2社目の上場に向けて突き進む

「面接試験で同じような評価の人が2人いて、どちらかを採用することになったら、学歴の高いほうに内定を出すように、と人事担当者に指示をしますね。学歴が高い人は、理解力が高い。仕事を覚えるのも速い。会議などで私が尋ねたことにも正確に答える。オペレーション的な仕事を決められた時間や方法などで、きちんと処理することもできる。

だけど、仕事が本当にできるかどうかは別の問題ですよ。学歴が立派でも、仕事ができずに、伸び悩む人はたくさんいます。うちの社員たちは、そのことをよく知っています」

ステーキのレストランチェーン「あさくま」の代表取締役社長の森下篤史氏が話す。1947年、静岡県に生まれ、現在、69歳。「現役を続けられるのも、あと31年しかない」と忙しい合間に、取材に応じてくれた。

「私が社会人になった頃は、学歴社会と言われていました。この20数年で、ずいぶんと変わってきましたね。最近は、学歴社会とはあまり聞かない。

けれど、資格社会になっている。子どもが成人し、医師などになると、家族も親戚も喜びますよね。資格を喜ぶんだよね。甘いよ(笑)。実は、医師になってからこそが大切なのに。

日本人は、見てくれとか、形にこだわるのかもしれません。弁護士になったといって喜ぶ。私は、そんなものは意識しません。会社を経営するにあたり、社員の採用や配属、昇格などで学歴、性別、年齢、国籍などは関係ありませんね」

森下氏は、1997年、50歳のときに創業した中古厨房機器販売の「テンポスバスターズ」を2002年にジャスダック市場に株式上場させた。ユニークな経営手法や、歯に衣着せぬ発言で、メディアでいちやく話題になる。

2008年、61歳のとき、名古屋市を中心に展開するステーキレストランチェーン「あさくま」の社長に就任。経営再建に乗り出し、就任5年目以降の業績は今や業界トップレベルに。平成28年度には、売り上げ90億円に達する見込みだ。「テンポスバスターズ」に続き、上場を視野に入れている。現在は、関東にも出店攻勢をかける。子どもが遊園地に行ったような感覚になれることを願った、参加型レストランもオープンした。

2社連続解雇の後、会社を創業

静岡大学教育学部を6年かけて卒業。公務員の教師になろうとしたものの、面接試験の日に寝坊して、“不採用”に。すでに、民間企業の新卒採用の時期は過ぎていた。

新聞の求人広告で、東芝グループ・東京電機(現東芝テック)が、静岡県内での営業マンを募集していることを知る。東京電機がレジスターを扱っていることも正確に知らなかったが、入社した。早いうちに営業成績が全国で上位になり、トップセールスに。この頃、株式雑誌で東京電機の従業員の内訳を知る。

「正社員が7000人ほどで、現業員が約2000人と載っていた。現業員とは、全国にいる営業マンなどを意味するみたいだった。私もそのひとりで、ようやく、自分が正社員ではないことがわかった(笑)」

それでも、不満を感じることはなかったという。

「恨みなどは、一切ないですね。6年も大学にいて、就職の面接日に寝坊をしているのだから、不満を口にする資格などありませんよ」

27歳のとき、東京の本社に異動となる。しかも、課長に。“現業員”から20代で課長に昇格したケースは前例がなかったようだ。

「人間万事塞翁が馬。おもしろいものです。人生は、どうなるかわかりません。この頃までに、学歴について考えたことなど1度もない。営業で上手くいかないときは、悩みましたけどね」

若き課長として活躍をしたものの、一部から反発も招く。東芝テックを32歳で退職。解雇に近い状態だったという。社員6人の食器洗浄器販売の会社から誘われ、入社する。感謝の気持ちもあり、営業で契約を次々と成立させ、売り上げを倍以上に伸ばした。

だが、社長から辞めるように言われる。わずか10カ月だった。社長が、森下氏に乗っ取られると感じたのかもしれないという。ここでも解雇に近かった。

森下氏は笑いながら、「2社連続解雇」と話す。恨みも不満も、怒りもないようだ。

その後、いよいよ、創業し、経営者となり、試行錯誤をしながらも「テンポスバスターズ」を上場にまで持っていく。

「仕事をしていると、あれをしよう、これをしようという思いが次々とマグマのように湧いてきます。家に帰っても、その思いが消えません。酒を飲むことはあまりないけど、羊かんとか、かりんとうをたくさん食べます。体が欲するんです。女房から、また食べているの? と言われます(笑)」

これから10年かけて新しい自分をつくればいい

学生の頃、教師を志しただけに、社員の採用や教育、育成にも熱心だ。強調するのが、「育歴」という言葉だ。人が育ってきた環境のことを意味する。たとえば、学歴が低くとも、それを身に付けるために苦労をし、工夫を重ねてきた人は仕事のレベルが高いという。

「こういう人は、漫然と受験勉強をしてきた人とは違います。会社に入っても、仕事に取り組む姿勢がいい。彼らは、知恵を持っていますから。

うちで働く中国人や韓国人も、過保護の中、育ってきた日本人と育歴が違うから、仕事にひたむきに取り組みます。大相撲では、少数の外国人力士が活躍していますが、社内があのようになりつつあります。いい傾向です」

読者である会社員に向けて、こんなメッセージを与えてくれた。

「現状に不満もあったとしても、悩む必要なんかない。今のあなたは、10年がかりでつくったもの。誰のせいでもない。不満ならば、これから10年かけて新しい自分をつくればいいじゃないですか。20年も30年も、時間はいらない。10年で十分。

ただし、こうなりたいという意識と、それを実現しようとするとするために真剣に取り組むことが前提です。うちの会社の社員は、なかなか変わらない(笑)。変わってくれるとうれしいけれど、変わらないからといって、残念でもないな」