AIの進化で人間の役割が「シフト」してく

AIとウェブの進化が進む。これを受けとめる新しい事業のあり方、そして働き方や生き方についての議論が続く。

ゲームは、人工知能(AI)が大きな成功をおさめている分野のひとつだ。今年3月には、グーグルが開発したAI「アルファ碁」が、世界のトップ棋士との対局で4勝1敗と勝ち越し、ニュースとなった。ゲームにとどまらない。車の自動運転でも実用化が進む。長崎県のハウステンボスの「変なホテル」など、フロントでのチェックインを、バイリンガルのロボットに任せるようなホテルも登場している。

こうした進化が進めば、多くの職種がAIに取って代わられていくことが予想される。ウェブの行き渡った現代では、この代替が広まる速度は一段と高まる。とはいえ、AIとウェブの進化によってすべての人間が仕事を失うわけではない。20世紀の産業革命もそうだった。人間の役割がなくなるのではなく、「シフト」していくと見るのが妥当だろう。

教育ビジネスの分野でも、同様の動きが見られる。AIとウェブの活用が広がるなかで、教室での講師の役割のシフトが進んでいる。「スタディサプリ」(https://studysapuri.jp/)は、リクルートが2011年に開始した、ウェブ配信の教育サービス事業である。当初の大学受験講座と高校講座(旧「受験サプリ」)から、中学講座、小学講座、さらには英語学習へと事業が広がる。2015年には有料会員が累計25万人を突破するなど、成長が続く。

「スタディサプリ」の料金は、月々980円。受講生は、パソコンやタブレット、あるいはスマホなどからアクセスし、ウェブ配信されるビデオ講義で学習する。「スタディサプリ」の高校講座・大学受験講座には、3000ほどの講義が用意されている。教えるのは、トップ予備校などの教壇に立ってきた有名講師たちである。

AIを活用したウェブ配信の教育サービス

高校生たちの毎日は、勉強に加えて、学校行事に部活動と忙しい。なかでも地方に住む現役高校生たちにとっての悩みは、高度な受験教育を求めても、それに応えてくれる予備校や講師が、東京などの大都市圏に集中していることだった。「スタディサプリ」は、この従来型予備校の展開力の限界を乗り越えるべく開発された。ウェブ配信のビデオ講義であれば、場所や時間に制約されずに勉強できる。また教室が不要なことなどから、低コストの事業展開も可能となる。

ウェブというデジタル空間でのサービスは、AIの活用も進めやすい。たとえば、講義の単元ごとの確認テストなどの採点は、AIを使えば自動化できる。あるいは、受講生が理解に困難を覚えたり、ミスをしたり、興味を失ったりしやすい箇所の把握は、教室のアナログの講義では、受講者の表情や、確認テストなどの得点の全体的な傾向から、講師が直感的に判断するしかなかった。

ところが、ウェブ配信の講義であれば、受講者1人ひとりが、どこで視聴を止める(興味を失う)ことが多いか、そしてどこで視聴をリプレイする(わからず、戸惑う)ことが多いかを計数化し、問題箇所を客観的に把握できる。こうした講義視聴データを、さらにAIを駆使して、確認テストの個々人の回答とつき合わせていけば、講義や教材のシステマティックな改善につながる。

さらにAIを活用したウェブ配信の講義は、優秀な講師を惹きつけるインセンティブにも長けているように思われる。

教育者として本当に優れた人材とは、単に有名であったり、話芸に富んでいたり、知識が豊富だったりするだけの人ではない。彼らが一線に立ち続けることができるのは、向上心に富み、それを満たすための行動を絶やさないからだ。このような人たちには、AIを活用したウェブ配信は、直感だけに頼る講義よりも、自らの解説方法の改善や、教材の開発などを加速化する、やりがいのある講義の方法となる。

そしてウェブ配信であれば、年1回ほどのビデオ撮りさえすませれば、対面型の講義とは違い、各所の教室に出向かなくても多数の受講者に対応できる。収入を確保しつつ、より多くの時間を自らの講義スキルの向上や、教材の開発に投じることができるようになる。

教育効果を高める生徒のモチベーション

AIを活用したウェブ配信を行えば、低コストで高度な内容の教育サービスを、場所や時間に制約されることなく提供できるようになる。とはいえ、教室での対面の指導が完全に不要となるわけではない。ウェブ配信の講義にも、弱点がないわけではないからである。

チェスにおいては、すでに1997年の時点で、IBMのAI「ディープ・ブルー」に世界チャンピオンが敗れている。現代の経済学の著名な論客であるT.コーエン氏は、AIの能力が人間の知能を上回るようになった後のチェスの学習に生じた変化について次のように語る(『大格差』NTT出版、2014年、pp.233-235)。

かつて、チェスの初心者は、格上のプレイヤーとの対局の経験を積むために、優れた指導者に師事する必要があった。しかし現在では、コンピュータと対局すればよいわけで、この点では人間の指導者の必要性は弱くなってきている。また、最初の差し手のレパートリーなどについても、コンピュータに教わることができるようになっている。ところが依然として、人間がチェスを学ぶには、人間の指導者が必要とされている。

ただし、そこでの人間の指導者の役割は、チェスの指し手そのものの指導から、チェスの学習へのモチベーションを高めたり、真面目に取り組む姿勢を引き出したり、心理面の技術を伝えたりするコーチング的なものへとシフトしている。もちろん、こうしたコーチングについても、ウェブを用いれば、対面指導よりはるかに低いコストで提供することが可能なのだが、それは人気がないという。

コーエン氏は、その背景にあるであろう人々の思いを、次のように代弁する。

「天才的なマシンに実用的な機能を任せたいとは、たしかに思う。けれども……人生の意味を見いだ……すことに関わる領域は、コンピュータに委ねたくない」(前掲書p.193)

教育の成果を高めるには、教える内容の質に加えて、教わる側のモチベーションの形成が必要である。AIとウェブの利用が進むなかで、はっきりしてきたのは、人間の指導者や講師は、教室でこの2つの仕事を行っていたということである。AIを活用したウェブ配信の講義の弱点は、後者のモチベーションの育成にある。学ぶ者のやる気を引き出し、あこがれの対象やお手本となるという点では、人間の指導者や講師に軍配があがる。

仕事と仕事を新しいかたちにつなぎ直す

「スタディサプリ」はどうか。確かに世の中には、タブレットの画面を前に、誰にも強制されない環境で黙々と課題に取り組むことが苦にならない人もいる。しかし、その数は限られる。こうした意識の高い受験生だけをターゲットにしていては、市場はなかなか広がらない。

「スタディサプリ」は、この限界の克服を、高校との連携を通じて実現している。

15年に「スタディサプリ」を導入した高校は、約700校にのぼる。この動きがこれだけ広がったのは、教室の生徒個々人のレベルに合った学習の提供が可能になるからである。さらに「スタディサプリ」は、導入する高校に向けて、教員用の管理システムを用意しており、これは生徒一人ひとりの学習の進捗を踏まえた指導に役立つ。

この連携は、高校と「スタディサプリ」の双方に利点がある。「スタディサプリ」を導入した高校では、教員が自らの役割を、先ほどのチェスの指導者のようにシフトさせていく。そうすることで、教える内容の質については、教室の一斉授業では不可能な、高度な個別指導が実現する。一方「スタディサプリ」にとっては、その弱点であった受講者のモチベーションの育成がカバーされ、意識の高いトップ層から、マス層へと市場が広がる。しかも、このやり方であれば、対面型の教室を新たに各地に開設する必要もなく、大きなコストを投じずにすむ。実際、高校との連携を拡大した15年に、「スタディサプリ」の会員数が大きく伸びたのは前述の通りだ。

AIとウェブの進化は、人間の役割のシフトを迫る。このような時代だからこそ、組織と組織、あるいは仕事と仕事の関係を、新しいかたちにつなぎ直せば、事業の組み立て、そして私たちの働き方や生き方の新しいスタイルが実現する。「スタディサプリ」の躍進を振り返ることで、今の時代のこうした可能性が見えてくる。