生活保護、高校を辞め、職人の道へ

不動産会社・株式会社NYホーム(愛媛県松山市)の代表取締役・松岡秀夫さん(53歳)の最終学歴は、中卒である。1977年、松山市立雄新中学校卒――。

「中卒であったことに感謝しています。高校を辞めて、11年間、職人として働きました。その後、勤務した建設会社では、19年間、お世話になりました。この30年間が、自分の礎です。特別の能力も資格もない、中卒の私は辞めても行くところがありませんでした。逃げ道のドアが閉ざされていて、それぞれの職場でがんばるしかなかったのです」

NYホームは、松山市を拠点に、主にアパート・マンションや一戸建て、店舗や事務所、駐車場など賃貸の仲介と管理業をする。2009年、松岡さんが47歳のときに創業し、社員は現在20人。本部のほか、5店舗を構える。

70年、松岡さんが小学2年の頃、両親は離婚した。その後は、父親と2人で生活をする。父は肺の病気のため、十分に働くことができなかった。やむを得ず、生活保護を受給していた。私立新田高校(松山市)に入学したものの、生活がひっ迫し、通学を続けることが難しかった。

母親と生活する姉が高校に迎えに来た。「母親が病で倒れた」と聞かされた。実は、病気ではなかった。姉が母と話し合い、病気であることを口実に、弟である松岡さんを引き取ろうとしたのだ。そのまま、高校を辞めた。77年、15歳のとき、わずか2週間の高校生活だった。松岡さんは、淡々と振り返る。

「この時点では、今後の人生について深く考えてはいませんでした。新しい生活が始まるな、と思ったくらいです。本当は、それではいけないのでしょうね」

半年ほど、母や姉と一緒に生活するが、仕事をするわけでもない。心配した母が、姉の夫(松岡さんの義兄)が営む工務店に働かせてもらえるように頼み込んだ。11年間に及ぶ、職人の人生が始まる。住み込みの寮に入り、大工として仕事をした。1日2000円の日給だった。

慣れないながらも、懸命に働いた。だが、2年半働いた頃、義兄から「辞めたほうがいい」と促がされる。大工には不向き、と判断されたようだ。その後、墓石加工の石工として働き始めた。石を機械で切断したりする仕事をした。

稼ぎ頭の役員から、子会社へ降格

90年、27歳のとき、人生の転機が訪れる。社員20人ほどの建設会社・中岡組(のちに、ジョー・コーポレーションに社名変更)に入社する。中学の同級生から誘われた。経営多角化の一環として、贈答品や生菓子などを製造・販売する店をオープンすることになっていた。その店長に抜擢された。

「ありがたかったですね。まったくの未経験でありながら、誘っていただいたのですから……。1年目で、店の売り上げが1億円をこえましたが、月給が15万円ほどで生活は苦しかったです。それでも、仕事は楽しくて、充実した毎日でした」

2年目の92年、結婚した。仕事に一層、力を入れようとするとき、不動産事業部への異動を命じられた。しかも、役員として迎え入れられた。社長らは、活躍する松岡さんを褒め、称えた。会社はこの頃、社員が50人近くになっていた。不動産事業部は、5人ほど。

最終学歴・中卒の松岡さんは、「学歴の壁」にぶつかる。宅地建物取引士(宅建)の資格をとろうとするが、受験資格がない。当時は「高卒以上の学歴」もしくは、「実務経験2年以上」となっていた。

「学歴というものを考えた、はじめての経験です」

実務経験を積みながら、2年後、ようやく受験資格をとり、1度の試験で合格した。31歳のときだった。

「合格を果たしたとき、この仕事で食べていく! と決めました。宅建士証は、はじめて手にした、社会から認められる証です」

96年、34歳で分譲マンション事業の担当役員となった。

「責任は感じていました。お客さんや社員たちの期待に応え、幸福にしないといけない。そんな使命感を持っていました」

会社は、業績を拡大した。特に、分譲マンションの売れ行きが好調だった。全社売り上げの6割ほどになっていた。06年のピーク時には、グループの年商が370億円をこえ、社員は約700人になる。総務部長などは、社員たちがいる前で誉めた。

「松岡さんを見てみろ! 中卒だけど、がんばっている」

いつしか、中卒というハンディを乗り越えていた。43歳で常務執行役に就任し、分譲マンションの販売業績を一段と伸ばす。

変化に対応できる人材になってほしい

だが、しだいに販売不振となる。07年に、売り上げは240億前後に落ち込む。08年秋のリーマン・ショック以降、業績が一段と悪化し、資金繰りも苦しくなる。会社は危機を乗り越えるため、分譲マンションの事業を大幅に縮小する。子会社に、分譲マンションの販売などに関わっていた社員を転籍させた。

08年、45歳で子会社の代表取締役になった。降格に近い人事だったという。リストラが始まり、55人の社員のうち、15人を辞めさせることになった。引導を渡すのが、松岡さんの仕事だった。

09年、親会社・ジョー・コーポレーションは、ついに民事再生法の適用を申請した。

「責任は感じていました。今も、その思いは消えません。申し訳なかった、と思っています」

同年、退職をした。会社は12年に再生手続きを終結したが、15年に自己破産を申請した。

松岡さんは09年に、NYホームの経営をスタートさせた。50歳を目前にした起業である。現在、20人ほどの社員のうち、前の不動産会社の部下が3人いる。その1人は、子会社のとき、辞めてもらうように頼んだ女性社員だ。

「社員にも、お客様やオーナー様など、様々な方に感謝しています。私は中卒でありますが、幸運に恵まれていました」

今の会社では、採用時「学歴不問」としている。エントリー者の中に、高校を辞めた人を見ると、かつての自分を思い起こすという。

「背伸びをすることなく、身の丈に合った経営をしていきます。社員には、変化に対応できる人材になってほしい。私も、そうでありたいと思っています」