カンボジアで不動産業を営む荒木杏奈さん。軽い気持ちで遊びに行ったカンボジアの土地に魅せられ、すぐに会社を辞めて移住した。起業する気などなかった彼女が、会社を設立したきっかけとは?

カンボジアの活気あふれる土地に魅せられて

いまだ内戦の悲惨な記憶が残るカンボジアで不動産業を営む荒木杏奈さん。

「日本で金融系の仕事をしていた頃の担当は東南アジアの金融マーケティング。そこの元同僚がカンボジアに渡って仕事をしていたので、軽い気持ちで遊びに行ったら、活気あふれる魅力的な土地にすっかり魅せられました。すぐに会社を辞め、現地在住権を取って移住。そのときは貯金もあったし、3年間ほど遊んで帰ってこようと思っていたのですが……」

元同僚の働く金融会社に籍を置き、異国ライフを満喫。しかし、日本とカンボジアの合弁会社だったその会社は日本側の撤退で解散を余儀なくされたという。

「そのまま会社をたたむのはもったいないと思い、その会社を引き継ぎ、新たに不動産業を始めようと考えたんです。当時すでにGDP成長率7%でしたし、私自身、カンボジアに渡ってすぐ、1350万円で買った1ベッドルームのコンドミニアムが、半年で1800万円まで値上がりした経験もあり、これから伸びる分野は不動産業だと確信していたことも後押ししました」

場所や備品は流用したので会社設立準備は登記手続きのみ。カンボジアは外国からの資本投資などの法整備が進んでいないため、法人税こそ月20%と高めだが外国人の会社設立は難しくないそう。晴れて現地法人を設立したのは現地移住から1年2カ月後のこと。

「会社を始めた当初のプレッシャーは大きかったですね。給料も取らず、働きづめ。今は従業員を抱え、その生活を守るプレッシャーのほうが大きいです。カンボジアもずいぶんと注目され始め、日本の大手不動産業者もどんどん参入してきています。ですが、私たちは先行者のメリットを活かし、どんな大手企業にも負けない会社となるよう上を目指していきます」

■会社情報

【社名】アンナキャム パートナーズ株式会社
【資本金】10万米ドル(約1000万円/自己資本率50%)
【従業員数】6人(本人含む)

■荒木さんの経歴

(21歳)調理の専門学校卒業/ネット広告代理店セプテーニ入社
(27歳)広告代理店SBIマーケティングへ転職/カンボジア初旅行/同社を退職/カンボジア在住権を取得し、移住/日本とカンボジアの金融系合弁会社へ就職
(28歳)職場の解散にともない、起業を決意
(29歳)金融・不動産投資コンサルティングなどを行う現地法人を設立
(30歳)著書『東南アジア投資のラストリゾート カンボジア』(幻冬舎)出版/カンボジア情報発信のセミナー主催

■荒木さんに6つの質問

1.起業に際し、苦労したことは?
現地社員との付き合い方

2.起業して幸せを感じることは?
投資していただいたお客さまにリターンがあること

3.起業して自分自身が変わったことは?
カレンダーの休みがうれしくなくなった

4.起業にもっとも重要なことは?
ポジティブでいること

5.今後の展望は?
カンボジアで一番の不動産投資会社になりたい

6.座右の銘は?
有言実行