土地活用を始めるにあたって、どんな賃貸住宅を建てるか。建築費も高騰するなか、コストは極力抑えたいが、一方で数十年先を考えれば品質にもこだわりたい──。これがあらゆるオーナーの共通の思いだろう。そうしたなか、注目を集めているのがPC(プレキャスト鉄筋コンクリート)工法と呼ばれる施工法だ。その優位性はどこにあるのか。一般的な鉄筋コンクリート造と何が違うのか。PC工法のパイオニアである大成ユーレックの小林敬明代表取締役社長に聞いた。

耐震性や遮音性をはじめ多様な利点を持つ

PC工法とは鉄筋コンクリート造の工業化工法で、建物の壁や床、屋根などの部材をあらかじめ工場で製造し、それを建設現場に運んで組み立てる工法のこと。現場で鉄筋を加工したり、型枠を組んでコンクリートを流し込んだりする作業がほとんどないのが特徴だ。

「そのため、天候の影響を受けにくく、少ない作業員で工事を進められるのがメリット。これが、躯体の品質の安定化や工期の短縮につながります。また規格化された部材を量産するため、コストを抑えることが可能。建設費用の圧縮にも大きく貢献します」

大成ユーレックの小林社長はこう説明する。同社は、1963年に大成建設のグループ会社「大成プレハブ」として創業。高度成長期の公共住宅の大量供給を支えながら、分譲マンション、賃貸マンションにも事業を拡大してきた。そして2001年には、さらなる発展を目指して現在の社名に変更。賃貸住宅市場で培った商品開発力やノウハウを生かし、土地活用の総合的なサポートを提供している。

「PC板と呼ばれる部材をジョイントして構築する建物は、耐震性に優れており、地震時の揺れも少ない。室内には柱や梁の出っ張りもないため、使い勝手がよく、本来的にマンションに向いています。当然、遮音性や耐火性、断熱性などの基本性能も優れている。そうした多様な優位性に磨きをかけ、集合住宅の“質の向上”という要請に応えてきたのが当社の歴史です。部材の品質向上や接合部の改良など、独自の技術開発も行い、商品群を充実させてきました」

創業から50年以上、常に市場のニーズを的確にとらえてきた大成ユーレック。同社には、近年、個人だけでなく、法人からの土地活用の相談も増えているという。遊休地など自社の不動産を有効利用し、収益へとつなげていくCRE戦略に取り組む企業が増えるなか、高品質と低コストを両立するPC工法に関心が寄せられているのだ。

「1棟十数戸のものから数百戸のものまで、低層から10階建て以上の建物まで、幅広い物件に対応できることから、おかげさまでさまざまな依頼をいただいています。また法人のお客様ということでは、収益物件のほか、社宅や独身寮、学生寮などの相談も少なくありません。福利厚生施設の整備は、優秀な人材や学生の確保につながるため、再び充実させる傾向が見られます。当社としても、専用の商品を開発するなどして要望にお応えしています」

そしてもう一つ、時代を反映した案件として最近顕著なのが、老人ホームなどの高齢者向け施設だという。

「土地を有効活用しながら、社会にも貢献したい。そうした思いから、個人のお客様も含め高齢者向け施設の建設を希望される方が増えています。そこで当社では、単に建物を建てるだけでなく、施設の運営会社とのマッチングやコンサルティングサービスを提供。長期借り上げによる土地活用などもご提案しながら、スムーズな事業化と安定収入の確保のお手伝いをしています」

約40%のリピート率がオーナー満足の証し

建物というハードだけではなく、周辺サポートなどのソフト面にも注力する。これは、大成ユーレックのもともとの事業スタイルだ。

例えば竣工後のメンテナンスについては、1年目、2年目、5年目、および以後10年ごとに建物点検を実施。状態によって、修繕やリノベーションの提案を行っている。そして、賃貸経営において重要な管理業務。ここでも独自の「U─パートナー管理システム」を整備し、厳選した管理会社の中から最適な事業者を紹介している。地域や物件の種類によって、求められる管理業務の内容には違いがあるためである。

また遡って、物件の企画や設計段階においても、大成ユーレックの取り組みは特徴的だ。契約前の初期段階の打ち合わせから自社の設計士を同席させ、顧客が希望する物件のイメージを最大限くみ取るよう努めているのである。

「例えば『広くて開放的な間取りに』というオーナー様のリクエストがあったとして、具体的にお応えするにはやはり専門の知識が必要。敷地の面積や特性を踏まえた提案でなければ、意味がありません。繰り返しになりますが、当社が最も重視しているのは、市場やお客様のニーズを正確に掴むという基本。それこそが、長期におよぶ賃貸経営を支援するにあたって不可欠なものだと考えています」と小林社長は言う。

実際、同社の顧客のリピート率は約40%と非常に高い。建物そのものの品質の高さに加え、企画力、入居者満足度の高さ、充実のアフターフォローなど、まさに総合的なサポートが支持されている証しだろう。

所有する土地を生かし、そこに新たな価値を創造する──。もしあなたが、土地活用による将来への備えを真剣に考えているのであれば、“大成ユーレックのPC工法”を一度検討してみる必要がありそうだ。