見た目が少々悪くても、話がうまければ、たぶん女性にはモテる。では、会話というファクターを除いた場合、モテる外見のポイントはどこにあるのか。キャバ嬢18人に聞いてみた。

一言で「見た目」というのは簡単だが、「見た目」に抱く評価は見る人によって違いがある。気になるのは若い女性から見た「オトコの見た目」だ。今回はキャバクラで働く女性18人に「話が面白い」「ノリがいい」といった言語によるコミュニケーション要素を除いた、あくまでも「見た目」についてアンケート調査をしてみた。

「銀座のクラブだとお客様のほとんどが常連や紹介ですから、女の子たちも『見た目』以前に、『会社名』や『肩書』という情報を意識せざるをえませんから、ウチのようなカジュアルなお店のほうがストレートな回答が期待できると思いますよ」と言うのは、ご協力していただいた中目黒「IRIS」の片山紀久店長。

彼女たちは、ほとんどが昼間は学生やOLといった、いわゆる、「フツーの女子」である。その「フツーの女子」の3分の2が『自分は男性を見る目がある』(Q1)と答えている。では、男を見る目を持った彼女たちは男性のどのへんをチェックしているのだろうか?『第一印象で好印象を与える要素は?』(Q2)という問いには、半数近くが『顔立ち』と答えている。やはり、第一印象は顔なのだ。といっても、この場合「イケメン」という意味ではなく、その人の性格や人生が表れる情報としての顔と考えていいようだ。

顔の次に多かったのが『雰囲気』という答え。漠然と雰囲気といわれてもよくわからない。「いい雰囲気」はどんなところに表れるのか?『好印象を抱くポイントは?』(Q5)という問いには、8割近くが『話し方』と答えた。『声』『表情』もそれぞれ6割、4割との結果となり、フリーアンサーでも「渋い声に惹かれる」「笑顔に品があるか」との回答が目立った。予想以上に多かったのが『飲み方・食べ方』。女性にとっては、飲み方・食べ方も初対面の男性の情報を読み取るポイントになっているのは知っておきたいところ。『イケメンでないのにモテる男性とは?』(Q4)との問いでは、『清潔』『センスがいい』『リッチそう』という回答がそれぞれ3割を占めた。ちなみに「大企業に勤務」の回答はゼロ。『清潔』『センス』『リッチそう』。これが重要な3本の矢なのだ。

〈清潔・センスよし・リッチそう〉でいこう

「清潔」を判断するポイントは、約9割が『頭髪・ヘアスタイル』と回答し、次いで、『口元・歯』『ヒゲ』『体臭』が並んで6割弱。以下、『爪』『体毛』と続く。「さっぱりとした髪型が好き」「ヒゲはあるほうが好みだけど整えて」というコメントもあるように、不潔なのが嫌われるのは言うまでもない。

清潔に関していえば、何とかしようと思えば自分で何とかなる部分が多い。エチケット、つまり他人への心配りができる人かどうかがジャッジされているのだ。

次に「センス」はどこで判断されるかというと『ブランド』『流行』という回答はともに約2割と低く、1番多かった回答は『清潔感』と『コーディネート』。また、『サイズ感』という回答も4割を超えている。最先端の高級ブランドでも、色使いが変だったり、「つんつるてん」であったり、ましてや、「フケ」が落ちていようなものなら、アウトということ。これらも、自分が人からどう見られるか、という意識があるかないかだ。

3つ目の「リッチそう」はどこで判断するのか。実際にお金を持っているかどうかは定かではないにせよ、彼女たちは、『態度』『雰囲気』で察するとのこと。「金持ちぶっている」のは、あっさり見透かされるそうで、横柄な態度はもちろん論外。「落ち着いて、謙虚な人に余裕を感じる」らしいので、ガツガツしないこと。『判断するアイテムは?』(Q6)との質問では、1位は『靴』。以下、『時計』と並んで『香水』。『指輪』『眼鏡』『カバン』と続く。選択肢になかった『財布』というコメントも多く、女性は「よく見てる」と思わざるをえない。とりあえず、店に行く前は靴を磨こう。『見た目と出世には関係があるか』(Q3)を尋ねてみたところ、実に8割近くが『関係がある』と答え、『出世しそうな男性はモテるか?』という問いには7割近くがイエスと回答している。

ここまででわかったことは、モテる男は、自分自身へのセルフチェックができていて、相手への気配りもできる男。そんな男は出世する可能性も大きいということだろう。

最後に一番知りたい『好印象を抱いた相手に望むこと』(Q7)の答えはというと『またお店に来てほしい』がトップで、次が『お店でお金を使ってほしい』とのこと。「豪遊しなくても、毎回1時間でも毎月来ていただくほうが好印象みたいですよ」(片山店長)。

期待した『抱かれたい』という回答はゼロだった。