なぜ悪いこととは知りながら、妻以外の女性にひかれてしまうのか。浮気の誘惑を越え、夫婦関係をよくする方法を、全世界で5000万部を超えるパートナーシップ本の名著、『ベスト・パートナーになるために』を記したジョン・グレイ博士に聞いた。(聞き手:ファミリー・リレーションシップ専門コーチ 塚越悦子さん)

なぜ女はムダに話したがるのか

【塚越悦子さん(以下、塚越)】私はこれまで、多くの国際結婚カップルの相談に乗ってきました。国際結婚のメリットの一つとして、「二人は違う」ことが最初から明らかだということがあると思うんです。

【ジョン・グレイ博士(以下、グレイ)】それには100%同意します。

【塚越】でも、相手が外国人だというような、分かりやすい違いがない場合には、ついお互い「親しいのだから同じ考え方をするはず」と思ってしまいますよね。これはどうしてなんでしょうか。

【グレイ】相手が違う国から来たことが分かっていれば、例えば自分が理解できない相手の言動に対しても「自分とは違う。どうしてだろう?」と好奇心を持つことができます。しかし、自分と似たような環境で育った相手は、同じような外見をして、同じ言葉を話すのだから、自分の発言の意図を分かるはずだろう、と期待してしまうんです。

【塚越】同じ人なんていないのに。

【グレイ】親子に関する冗談があります。「親は子どもに無条件の愛情を注ぐ――子どもが言葉を覚えて話し始めるまでは」(笑)。子どもが話し始めて、自分とは違う意見を言ったりすると、親は怒ってしまいがちですが、それが親子の愛情に満ちた交流の妨げとなってしまいます。「自分が知っていることを相手も知っているはずだ」とか、「相手も同じように考えているはずだ(そうするべきだ)」という期待感が邪魔をするのです。

【塚越】私も3人の男児の母なので、心当たりがあります……。

【グレイ】気を付けないとそうなってしまうものなのです。男女の例で考えてみましょう。男性が女性に「そんなに大げさに捉えなくてもいいじゃないか」と言ったとします。女性は「大げさになんて捉えていないわよ。ただ話したいだけ」と答えますが、それに対して男性は「大げさに捉えていないんだったら、それについて話す必要はないじゃないか」と答えます。これでは話がかみ合いません。

【塚越】これは男女間で「あるある」な話ですね。

【グレイ】女性が話したいのは、それによってパートナーとのつながりを感じて気分がよくなるからこそ、それよりもっと楽しいことを話したいと思うのですが、男性にはそのロジックは理解できません。でも女性にとっては、話すという行為自体が女性ホルモンを刺激し、ストレスを軽減する働きがあるんです。女性と男性の身体的な違いがあるので、女性にとって心地よいと感じる「話す」という行為が男性にとってはそうでないという状況があります。もちろんそうでない場合もありますが、基本的にほとんどの人は「男女にそこまでの違いがある」ということを理解していません。

【塚越】なぜ男女の違いが分からないのでしょうか?

【グレイ】男女が違うということに気が付かない理由として、教育が挙げられます。学校で「男女は平等だ」ということを教えられるために、それがやがては「男女は同じであるべきだ」そして「男女は同じだ」となってしまうのです。しかし、これは幻想です。男女が同じだと考えれば、よりお互いに分かりあえて仲良くできると思っているのでしょう。私が目指しているのも、実は同じで、男女が分かりあい仲良くすることなんですよ。でも、私のやり方は、男女がお互いの違いを理解し、尊重し、お互いのニーズを満たす方法を学ぶことで、愛して、愛される人生の素晴らしさを伝えています。

男女で異なる浮気のメカニズム

【塚越】違いを尊重しながら相手について学ぶことが大事なんですね。夫婦の間の絆を脅かす大きな問題の一つに、浮気があります。相手に浮気されないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

【グレイ】まず、浮気をする理由について理解することです。それも男性と女性では違うのです。女性は、家庭において情熱を感じられない場合に浮気に走る傾向にあります。二人の関係が倦怠期を迎えてつまらなくなったり、ケンカばかりするようになったり、理解されないと感じたり……夫のことは愛しているのでしょうが、心を開いて愛情を感じることができなくなってしまうのです。

【塚越】長年一緒にいると特に、よくあるケースですね。

【グレイ】その女性の前にまったく知らない男性が現れて、見つめられたらどうなるでしょう。とても刺激的で、トキメキを感じて生き返ったような気持ちにさせてくれる相手だとしたら、関係をもつことに踏み切ってしまいたくなるでしょう。一方、男性が浮気をする理由の一つには、一生同じパートナーと添い遂げるということの価値を理解していないということが挙げられます。男性は、家庭生活にとても満足していて、奥さんといい関係を作っていても、例えば出張などで海外に行って、美しい女性と二人きりになり、その女性が意図的に肌を露出するというような状況があると、ついその気になってしまうものです。これは純粋に生物学的な現実なのです。

浮気がもたらす負のスパイラル

【塚越】男性が浮気するのは、愛情とはまた別の話なんですね。

【グレイ】はい。その女性に愛情を感じているかどうかはまったく関係ありません。浮気をする男性の中には、奥さんを愛している人も大勢います。でも「浮気をする機会がある」というのは男性にとって大きな動機になるのです。奥さんとの性生活に満足していたとしても、また違った種類の興奮を得られるかもしれないと思うと、つまみ食いをしたくなるのです。一人の人だけを愛し続けることの価値を本当に理解するまでは。それが私が伝えているメッセージの一つでもあります。一人の人とパートナーシップを築いてお互いにずっと情熱的な関係を保つためには、お互いに浮気をしないということが必要不可欠な要素です。他の人と性的な関係を持つことは、パートナーとの間に関係を育てることの邪魔をしてしまうのですから。

【塚越】信頼関係という意味において、でしょうか?

【グレイ】それもそうですが、身体的な観点からもそう言えます。例えば、パートナーとのセックスによって「愛情ホルモン」ともいわれるオキシトシンが放出されると、男性ホルモンであるテストステロンが下がります。これを再び同じレベルに増やしていく過程で、他の女性に目が行くと、脳内にドーパミンがでてきます。浮気というのはバレたらどうしようという危険もありますし、それだけでワクワクするものです。そしてドーパミンはテストステロンを増やします。そこで他の女性と身体の関係を持ってしまうと、パートナーである奥さんに魅力を感じなくなってしまうものなのです。

【塚越】うーん、なるほど。単にモラルの問題というだけでなく、体にも変化があるのですね。

【グレイ】そうです。その結果として、男性が女性に魅力を感じていなければ、奥さんも彼に対してオープンになれません。心を閉ざしたまま夫婦関係を続ければ、それは彼にも伝わり、彼女への興味はますます失われてしまいます。そこで、他の女性との浮気に走るという状況になるのです。また、奥さんへの興味を失う過程で、日本でも蔓延しているポルノを鑑賞するという人も大勢いるでしょう。それ自体は実際に生身の人間を相手にする浮気ではないので、モラル的によくないというわけではないかもしれません。でも、奥さんに向けられるべきエネルギーを無駄に使ってしまっているという点では、結婚生活にダメージを与えていると言えます。

【塚越】浮気をすると、パートナーシップに使われるべきエネルギーが分散されてしまうということなんですね。

「パパ・ママ」から男女の関係に戻るには?

【塚越】日本では夫婦に子どもができると、お互いに「パパ」「ママ」と呼び合ったりして、何よりもまず「親である」という役割を優先させる傾向があります。その結果、子どもが生まれる前のような男女のパートナーという関係を持続させるのがなかなか難しいという印象があります。子どもができる前の二人に戻るためには、どうしたらいいのでしょうか。

【グレイ】どんな人間関係もうまくやっていくために必要なことは、その関係をよりよくしていくために努力することです。本を読む、セミナーに出る、カウンセリングを受けるなどもその一つでしょう。もっとお金を稼ぐ方法を知りたい人はセミナーに参加したり、新しいコンピューターのソフトを買ったら、マニュアルを読んだりすると思います。現代の人々にとっては、人間関係をうまくやるということはとても難しいことなんです。世界中を見ても、仕事でとても成功している人でも家庭生活はボロボロだったりします。彼らが誠実な人間ではないからというのではありません。どうすればパートナーとよい関係を築けるのかを知らないだけなのです。誰でもそういった継続的な学びをすることなしに、よい関係を維持できると思いこんでしまうのは少し傲慢(ごうまん)に感じます。もったいないことだと思いますよ。パパとママになったとしても、家族の基本の関係である夫婦関係をよくするために、もっと努力する必要があると思います。

塚越悦子(つかごし・えつこ)
ファミリー・リレーションシップ専門コーチ。My Peaceful Family代表。
東京大学文学部卒業。モントレー国際大学院で行政学修士を取得後、国連に就職。2002年にアメリカ人の夫と結婚し渡米。アメリカでライフコーチの資格を取得し、国際結婚カップルの相談を受けてきた。現在は一家で日本に住み、最高のファミリーを作るための婚活サポートやリレーションシップ・コーチングなどを行っている。著書に『国際結婚一年生』(主婦の友社)、訳書に『異性の心を上手に透視する方法』(プレジデント社)がある。ウェブサイト(http://www.mypeacefulfamily.com)で恋愛・結婚・家族をテーマに情報発信をしている。『異性の心を上手に透視する方法』Facebookページ(https://www.facebook.com/iseinokokoro)。