部下も上司の力量を冷静に判定している

ビジネスでも売上を上げるのが簡単な時代と、大変難しい時代があります。10年前は好景気だった業界が、今は閑古鳥が鳴いていることも少なくありません。会社の状態が好ましいとき、社会が全体として豊かな時は部下も黙って上司についていきます。誰について行っても、結果はそれほど大きく変わらないからです。

ところが乱世は違います。浮かぶ組織と沈む組織ではっきり明暗がわかれてしまう時代には、部下も誰についていくか、口にこそしませんがじっと上司の能力や人望を判定しているのです。能力が低い上司についていけば、自分もそのとばっちりを食う可能性があるのですから。部下も真剣に値踏みし、仕事ができない上司の足元を見てくるわけです。

200年、後漢崩壊のときに最大軍閥と言われた袁紹軍と、曹操の軍が激突する官渡の戦いが行われます。勝った者が、中国の中北部の覇者となる(日本の)関ヶ原の合戦のような重要な瞬間でした。

若い頃から王佐の才(王者を輔佐する能力)があると言われた天才参謀の荀イクは、一度は袁紹陣営に身を寄せながら、袁紹の能力に見切りをつけた曹操に仕えました。その彼が、決戦のときに2人のトップを、次のように比較して見せました。

【袁紹(えんしょう)】
●袁紹は鷹揚に構えているが猜疑心が強く部下の心を疑う
●袁紹は優柔不断で謀略を用いる機会を逃す
●袁紹は軍令をいきわたらせず兵力を使いこなせない
●袁紹は名門を鼻にかけて教養をひけらかして評判ばかり気にする

【曹操】
○曹公は適材適所である
○曹公は決断力に富む
○曹公は信賞必罰なので兵士が死ぬ気で戦う
○曹公は質素に振る舞い功績を挙げたものに賞を惜しまない

優れた部下が「期待に応えたい」と思う上司

「この四点に勝る曹公が、天子を奉じて正義の戦いを起こすのであるから、袁紹に負けるはずがない」(書籍『三国志 演義から正史、そして史実へ』より)

袁紹の圧倒的な大軍の攻勢で、一度は苦境に陥った曹操軍は、荀イクらの策謀で敵を内側と外側から切り崩し、最後は曹操軍が勝利を収め、ほどなく袁紹は病死します。

袁紹の最大の敗因は、部下の能力や優れた献策をすぐに採用せず、ぐずぐずして決断力もなく、チャンスを活かすことができなかったことです。

最大派閥だった袁紹軍にも、優れた軍師や参謀は存在していました。しかし彼らの渾身の作戦も謀略も、トップである袁紹が活用できなければ何の意味もありませんでした。

曹操陣営の知略をになった荀イク、そして郭嘉(かくか)などの人物は、袁紹のトップとしての能力を見限ったことで、結果的に敗残の軍でみじめな敗死をすることを避け、天下に覇をとなえる曹操と共に、歴史に勝れた足跡を残すことになったのです。

現代ビジネスでも、優れた能力を持つNo.2タイプの人材は、自分をフルに使って能力を発揮させてくれる、勝てる上司を見つけて下につくことに熱心です。沈む船、勝てない上司に最後までついていくのは、ビジネスシーンでも、たいていの場合は能力の低い人たちです。なぜなら、現状にしがみ付くしか、ほかに方法を思いつけないからです。

荀イクの紹介で曹操にあった郭嘉は、曹操と天下の情勢を論じますが「私に大事業を完成させてくれるのは必ずこの人物だ」と曹操に言われます。また郭嘉も「このお人こそ、まことの私の君主だ」と喜びました(書籍『正史三國史群雄銘銘傳』より)。この時、郭嘉はわずか28歳です。

曹操は若手でありながらもずば抜けた才能を持つ郭嘉を重用し、彼の献策によって何度も危機を潜り抜けて、劇的な勝利を重ねます。曹操は、優柔不断な袁紹とことなり、才能に溢れた者を見抜き、彼らを信じて大きな活躍の場を与えたのです。曹操の配下の武将、参謀、軍師は、いずれも曹操の期待に応え、彼のために献身を惜しみませんでした。

部下を目標の達成だけに邁進させた曹操

現代でも「このリーダーを支えたい」「この上司についていきたい」と周囲に強く思わせる人物ほど、やはり結果を出しているものです。そのような人物(上司)は、部下も周囲にいることで、自分の能力を発揮させてもらえ、組織の勝利に貢献できている充実感を与えることができるものです。

部下の能力を引出し、活躍の場を与える上司と、自分の体面だけを大切にして、能力のある部下さえ押さえつけてその仕事ぶりを疑うことしかしない。三国志の歴史は、どちらのリーダーが勝利を収めるのか、曹操と袁紹で劇的な結果を私たちに伝えているのです。

曹操は人材、特にずば抜けた才能を持つ人材を愛しましたが、同時に組織管理においてはメンバー個人の甘えやわがままを一切許しませんでした。それゆえに、優れた人材が集まりながらも分裂せず、一致団結して曹操軍の勝利へと突き進むことができたのです。

一方の袁紹は、もともと他陣営にいた田豊(でんほう)という優れた軍師を招聘して、自軍に組み入れていましたが、同じ袁紹陣営にいた逢紀(ほうき)という人物が田豊と仲が悪く、彼の悪口を袁紹に吹きこみ続けたことで、優れた田豊の策謀がすべて否定され、袁紹軍は、才能ある者と口が達者な者が争い、バラバラに分裂して無残な敗北を喫しました。

袁紹は包容力のあるリーダーの仮面をつけながらも、部下への信頼と甘さをはき違えており、脱線する部下に甘く、組織のメンバーを全体目標に向けて集中させることができませんでした。一方の曹操は、才能を愛し部下を信頼しながらも、目標と関係ないことをする者、仲間の足を無意味に引っ張ろうとするものを遠ざけたのです。

部下を信頼する姿勢と目標達成への厳しさはセットでなければならず、甘さを情け深いことと勘違いしているリーダーは、横着者には慕われますが、組織を勝利に導くことはできません。信頼と甘さをはき違えなかった曹操は、部下に愛されながら勝利を重ねることができたのです。