ハワイアンズの運営企業、常磐興産社長を3年前から務めるのが元みずほ行員の井上直美だ。地元出身者が代々社長を務める福島県の老舗企業で、縁もゆかりもない彼は、どうやって会社を変えたのか。

2006年に大ヒットした映画『フラガール』の舞台、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズ。摂氏28度に保たれた館内に突如、スチールギターの音色が響きわたる。フラガールの実演の始まりだ。師走の平日、時刻は12時半を回ったところだ。やがてホテルハワイアンズの玄関前に無料送迎バスが到着し、続々と客が入ってくる。

「アロハー、いらっしゃいませー!」

腰蓑とパイナップルの被り物を身に着けた恰幅のいい男性が、手の親指と小指を立てて振る「シャカブラ」と呼ばれるハワイのポーズで迎える。そこに並ぶオリジナルキャラクター「CoCoネェさん」の着ぐるみと、ハワイの民族衣装のムームーを身にまとった細身の女性が、館内へと客を誘導。やがて13時半から始まるショーを観るため、ビーチシアターのある「ウォーターパーク」に急ぐ一団と、フロントでチェックインし部屋に向かう客とに分かれていく。

(上)到着したお客をウエルカムスタイルで迎える、宿泊統轄支配人の郡司昌弘とゆるキャラCoCoネェさん。(左下)ハワイアンズを代表するプール施設「ウォーターパーク」。右奥が、フラガール・ショーが行われる「ポリネシアン・グランドステージ」。(右下)フラガール・サブリーダーの工藤むつみさん(右)と若手ダンサーの須藤水貴さん(左)。

「このウエルカムスタイルは、今の社長が始めたものです。その前は私、制服でお辞儀をしながら迎えていました。あの頃にこんな格好をしたら『アイツ、頭がどうかしたんじゃないか』と言われたでしょう」

照れながら話すのは、敷地内にある複数の宿泊施設を束ねて管理する宿泊統轄支配人、郡司昌弘(55歳)。腰蓑姿で客を迎えていた男性だ。

よそ者が一山一家のトップを務める!?

ハワイアンズは、東京ドーム6個分の敷地に5つのテーマパークと4つの宿泊施設を併設する、東北最大の巨大温泉リゾートだ。年間140万人を集客するこの施設を運営するのが常磐興産である。同社では13年6月、11年間にわたって会社を牽引し、11年の東日本大震災のときには存続の危機から会社を蘇らせた斎藤一彦前社長(71歳・現相談役)に代わり、井上直美(65歳・元みずほ銀行常務、前みずほ情報総研社長)が新たに社長に就任した。

震災からおよそ1年後にようやく本格的に営業を再開してまもない段階での社長交代。しかも同社の70年に及ぶ長い歴史の中で、外部から経営トップを迎えたのは初めてだ。

常磐興産の前身はかつての本州最大の炭鉱、常磐炭礦である。戦後、日本のエネルギー政策が石炭から石油に転換し、閉山の危機を迎えたとき、当時の副社長、中村豊の発案で、この地に温泉とショーの大型宿泊施設を設立。炭鉱で働く人とその家族の再雇用の受け皿とした。これほどの転身ができたのも、常磐炭礦に伝わる「一山一家」という精神的支柱があったからだ。炭鉱で生活する人すべてが家族のように助け合い、支え合う精神は、常磐興産にも受け継がれている。

同社は従業員の9割がいわき市出身者であり、経営トップも地元出身者か、炭鉱関係者に限られていた。そこに「よそ者」がトップに立つことなど、誰も予想しえなかった。「どんなお堅い人がくるのか不安だ」「会社の歴史も知らない人間に、やり方を変えられては困る」といった声が社員から上がるのも無理はない。

「あなた方がホテルを支えている」

ところが、周囲の心配をよそに井上は着任早々、軽やかに動き始める。

「ハワイと謳っているわりには、ハワイらしいものがないよね」

ある日、井上が郡司に相談したひと言から、社内では接客スタイルや、客の来場時の挨拶のスタイルを見直すことになる。客が到着後すぐに部屋に入れるようチェックインの時間を2時から1時に早めたのも、顧客目線を重視する井上だ。それまでは清掃の都合で、客はすぐに部屋に入ることができなかった。

特に社員を驚かせたのは、日陰の存在だった清掃員約50人に「アロハエンジェル」という名称をつけたことだ。「いかにも清掃員」というモスグリーンの上下の制服も、アロハ柄のポロシャツとグリーンのベレー帽のコスチュームに刷新した。

「清掃スタッフこそ顧客満足度の最前線にいる人たち。彼女たちはフラガールと同じくらい、ホテルにとって重要な役割を担っている。そのことを形として示しました」(井上)

井上は頻繁に清掃員のミーティングに顔を出しては、「あなた方がホテルを支えている」と語りかけた。同様に、フラガールことダンシングチームのレッスン場にも気軽に顔を出し始めた。サブリーダー、工藤むつみがその様子を語る。

「社長がレッスン場に来られるのはめったになかったのですが、井上社長は就任直後から、よく様子を見にこられます。最初は緊張しましたが、気さくに声をかけてもらい、自然に会話をするようになりました」

若手ダンサーの須藤水貴は「就任されて間もない頃、君は須藤さんだねと、名前で呼ばれたことが印象に残っています。しかもメンバーそれぞれの衣装の特徴までご存じだったのには驚きました」と語る。

東京のエリート銀行マンと聞いて、冷徹なイメージを抱いていた社員たちも、まず組織の末端から入ってきた井上の姿を見て「サービス業がよくわかっている」「会社の歴史を大事にしていて、どうやら人の気持ちがわかる人だ」と信頼を寄せるようになった。

斎藤が心配した常磐興産の三重苦

過去の慣例を破り、外部からトップを呼び寄せたのは、前社長の斎藤のほぼ独断である。祖父と父が炭鉱で働き、自らも常磐興産で勤め上げた、常磐興産を知り尽くす斎藤が、あえて社長を外から連れてきたのはなぜか。その背景には、常磐興産が抱える「三重苦」がある。

一つは巨額の負債。震災復興のために100億円を新たに調達したことで、常磐興産には約300億円もの負債がある。同社はハワイアンズの観光事業のほか、製造関連事業や運輸業、卸売業を抱えているが、連結による当時の売上高467億円、営業利益16.4億円(12年度)という同社の業績から考えると、厳しい財務状況である。

もう一つは、資金不足からテーマパークに必須の大規模な設備投資ができないことだ。復興の話題が落ち着いてからのハワイアンズは、ユーザーの目を引く話題を打ち出せていない。客のリピート率が9割を超えるハワイアンズも、集客上の目玉がつくれない状態が続けば、やがてリピーターに飽きられ、新たな顧客層も獲得できない。

3つ目は、時代の変化への対応である。被災の窮地は脱したものの、少子化による客の減少、若者の旅行離れ、団体客の大幅減少など、市場の変化に対応した新しい組織づくりやサービス開発に着手できていない。

斎藤はこの三重苦を誰よりも心配し、震災前の状態に復帰するだけでは、いずれ立ち行かなくなることを予測していた。

「一山一家は、危機のときには強い。しかし平穏なときは、仲良しグループになってしまう。社員の多くが子どものときから一緒に育ち、親の顔も知っているような環境では、中から変えることは難しい」(斎藤)

復興のための資金繰りで銀行詣でを続けるなか、斎藤は社内の誰にも相談することなく、メーンバンクであるみずほ銀行の関係者に後継者の相談を持ちかける。そこで紹介されたのが、当時みずほ情報総研社長だった井上だ。井上は、引き受ける覚悟があることをすでに表明していた。

「経歴を見れば頭取になってもおかしくなかった人が、わが社の窮状をよく知ったうえで、福島の復興に貢献したいと言ってくれていると聞き、崇高な理念に心打たれました」(斎藤)

井上は東大経済学部を卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。支店の現場より本部の勤務が長く、大蔵省(現財務省)へ出向し、組合の仕事も務めた。1997年の山一証券の自主廃業の際には整理業務で重責を担う。00年代の銀行統合時には、関連会社の整理統合で手腕を発揮、筆頭常務に上り詰めた。それでいて人柄のよさは行内でも有名で、今もかつての部下たちが井上を囲む会を定期的に催す。

斎藤は極秘裏に井上と対面した。12年の秋から暮れにかけて3回、いずれも短い時間だったが、斎藤はこの人しかいないと確信した。

「とにかく性格が明るい。しかもスポーツマンで芸事にも通じている。すぐにレジャー産業に向いている人だとわかった」(斎藤)

まもなく斎藤は、井上に社長就任を打診すると、井上は二つ返事で受けた。

当時井上は62歳。サラリーマン人生は終わりに近づいていた。銀行では役員となり、有力子会社で4600人のトップも務めたことで、やることはやったという満足感もあった。ポストに執着して醜態を晒すようなことはしたくないと、みずほ情報総研の社長期間を全うしたら、潔く引退するつもりだった。その矢先に、東日本大震災が襲う。被害状況を目のあたりにした井上は、「この国難に際して自分に何ができるのか」と真剣に考えた。

まず、みずほ情報総研のトップとして、震災復興関連の研究とコンサルティングは採算度外視で受託する方針を打ち出す。被災者向け義援金の分配の仕組みづくりや、バイオ技術を生かした瓦礫の処理法などを研究し、自治体などにアドバイスした。

個人としても、「同じ日本人としてやれることがあればやろう」と心を決めていた。53歳からマラソンを始め、還暦を超えてもフルマラソンを完走するほどの体力を誇る井上は、まだまだ動ける自信があった。常磐興産のトップの話が舞い込んできたのは、ちょうどその頃だ。

斎藤の誘いを受けたとき、サラリーマン人生の最後は「世に貢献する」ことで締めようと決めた。

(文中敬称略)

常磐興産相談役 斎藤一彦
1945年、福島県いわき市生まれ。68年中央大学法学部卒業、常磐湯本温泉観光(現常磐興産)入社。94年ホテルハワイアンズ総支配人。2002年、代表取締役社長就任。11年、東日本大震災で大被害を受け休業を余儀なくされるも、翌年2月に全面再開させる。13年会長、15年相談役。
 
常磐興産代表取締役社長 井上直美
1950年、東京都生まれ。74年東京大学経済学部を卒業、富士銀行(現みずほ銀行)入行。2005年同行常務執行役員、07年同常務取締役、08年みずほ情報総研専務取締役、10年同社長就任。13年、常磐興産に顧問として入社、同年6月同社代表取締役社長就任。