東京は15年間で孤独死の発生件数が5倍!

単身のアパート暮らしの高齢者が増えていますが、大家さんにとって最も怖いのは「孤独死」です。発見が遅れると死体の腐敗が進み、部屋が汚れます。夏場はもう、目も当てられないような惨状になるそうです。

そこで、入居している高齢者が孤独死した際、特殊清掃や遺品整理などの費用が下りる、家主向けの保険が拡大しているそうです。家族の絆が希薄化している現在にあっては、需要はあるでしょう。

社会問題になっている孤独死ですが、数でみてどれくらい起きているのでしょう。正確な統計はありませんが、当局の死因統計から、その近似値(相似値)を知ることはできます。

「立会人のいない死亡」という死因カテゴリーの死亡者数です。死亡時に立会人がおらず、死因が特定できない者です。厚労省『人口動態統計』によると、このカテゴリーの死亡者は2014年では2251人となっています。前世紀末の1999年では665人でした。増えていますね。

図1は、人口100万人あたりの数の推移です。全国と大都市・東京のカーブを描いています。

凹凸はありますが、今世紀以降、孤独死の発生率は上昇の傾向にあります。

「孤族化」という社会変化が可視化されているようで、ちょっと悪寒を覚えます。東京ではそれが顕著で、この15年間で孤独死の発生率は5倍近くに増えています。大都市では、人間関係が希薄なためでしょう。

孤独死発生 最低は目黒区、最高は……

なお、大都市・東京の内部でも、孤独死の発生率には地域差があります。

指標が異なりますが、東京都監察医務院の孤独死統計を使って、この点も明らかにしてみましょう。この資料でいう孤独死とは、自宅で死亡した、単身世帯の異状死者のことです。異状死とは、内因か外因か、はっきりとした死因を特定できない死を意味します。

上記の資料には、この数が都内の23区別に掲載されています。これを各区の15歳以上人口で除して、23区の孤独死発生率を試算してみました。図2は、結果を地図にしたものです。左は2003年、右は最新の2014年のマップです。

最近になって、地図の模様が濃くなってきています。どの区でも、孤独死の発生率が上がっているためです。2014年の最高値は台東区の84.4、最低値は目黒区の33.4であり、この両端では倍以上の開きがあります。

ブラックの地域が固まっていることにも注目。個々人の個別事情を超えた、孤独死の社会的要因のようなものを感じさせます。

23区の平均年収と孤独死出現率の関連は?

それが何かを突き止めるのは難しいですが、試みに、住民の経済力との関連をみてみましょう。2013年の総務省『住宅土地統計』から23区の平均世帯年収を計算し、2014年の孤独死出現率(図2の右側)との相関をとってみました。図3をご覧ください。

例外はありますが、平均世帯年収が低い区ほど、孤独死の出現率が高い傾向にあります。いわゆる負の相関です。相関係数は-0.6876であり、統計的に有意と判定されます。都内23区のデータですが、貧困と孤独死の相関のマクロ表現といってよいでしょう。

言わずもがなですが、相関と因果は違います。

「貧困→餓死」ならまだしも、「貧困→孤独死」というダイレクトな因果経路は想定しにくい。しかし、自分のみじめな状況を親族や知人に見られたくない。それで他者との関係を一切断ち切って引きこもってしまう、という面はあるかと思います。常識的に考えられることですが、真因は、社会関係資本(人付き合い)の量でしょうね。

現代の高齢者が孤独死しやすい理由

単身の高齢者を外に引っ張り出そうと、いろいろな取り組みがなされていますが、出てこない人は出てきません(私も、そういう老人になると思います)。単身高齢者が多いエリアに目星をつけ、定期的な安否確認をしようにも、人手不足でこちらもなかなかうまくいかない。

しかし、現代はIT社会です。単身高齢者にスマホを渡し、1日1回でもツイッターで何か呟いてもらう。これも立派な安否確認になるでしょう。

私はツイッターをやっていますが、3日ほど小旅行に行った時、ツイートが途絶えたことがありました(私はスマホを持っていません!)。すると、見知らぬ人から「ツイッター止まってますけど、大丈夫ですか」というメールがきているではありませんか。SNSには生存確認の機能もあるのだな、と思った次第です。

われわれの世代はこの種のSNSに馴染んでいますが、より下の世代は、幼少期からそうである「デジタル・ネイティヴ」世代です。この世代が高齢者になる頃は、孤独死はあまり問題化していないのではないかと、少しばかり楽観しています。

社会の変化に伴い、人と人とのつながりは「アナログ」から「デジタル」に移行しています。今の高齢者の不幸は、こうした変化の過渡期にいることです。リアルな付き合いが減っている(孤族化)にもかかわらず、それを補うデジタルな交流の術も持ち合わせていない。孤独死は、こういう状況の所産であるともいえます。

それゆえに人為的な働きかけが求められるのですが、まずなすべきは、ITによる安否確認のネットワークを構築することではないでしょうか。このような実践のケースがすでにあるのなら、その成果がどういうものかを知りたく思います。