほど違うと価値観や情報源が違うため、学ぶことが多い。

2つ目は職業だ。サラリーマンばかりではなく、クリーニング店、寿司屋、音楽家、学校の先生など、いろいろな職業の人をネットワークに加えよう。「仕事が違うとこんなにものの見方が違うのか」と驚くことがよくある。

3つ目が文化だ。日本人だけではなく、あらゆる国の人と付き合えるのが理想である。ネットワークづくりには体力も必須だ。体も鍛えておくことだ。

>>柴田励司さんからのアドバイス

厳しい雇用情勢が続いている。読者の中には、現にリストラされてしまった、あるいは次は自分かと戦々恐々としている人もいるだろう。しかし、私に言わせれば必要以上に重く考える必要はない。リストラクチャリングの正確な意味はライトサイジング、つまり業況に合わせて会社を正しいサイズに調整することなのである。これは経営の課題であって、社員本人のスキルや能力とは別問題なのだ。

万が一リストラに遭ったとしても、自分のスキルや能力がその会社が目指す姿に合致しなかっただけのことで、新しいことに挑戦するいい機会をもらった、と前向きに考えてみたらどうだろう。

私のキャリアに対する持論は2つある。ひとつは「同じ仕事を3年以上やるな」。同じ仕事を3年も続けていると、脳の中にその仕事を遂行するための最適な回路ができ、楽々こなせるようになる。しかし、そこに落とし穴がある。4年、5年と続けるうち、ほかの仕事をするのが怖くなり、新たなチャレンジを躊躇するようになる。そうなったらキャリアは行き止まりとなり、それ以上伸びない。

これを防ぐには、ひとつの仕事を3年ほど担当し、ある程度こなせるようになったなら、手を挙げて別の場に異動してみることだ。専門職であっても同じこと。たとえ数カ月でもいい、あえて別の仕事に取り組んでみることをお勧めしたい。視点が明らかに広くなる。

もうひとつは、「キャリアは追いかけると逃げていく」ということ。「こんな仕事をしたい」と野心をもって取り組んでも、その通りになることは稀だ。それは売り上げや利益を上げようと闇雲に数字を追いかけると、どこかで破綻が起きてしまうのと同じである。経営の場合、顧客への提供価値を正しく定義し、着実にそれを高めていくことに注力すれば後から数字はついてくる。キャリアに関しても同じで“果実”は後からついてくる。

私自身がまさにそうだった。大学時代は演劇に熱中し、ドラマ制作を希望して某放送局を受けたが、「新人は報道かアナウンサーになるしかない」とわかり、方向転換。その後内定をもらったドラマ制作会社は入社直前になんと内定取り消しとなり、結局内定辞退していた京王プラザホテルに拾ってもらった。最初は皿洗い、ベルボーイ、ウエーター。私のキャリアはそこから始まった。いまの仕事については想像もつかなかった。

シグマクシス代表取締役CEO●倉重英樹
1942年、山口県生まれ。早稲田大学卒業後、日本IBM入社。93年副社長。PwCコンサルティング会長、日本テレコム社長等を経て、RHJインターナショナル・ジャパン会長(兼務)。08年シグマクシスを設立。三菱商事特別顧問。

カルチュア・コンビニエンス・クラブCOO●柴田励司
1962年、東京都生まれ。上智大学卒業後、京王プラザホテル入社。在オランダ日本大使館出向、人事部、マーサー・ジャパン社長、キャドセンター社長を経て、08年より現職。デジタルハリウッド社長を兼務。週1回配信するメルマガ「柴田励司の人事の目」が好評。