東京でITコンサルをしていた岩佐大輝さんが、震災の翌日、宮城県山元町に帰って見たものは、津波で変わり果てた故郷の風景だった――。故郷のイチゴ産業を復活させなければ。そう決心した岩佐さんは、イチゴ名人の匠(たくみ)の技を、農業×ITで、超高級ブランドイチゴ「ミガキイチゴ」として復活させる。

仙台から電車で40分。宮城県山元町は東北最大のイチゴの産地だったが、2011年3月、東日本大震災で大津波に襲われ、多くの畑が流されてしまった。その山元町にITを駆使した新しい農業を持ち込み、イチゴ産業の復活を果たしたのが、1977年生まれの39歳、岩佐大輝(いわさひろき)氏である。

岩佐氏が生み出した新しい特産品は、1粒1000円で売れるという超高級果物「ミガキイチゴ」。イチゴづくりで地域に雇用を生み出すことに成功した岩佐氏は、現在はインドでイチゴ生産を行うなど海外進出に挑戦中。農業経験がなかった岩佐さんは、なぜイチゴ産業を復活させることができたのか? 田原総一朗氏と岩佐大輝氏の対談、完全版を掲載します。

女性トラブルで上京、ニート生活から起業

【田原総一朗(以下、田原)】岩佐さんは宮城県・山元町のご出身ですね。東日本大震災の話は後でうかがうとして、岩佐さん自身はいつまで地元にいらしたのですか。

【岩佐大輝(以下、岩佐)】19歳で上京しました。以前交際していた女性が反社会的な人と付き合い始めて、いろいろ脅迫を受けたのです。それが怖くて、東京に逃げてきました。

【田原】東京で何をしてたんですか。

【岩佐】西日暮里に部屋を借りて、毎日パチンコをした。高校を卒業した後、予備校に通っていたのですが、女性トラブルに巻き込まれてしまいましてしたり、競輪場に通ってました。ほとんどニートですね。

【田原】仕事はしてなかったの?

【岩佐】ソフトを開発して売っていました。小学生のころからパソコン少年だったんです。うちは少し変わった家で、親は何も買ってくれないかわりに、バイトをしても何もいわれなかった。それで自分で新聞配達をしてパソコンを購入。昔から趣味で自作のソフトをつくってましたが、2000年くらいにはそれでお金を稼げる時代になっていて、お小遣い稼ぎをしてました。

【田原】ソフトって、どんなの?

【岩佐】たとえば水道局がモバイル端末を使って検針できるシステムをつくったり、競馬の予想ソフトを販売している会社にソフトを売ったり、いろいろです。

【田原】けっこう本格的ですね。

【岩佐】そうですね。21歳の時に駒澤大学の経済学部に入学したんですが、ソフト開発のほうが忙しくなっていたので、大学に通って勉強した記憶はほとんどないです。

【田原】じゃ、大学なんて行かなくてもよかったじゃない。

【岩佐】でも、面白い授業もありましたよ。駒澤大学が仏教系の大学だと気づいたのは入学した後。いい機会だと思って、禅の勉強を始めたのですが、これがなかなか深かった。当時はフワッとした知識を得て終わりでしたが、その後の会社経営で、禅で学んだことが役立ちました。

【田原】禅で得たものって何ですか。

【岩佐】無の感覚、空の感覚かな。禅には非思慮を思慮する、つまり考えないことを考えろという考え方があります。仕事でたくさんの事象を処理しなくてはいけない時に、この考え方のおかげで心が自由になった。いちおう大学はちゃんと卒業したのですが、禅を知ったことが唯一、大学に行ってよかったことですね。

【田原】会社組織にしたのはいつ?

【岩佐】ズノウという会社を立ち上げたのは大学在学中の2002年です。最初は有限会社で、従業員は私の他に1人だけ。資本金の300万円は、ソフトを売ったお金と、足りない分は定食屋でバイトしてまかないました。

【田原】ズノウでやっていたのは、どんな仕事ですか。

【岩佐】大きくいうと2つあります。1つは、システムの受託開発。当時はアナログのものをデジタルにして効率化するとか、いままで紙で管理していた顧客情報をデータベースで管理しようという流れがあって、企業と個別に契約を結んでそうしたシステムの開発をしていました。もう1つは、セキュリティです。企業が持っている個人情報の漏えいを防ぐためのシステムを客先で構築していました。

【田原】事業は順調でしたか。

【岩佐】出だしは順調で、数年で従業員は20人まで増えました。ただ、リーマンショックの時は危なかったです。取引先の会社がバタバタと倒産し始めて、一時期はうちも売り上げがかなり落ち込みました。私は社会人経験がないまま会社をつくりましたが、やはり自己流の経営には限界があります。いい機会だからとグロービス経営大学院に通って経営を勉強し直して、なんとか立て直すことができました。

津波に呑まれた故郷に新しい雇用をつくりたい

【田原】さて、2011年です。東日本大震災で故郷が被害に遭います。3月11日、岩佐さんは何をしていらしたのですか。

【岩佐】東京で仕事をしていました。慌てて実家に電話しましたが、まったくつながらなくて様子が分からない。そこで安否確認するための掲示板サイトを、その日のうちに立ち上げました。山元町は当時人口1万6000人の小さな町でした。でも、みんな連絡がつかないのか、サイトには1日で40万のアクセスがありました。うちの会社にも、山元町はどうなっているのかという問い合わせが殺到。もう自分の目で確かめるしかないなと思って、翌日に車で現地入りしました。

【田原】車で入れたの?

【岩佐】はい。援助物資を積んで、警察から通行許可書をもらって。

【田原】行ってみたら、どんな様子でした?

【岩佐】……。なんというか、ほんとにすべて破壊されてました。私の実家は津波がギリギリ届かずに両親も無事でしたが、まわりには流された方も多かった。あとで分かったのですが、山元町では人口の約4%に当たる600人強の方が震災で亡くなっています。

【田原】4%ですか。その惨状を見て、岩佐さんはどうしたのですか。

【岩佐】じっとしていられないので、とにかくボランティア活動をやろうと決めました。目に入ったのがイチゴの農地です。山元町と隣の亘理町は日本の最北端のイチゴ産地で、北海道や東北の人が食べるイチゴの多くはここで栽培されています。しかし、町内にあった129軒のイチゴ農家のうち125軒が流されてしまった。残った数軒の農家さんを支援することから復興ののろしをあげようと考え、まず農地の泥かきから始めました。

【田原】ボランティア活動は1人じゃ限界があるでしょう。

【岩佐】大学院の仲間に手伝ってもらいました。MBAを取りにきているのは、社会でリーダーになろうという志のある人たちです。被災地を直接見るべきだと言ったら学生や先生が賛同してくれて、数十名のボランティア部隊ができました。

【田原】被災者の方の反応はどうでしたか。

【岩佐】毎月、スコップを担いで泥かきに行きました。でも、ある住民の方から「泥かきは我々でもできる。君たちはビジネスパーソンだから、雇用をつくってくれ」といわれてハッとしました。たしかにそうなのです。山元町は、仙台まで電車で40分のベッドタウンでした。しかし線路が流されたためにベッドタウンとしての機能を失い、避難した人もなかなか戻ってこなかった。復興には働く場所が必要で、私たちが力を発揮できるとしたら、そこだろうと。

【田原】それで農業生産法人GRAを立ち上げたのですね。でも、どうしてイチゴなのですか。雇用をつくるなら別の産業でも良かったんじゃないですか。

【岩佐】山元町のみなさんに「誇りは何か」と聞くと、7割の人が「イチゴ」と答えます。震災前、山元町のイチゴの出荷額は約15億円でした。町の予算規模が40億円でしたから、イチゴは山元町において象徴的かつ経済的に大きな存在だったのです。ただ、山元町のイチゴ産業は後継者不足で、斜陽化していたことも事実です。イチゴ産業を元に戻すだけでは新しい雇用を生みません。ですから、どうせやるならこれまでと違って世界で通用する産業にしようという思いで事業をスタートさせました。

IT化で“匠の技”を再現。おいしいイチゴを安定供給

【田原】まず何から始めましたか。

【岩佐】私たちがボランティアにいった時にアレンジをしてくれた橋本洋平君と意気投合して、2人で500万円を出してハウスをつくることにしました。20アールの土地を借りて、整地をして、井戸を掘って、パイプを差して、ビニールを張って、栃木からイチゴの苗を買ってきて。ぜんぶ手作業で、東京のボランティアのみなさんにもずいぶん助けてもらいました。

【田原】ハウスはできたかもしれないけど、イチゴの栽培について岩佐さんは素人だ。そこはどうしたの?

【岩佐】橋元君の親戚に、橋元忠嗣(ただつぐ)さんという農業の大ベテランでイチゴ作りの名人がいて、いろいろと教えていただきました。1年目は事業というレベルにはほど遠かったですね。イチゴが収穫できた時は本当にうれしくて、みんなで配って食べちゃった。だからどれだけ出荷したのかもよく覚えていません(笑)。

【田原】世界的な産業にするなら、そこで止まってはいられませんね。2年目はどうしたのですか。

【岩佐】1年目に分かったのは、従来のやり方では時間がかかるということ。忠嗣さんは、「イチゴの声を聞け」とか、「イチゴは女性と同じ。機嫌を損ねないように優しくしろ」という。それも悪くない世界ですが、イチゴの声が聞けるようになるまで15年かかるといわれたら、若い人は誰も農業をやろうと思いません。新しい産業を育てたければ、忠嗣さんの知恵を再現性が高いものにして、誰でもできるようにしないといけない。それが2年目以降のテーマでした。

【田原】どうすれば、誰でもおいしいイチゴをつくれるのですか。

【岩佐】ヒントを探しに海外に視察にいきました。たとえばオランダは農業の産業化が進んでいます。自分の目で見れば、何か分かるんじゃないかと。

【田原】オランダは人口が日本よりずっと少なくて国土も狭いのに、野菜の輸出国ですね。どこがすごいんですか、オランダの農業は。

【岩佐】オランダはつくる作物を集中しています。まわりにフランスやドイツ、スペインといった農業大国があって簡単に野菜を輸入できるから、自分たちはパプリカとかトマトのように商品性の高いものだけに集中して投資をしているのです。残念ながら、日本はそれをマネできない。日本は島国。傷みやすい葉物を、海を越えて輸入するのは困難ですから。

おいしいイチゴをつくるためのIT化は3ステップ

【田原】なるほど。オランダの農業は参考になりませんか。

【岩佐】もちろん学ぶべきところも多いです。オランダはコンピュータでハウス内の環境を管理しています。たとえばトマトにとって最適なCO2の濃度は何ppm、温度は何度、日照時間は何分というデータに合わせて、ハウスの窓を開け閉めしたり、エアコンを調節したりする。これらは自動化されているので、少ない人数で大規模な農場を管理できます。

【田原】これは岩佐さんのところでも取り入れているのですか。

【岩佐】はい。おいしいイチゴをつくるためのIT化はスリーステップあります。ファーストステップは、データの測定。どのような環境の時に、イチゴがどのような味になり、どれだけ収穫できるのか。それを把握して因果関係を分析します。セカンドステップは、分析した理想の環境を機械で自動的に制御します。そしてサードステップは、イチゴの状態をリアルタイムで把握して、さらにきめ細かい環境設定をしていく。サードステップまでいくと、機械学習的にどんどんおいしくなっていきます。いま私たちはサードステップに入りかけている段階です。

【田原】イチゴの状態をリアルタイムで把握って、そんなことできるの?

【岩佐】まだこれからですが、たとえば葉っぱの色や枚数、イチゴの赤みをセンサーで自動的に測定することは可能です。いまここの研究に一番お金を使っています。いままでも1~2億円注ぎ込んでいますが、最近事業会社やファンドに出資いただいて5億円の調達ができたので、さらに研究を進められそうです。

なぜミガキイチゴは1粒1000円で売れるのか

【田原】岩佐さんのイチゴは高いもので1個1000円だそうですね。IT化でおいしいイチゴをつくれるようになったとしても、普通はその値段で売れません。どうやったらそんなに高く売れるのですか。

【岩佐】イチゴをブランド化するには、まず品質がいいものを安定的に供給することが大切です。それはIT化でクリアできました。次に必要なのは、売る場所です。具体的にいうと、伊勢丹のような高級百貨店に並べてもらえるレベルにしないといけない。

【田原】百貨店で扱ってもらうのは簡単にいかないと思うけど、どうやったんですか。

【岩佐】東京の大田市場に通って、最初から百貨店のバイヤーさんを巻き込みました。何回も食べてもらって、「これは酸っぱい」とか、「粒の大きさはこれくらいでいい」と意見を聞いて、売れるブランドを一緒につくっていったような感じですね。

【田原】それにしても1粒1000円はすごい。

【岩佐】ブランド化するには、糖度が高いといった機能的な価値だけでなく、これを買うことがわくわくするとか、プレゼントしたら喜ばれるといった、エモーショナルな価値が重要です。そうした価値を高めるためにデザインにも凝っていて、高級チョコレートのような箱に大切に1つずつ包んで売っています。ブランドも「ミガキイチゴ」と名づけました。

【田原】僕らがよく知っているイチゴのブランドに、「あまおう」や「とちおとめ」がありますね。ミガキイチゴは、これらと何が違うのですか。

【岩佐】あまおうやとちおとめは、品種ブランドです。品種ブランドは育成者権のパテントが切れると誰でもつくれるので、また新しい品種を開発せざるをえなくなります。山元町の産業として根づかせようと思うと、品種に依存しないブランド戦略が必要です。そこで私たちは、季節ごとに一番おいしい品種を選んで売っている。ミガキイチゴは、いわば地域ブランドですね。

【田原】ミガキイチゴのブランドでワインもつくってますね。これはどうしてですか。

【岩佐】イチゴがつくれる時期は11月から5月まで。期間が半年空きますが、お客様との接点が途切れるとブランドとして育ちにくい。そこで年間を通じて商品を提供できるように、お酒をつくりました。通年提供は経営的にも大事です。イチゴが半年間しかつくれないと、パートさんは期間雇用せざるをえなくなります。しかし、期間雇用だとスキルが育たず、単能工的な働きになりがちなので、若い人たちはやりたがらない。地元の産業にしていくには通年雇用が重要で、その意味でも年間を通じて何か商品をつくっていく必要があったのです。

農業のPDCAは1年に1回しか回せないが、農家をグループ化すれば1年で100のデータが取れる

【田原】いま従業員は何人ですか。

【岩佐】いま5年目ですが、正社員20人、地元のおばさんや農家のパートさんが30人で、ぜんぶで約50人を通年雇用しています。

【田原】もう採算は取れてる?

【岩佐】去年、やっと単年度黒字になりました。今年は出ていくお金より入ってくるお金のほうが多い状態になるでしょう。

【田原】橋元さんは15年かかるといっていたわけだから、ずいぶんと早いですね。農地も拡大しているのですか。

【岩佐】イチゴを栽培しているハウスは1.5ヘクタール。その他、苗をつくる施設やパック詰めの施設などを合わせると、ぜんぶで6ヘクタールになります。

【田原】さきほど山元町はイチゴの農地がほぼ壊滅したとおっしゃった。いまは他の農家も戻ってきていますか。

【岩佐】生産量はおおむね元に戻りましたが、農家の数自体は70くらいに減っています。農業の難しさは、1年に1作しかできない、つまりPDCAサイクルを1年に1回しか回せないところにあります。ただ、100の農家がグループ化してみんなでデータを出し合えば、1年で100年分のデータを得てみんなで発展できる。そのためにコンソーシアムをつくろうとしています。

【田原】復興は、道半ばですね。

【岩佐】そうですね。震災前と比べて、人口は約20%減りました。鉄道は来年春に復旧する予定です。外に出ていった人の中には新天地で生活の基盤を築いた人も多く、鉄道が復旧するからといって、すぐにみんなが戻ってくる状況にはならないと思います。だからこそイチゴを産業として発展させて、新規就農者がどんどん入ってこられる環境をつくっていきたいです。

海外市場で勝つためのオールジャパン戦略

【田原】産業化のカギを握るのが世界進出です。最初はインドで現地生産したそうですね。どういった経緯で?

【岩佐】4年前、ある会社のCSR担当者から、インドの農村を豊かにしたいので一緒にやらないかといわれたのが最初です。震災でそれどころじゃないといったのですが、視察にいくと、インドの農村は本当に貧しくて、みんな山元町が受けたダメージとほとんど変わらないくらいのひどい生活をしていました。それを見て、何かお手伝いできることがあればやろうと考え直して、インドでも現地法人を立ち上げてイチゴをつくっています。

【田原】インドは暑いですが、おいしいイチゴをつくれるんですか。

【岩佐】私たちの農場はデカン高原にあります。標高が高くて、インドでは涼しいところなので、つくれなくはないです。いまは20アールくらいですが、フランチャイズ化して広げていきたいですね。採算が取れるまで、あと1~2年はかかりそうです。

【田原】他の国はどうですか。

【岩佐】サウジアラビアで検討中です。イスラムの方はメッカに巡礼に行って聖水を汲んで帰ってきます。その聖水でイチゴを栽培すれば売れるかなと思ったのですが、サウジは現地の企業との連携が難しい。向こうで企業を実質的に経営しているのはインド人やトルコ人などの外国人で、途中から彼らが出てきて話をひっくり返されることが多いんです。だからいまは慎重に少しずつ進めている段階ですね。もともと山元町の産業振興が目的ですから、優先順位は現地生産より輸出のほうが高いです。

【田原】山元町のイチゴは、もう世界にも輸出しているのですか。

【岩佐】すでに香港やシンガポールを中心に輸出をしています。ただ、シェアを取るのはこれからですね。たとえば香港だと、アメリカ産が50%、韓国産が40%で、この2つが圧倒的に強い。日本はわずか2.9%です。

【田原】へえ。アメリカと韓国が強いんですか。

【岩佐】アメリカは日本のイチゴと種類が違って、甘くないけど硬いんです。だから輸送性に優れていて、カリフォルニアでつくったイチゴが世界中どこでも出回っています。韓国は国内市場を自由化してアメリカ産イチゴにやられてしまったのですが、そのことがきっかけで、逆に政府がイチゴを輸出奨励作物に指定して、農家に補助金をつけるようになりました。韓国の農家は政府の予算で海外の販路を開拓しているので強いんです。

【田原】岩佐さんは、そこにどうやって割って入るつもりですか。

【岩佐】香港のスーパーにいくと、博多のあまおうや熊本のひのしずくというように産地別に並べられていて、外国の消費者にはわかりにくい。外国でシェアを取るなら、国内の競争をそのまま持ち込むのではなく、ジャパンブランドでやるべき。オールジャパンの産地連携ができれば、日本のイチゴ産業にも勝機があると思います。

岩佐さんから田原さんへの質問

Q. 相次ぐ不倫スキャンダル。どう思いますか?

【田原】もちろん不倫はしないに越したことはありません。でも、頭で考えるほどうまくコントロールできないのが男と女です。男にとって、男は基本的にライバルです。自分の決定的な弱みは女性でないと見せられないから、そういう相談をしているうちに情が入り、話だけで済まなくなることもありますよ。外で気を張って戦っている人ほど、この罠にハマりやすいから要注意です。

もし不倫をしてしまったら、隠そうとしないほうがいい。いまの世の中、隠し通そうとしたって隠し通せるものではありません。僕の場合は、まったく隠さなかった。どうして不倫をしたのか、本にも理由を書いたくらいです。僕のように初めから堂々とオープンにしていたら、たとえ批判されても大きな問題には発展しにくいと思います。

田原総一朗の遺言:「不倫するなら隠すな!」

田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。若手起業家との対談を収録した『起業のリアル』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。