「家賃無料」で田舎暮らしが半年間体験できる福井県鯖江市の「ゆるい移住」プロジェクト。県外からの体験移住を希望する若者に住居を一部無料で貸し出すもので、この3月、予定していた半年間の実験期間を終え、7人が終了後も鯖江市に残って生活することになった。総括の記事は改めて掲載するが、企画者の若新氏が、プロジェクトを通じて気づいたことをまとめていく。
(プロジェクト詳細は連載33回参照:http://president.jp/articles/-/16305

就職よりも、「生業(なりわい)」をつくる

「ゆるい移住」プロジェクトには半年間で15人の若者が参加し、県外出身の若者が7人、鯖江に残りました。実験的な移住プロジェクトとしては成功です。4月からは、ある地元の経営者が所有する空きアパートまるまる1棟を無料で貸してもらえることになり、メンバーの大半はそこで新たな共同生活を始めています。

新天地の地方のまちで、いわゆる「よそ者」の若者たちはどんな生活をしているのか。一気に7人も移住したとなると、気になる人はたくさんいるようです。若者の地方移住については就職とセットで語られることが多いのですが、内情をみると、いわゆる「就職」をした人は1人もいませんでした。

地方のまちでの新しい生活に挑戦する若者たちに、まずは就職して収入の基盤からつくろうという発想はあまりないようです。会社組織との雇用契約の形などにもまったくこだわりません。

では、彼らはどんな生活しているのかといえば、「生業(なりわい)」をつくろうとしている、という表現が適切なのかもしれません。

自分の得意分野を生かして塾を始めたメンバーもいれば、まったく新たな活動として林業に関わる人や、コミュニティスペースの運営を手伝いながらいろいろな地域活動に関わっている人、元々やっていたIT関連の仕事に従事しながら、都会と地方の二拠点生活を試みているという人もいます。

そしてそれは単に、新しい働き方に挑戦している、というだけのことでもなさそうなのです。

「ほんとうはやりたいこと」にエリートが挑戦!

鯖江に残ったメンバーたちは東大などを卒業した極めて高学歴の若者や、起業経験があったり、プロスポーツをしていたりと、とにかく経験豊富な人たちです。そんな彼らが田舎のまちで取り組んでいるのは、人間が『生きる』ということを前向きに模索したり、それに必要な仕事や生業も含めて暮らしを豊かに面白くしていったりという挑戦なんだと思います。人間として生きる暮らし、僕は「人間生活」と呼んでいます。

彼らが目指しているのは、そんな人間生活の質を、可能性を拡大しながらアップデートしていくことなんだろうと思います。そのためには、目先の収入の確保よりも、地方のまちでしか模索できない新しい生活の可能性を、貪欲に追求していくことの方が大切です。その中で必要な仕事があればしっかりと働き、お金がついてくるように工夫する、というスタンスを彼らに感じます。

東大卒のメンバーは、鯖江のまちで塾を始めました。手っ取り早く稼ぎたいのなら、進学希望者に受験対策を教えるのが一番でしょう。共働きが多い福井の家庭で、高い月謝を払ってでも子どもにいい先生をつけたい親はたくさんいます。

ところが、彼が始めたのは進学塾ではありませんでした。おそらく、塾や予備校の経営者などがよく言うような、「ほんとうは、受験に関係なくこういうことを若者に学んでほしい」というようなことを、真正面からやろうとしているのだと思います。つまり、「学び方」や「考え方」のトレーニングなど、受験に限らず学校や職場で役立つようなプログラムを、あらゆる世代に提供しようとしています。

このようなプログラムはなかなかお金にはなりにくいかもしれませんが、少なくとも本人がものすごく楽しそうに、夢中になって取り組んでいるのを感じます。それはつまり、収入の確保よりも、「ほんとうはやりたいこと」や人生の可能性に挑戦することで、日々の充実感や意義を見出しているというとなんだと思います。

田舎のまちが可能にする、「人生の実験」

そして、そんな挑戦を、目先の収入にしばられることなく思う存分できるのは、地方のまちだからこそではないかと感じています。

いくら稼げる仕事があっても、それに忙殺されてしまえば新しいことを挑戦する時間はつくれないし、貯蓄の少ない20代の人が、日々暮らすだけでかなりのお金が必要な都会の中で、収入を気にせずに時間をかけて模索する、ということはほとんど不可能です。

つまり、地方の田舎まちに暮らす最大の魅力は、単に飯がうまいとか、余裕をもって生活できるといったことではなく、都会の社会システムの中ではなかなかできない、「壮大な人生の実験ができる」ということなのかもしれません。

「ゆるい移住」の参加メンバーは、それまでの人生が決して不遇だったわけではありません。けれども、「このままでいいのかな」というような、ぼんやりとした違和感はあったのだと思います。そして、鯖江のまちにきて、人生の「改善」なんかではなく、ひたすら「実験」をしていたんだと思います。

「ゆるい移住」が一定の成功を収めることができた要因は、やはり“ゆるさ”にあると僕は思っています。プロジェクトを実施するにあたり、あえて細かいプログラムなどを何も計画しませんでした。部屋の利用方法から生活に必要な物資の調達、実際に鯖江で半年間をどのように過ごすかなどまで、すべて参加メンバーにお任せしました。もちろん、ちょっとしたトラブルやトライアンドエラーはありましたが、ルールや仕組みを最小限にしておくことで、まさに自由な「実験」が促される環境が実現したのです。

このような実験環境を、自治体の公共事業として率先しておこなった鯖江市の決断や、職員のサポート力は、非常に秀逸でした。しかし、おそらく他の地方のまちでも、同じような概念で再現することができるはずです。

まちの商圏規模や求人件数などが、必ずしも人口増加やまちを盛り上げるために必要な要素だとは言えない、そんな時代になってきたのだと思います。「人生の実験」ができる場所を求めている若者が、きっと日本中にたくさんいます。