2016年7月27日、江戸からの歴史を受け継ぐ東京・紀尾井町にオフィス、レジデンス、商業施設を備えた複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」がグランドオープンする。それに先駆けて、7月1日にオープンした「紀尾井カンファレンス」は会議、セミナー、パーティーなど、大小さまざまなビジネスニーズに応えるカンファレンス施設だ。
東京メトロ・永田町駅に直結、地下鉄5路線が利用可能で、さらに羽田、成田の空港からリムジンが乗り入れするなど交通の便も抜群。観光庁が推進するMICE事業の一翼を担う施設として、また国際都市・東京のビジネス拠点の新たな顔として期待される。
本記事では、「東京ガーデンテラス紀尾井町」街区全体のビル運営を担う、株式会社西武プロパティーズ ビル運営部長 松延太朗氏と、同社と共に「紀尾井カンファレンス」の運営を行う日本コンベンションサービス株式会社 まちづくり事業推進部 部長 大和田雅人氏、オープンに携わったお2人に本施設の特徴や意義について聞いた。

江戸から未来へ受け継ぐ紀尾井町の価値

【松延】紀伊徳川家、尾張徳川家、彦根井伊家。紀尾井町という地名は、これらの上屋敷や中屋敷が存在していたことから名付けられたもの。つまりここは、江戸時代から政治や行政の中心として重要な役割を果たしてきた場所です。

「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、そうした土地の歴史を受け継ぎながら、「品と、格と、未来と。」をキーメッセージに掲げ、日本と東京の未来に向けた新しい複合市街地です。

例えば、敷地内の江戸城外郭赤坂御門の積み重ねられた石垣などを見ると、肌で歴史の重みを感じます。また、この土地は非常に強固な地盤で、深く杭を打つ必要がないほど、しっかりしているのです。昔から現在に至るまで、「政(まつりごと)」が行われてきた場所であることが、こうした土地の条件からも理解できます。 

いろいろな重要な決めごとがなされてきた場所ですから、「紀尾井カンファレンス」は、その意味で象徴的な施設です。新しい歴史を積み重ねていく拠点として、大いに活用いただきたいですね。

【大和田】運営を担当する弊社は50年間、国際コンベンションやセミナー、イベントを企画・プロデュースし、いわゆるMICEと言われる事業をけん引してまいりました。現在、年間1,000件以上のコンベンションを運営しているほか、展示会やセミナー等のプロデュースも行っています。

ここ「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、赤坂プリンスホテル跡地です。当時さまざまなパーティーや会議が行われてきた「赤プリ」のように、「紀尾井カンファレンス」が、会議場+ホテルのようなサービスといった、多様な使い勝手を求められるとすれば、カンファレンスとしてはかなりの挑戦です。

ますます国際的な会議が増えていくであろう東京の都心で、コンベンションサービスのプロとして運営を任せていただきますが、パーティー需要にも応えていくことは、ホテルと違いカンファレンスは細かい部分が全く異なります。ここは「紀尾井カンファレンス」のプロジェクトで難しかった点ですね。

 MICE事業を促進する新しいビジネス拠点として

【松延】西武グループは宴会場運営のノウハウは十分にあるのですが、未来を志向するよりよいコンベンション運営を実現するためのパートナーが必要と判断しました。そこで、コンベンションの企画・運営で古くから実績のある、日本コンベンションサービスとパートナーシップを結ばせていただいたのです。

【大和田】1年以上前から、西武プロパティーズ、鹿島建設などの建設サイドの皆さんと毎週、会議を重ねました。我々にとっては、大きな図面を囲んで建設用語が飛び交う会議は初めてのこと。

それぞれに、クリアしなければならない課題はありました。運営側から見たカンファレンスの改善提案は、建設側には難しい課題になり、その逆のケースもあったのです。

例えば、天井。「紀尾井カンファレンス」はカンファレンス用建築物ではなく、ホテルや商業施設が併設された建物にビルインする会議場です。そこで問題になるのが天井高です。それでも一致団結して問題点に取り組み、天井高3.9メートルを確保できました。

お互いの文化の違いや、建物、電気、水回りなど、それぞれの分野でのプロフェッショナルぶりを感じましたね。

【松延】課題を的確に指摘して柔軟な対応をしていただきました。日本コンベンションサービスと協業して良かったと思いましたね。

【大和田】リラックスして「未来を語る」会議が行えるように、緑色の座り心地の良い北欧のカフェチェアを備えた部屋もあり、各部屋にテーマを設け、用途に応じてお選びいただきやすい施設が実現しました。通常のカンファレンス会場では選択できないレベルの贅沢な什器をセレクトしましたので、品格が漂う空間になったと思います。

グローバルなビジネスの拠点として、東京はさらに、カンファレンスの誘致を通じてアジアをリードしていくと感じています。

また会議室を持たない企業が増える中、こうした施設がさらに必要とされるはずです。日本有数のランドマークを手掛けてきた西武グループと、とりわけ歴史のある紀尾井町で、カンファレンス施設づくりで協業するということは、弊社としても大きな意味があります。

カンファレンス施設として最高級の仕上がりになっただけではなく、日本のMICEにとっても大事な場所となるでしょう。

カンファレンスを充実させるワンランク上のもてなし空間

【松延】私どもの期待以上に、品と格を醸し出すカンファレンス施設が完成したのではないかと自負しています。おかげさまで、すでに国際会議や学会等のご予約をたくさんいただいています。

カンファレンスのエントランスを挟んだ向かい側には、「グランドプリンスホテル赤坂 旧館」として親しまれていたチューダー様式の瀟洒な邸宅「旧李王家東京邸」が、創建当時への復元を行うとともに増築等に新たな機能も備えて「赤坂プリンス クラシックハウス」として営業を開始いたします。カンファレンスの上階、30~36階には四方の大きな窓から東京を見渡せる「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」が、全く新しいスタイルのプリンスホテルとしてオープンします。

「東京ガーデンテラス紀尾井町」のロゴマークは、家紋を感じさせるデザインに3つの意味と要素を込めています。上部の緑は都心では貴重な豊かな自然を表す緑の葉、左部の赤は文化や人々が交差して赤く熟す様、右部の青は皇居のお堀の水面と石垣が積み重なった歴史を表しています。それらは、最初に申し上げたように、この地に紀伊徳川家、尾張徳川家、彦根井伊家という3つの屋敷が置かれていたことに由来し、名付けられた「紀尾井町」の歴史も象徴しています。

グランドオープンを前に、成田空港、羽田空港とのリムジンバスもビル直結で乗り入れています。東京メトロの永田町駅にも直結、赤坂見附駅からも徒歩1分で、地下鉄5路線が利用可能。ターミナル駅である東京、新宿から地下鉄1本ですから、交通の便が極めて良く、遠方からお越しのお客さまにとって利便性が高まったと思います。

国際都市・東京にふさわしい、使い勝手の良いカンファレンス施設になりました。多くの皆さまから、末永くご愛顧いただきたいと願っています。