手書きのほうが向いているのは

パソコンやスマートフォンの時代に、わざわざペンや紙といったローテクな筆記具を使う必要はない。そういう意見もあるかもしれないが、私は違うと思う。少なくとも次の2つの目的に関しては、手書きのほうが適している。

1つ目は、日常のメモ。私のようなベンチャー経営者には、毎日やることが山のようにある。とくに、当社が手掛けている電気バイクはアジアが主要市場なので、本社にいるより海外を飛び回っている時間のほうがはるかに長い。移動中も頭はフル回転しており、さまざまな業務の確認事項や、仕事のアイデアなどが浮かんでくる。しかし、あとでパソコンで整理しようなどと悠長なことをいっていたら、ホテルに着くころには忘れてしまう。思いついたらすぐに記録することが大切だ。それにはデジタルデバイスより、手書きのほうが断然早いし使い勝手がいい。

いつも持ち歩いている財布の表に、7センチ角の付箋を貼っておき、何か思いついたら瞬時にそこにメモするようにしている。これなら駅でも空港でもすぐに取り出してサッと書けるし、保管もあとでコピー用紙にそのまま貼るだけだ。メモを貼り付けた用紙は処理が済んだ項目から塗りつぶしていき、黒くなったらその部分だけ切り取って全体をコピーする。それでできた新しい用紙には、切り取った分だけ書き込み可能な余白ができるというわけだ。

(左)気づいたことを書きつけたり付箋を貼ったりするメモ用紙。解決済み項目は塗りつぶす。黒くなった部分はハサミで切り取り、全体をコピーして余白を増やす。(右)とっさのメモ用に、7cm角の付箋をつねに財布に貼り付けておく。

この手書きメモの効能は、忘れるのを防ぐだけではない。むしろ、「安心して忘れられる」効果のほうが大きい。パソコンのメモリーと一緒で、人間の脳も記憶に使っている領域が増えると、パフォーマンスが落ちる。柔軟で軽やかな思考ができるようにするには、どんどん情報をアウトプットして、脳をいつもクリアな状態にしておくことが重要なのだ。

2つ目は、手紙だ。相手に自分の気持ちを伝えたいときは、手書きの文字がいちばん。たとえば、社員が初めての海外駐在に行くとき、私は敬愛する松下幸之助の本と一緒に、必ず自筆の手紙を渡すようにしている。入社数カ月目でいきなり「拠点をつくってこい」と1人で海外に行かされるのは、当社では決して珍しいことではない。もちろんその能力があると踏んで送り出すのだが、それでも慣れない環境で力を発揮するのは至難の業だ。

なかには成果を挙げる前に、精神的にまいってしまう者もいる。しかし、戦後日本の繁栄を築いた先輩たちも、みな同じような経験をしてきているのだから、なんとか乗り越えてほしい。そんな私の思いを託すには、メールではなく手紙でなければならない。

私の郷里・山口県出身の偉大な先輩、吉田松陰も筆まめだったそうで、門下生らに送った大量の手紙が残っている。ことあるごとに高杉晋作や久坂玄瑞といった人たちに手紙を書いては、気持ちを鼓舞したという。そのことを知って以来、私も部下への手紙を松陰先生になったつもりで書いている。

経営者の本を読んで、この人に会いたいと思ったときも、すぐに手紙を書くことにしている。必ず会えるとは限らないが、手紙を書いたおかげで、何人かの人と面会できた。

たとえば和田一夫・元ヤオハン代表である。国際流通グループといわれたヤオハンだが、最後には破綻してしまったので和田氏もいまは「過去の人」扱い。とはいえ、一時はアジアで大成功を収めたのは確かであり、著作にも、参考になる話がたくさん書かれていた。そこで、「自分もアジア進出を目指している。ぜひ直接話を聞かせてほしい」という内容の手紙を送ったところ、会ってもいいという返事が届いた。熱海のご自宅まで会いにいくと、和田氏はたいへん喜んでくれ、中国をはじめとしたアジアへの進出時の生々しいエピソードをいくつも披露してくれた。

本を読めばある程度のことはわかるが、私が知りたいのは、血が流れるようなリアルなやりとりの最中に発揮される、その経営者の真の凄みの部分である。だが、そういう話は不特定多数の読者を対象とした本にはなじまないためか、なかなか表には出てこない。会って聞き出すしかないのである。それには手紙を書くのがいちばんだ。

自分の言葉で素直に書く

しかし手紙を書くとき、どういう書き方をすれば相手の心を動かせるか、というようなことはまず考えない。心がけているのは、本のどこに感銘を受けたか、会ってどんな話を聞きたいか、それから自分はどういう人間で、どんなことに問題意識を持っているかといったことを、自分の言葉で素直に書くということだ。丁寧な字で、誤字脱字がないというのは当たり前だが、正式な書式や時候の挨拶などは気にしたことがない。筆記具も高価な万年筆などは使わず、便箋にボールペンだ。

とくに若い人は、手紙はハードルが高いと敬遠しがちだが、大事なのは形ではなくあくまで中身。私のところにもときどき、拙著を読んだ若い人から会いたいという手紙が届くが、その理由がきちんと書いてあり、さらに文面から真剣さが伝わってくれば、じゃあ食事でもしようかという気持ちになる。

相手が現役世代の人なら、ペンをとるのではなく、メールやフェイスブックへのメッセージでもいいだろう。だが、70歳以上の方に何かを伝えようというときは、そういうものより手紙のほうが向いている。しかもその年代の人たちは、貴重な情報を山のように持っているし、それを後進に伝えたいと考えている人も少なくない。手紙を書くといっても必要な時間はせいぜい20分。それで未来が開ける話が聞けるかもしれないのだから、躊躇などせずどんどん書けばいいのである。

テラモーターズ社長 徳重徹
1970年、山口県生まれ。九州大学工学部を卒業後、大手損保に入社するも29歳で退職。米国への留学、シリコンバレーでのベンチャー支援事業を経て2010年、テラモーターズを創業。アジアを舞台に奮闘中。