いまやツイッターのフォロワー数33万人。世界陸上のメダリストで、ベストセラー『諦める力』の著者、為末大さんが、世界の問題から身近な問題まで、「納得できない!」「許せない!」「諦められない!」問題に答えます。(お悩みの募集は締め切りました)。
お悩みファイル20■昔の友人に失望。そんな自分にも失望
先日、高校時代のクラスメイトに声をかけ、10人弱で飲み会をしました。20年以上ぶりに会う人もいたので、静かに和やかに旧交を温めたいと思っていたのです。しかし、著名人の知り合いがいるという自慢話を大声で語り続ける者、その場にいる人を無視してスマホをいじり続ける者、飲み会に出席していないクラスメイトと電話で長話をする者が数人いて、正直言って不愉快でした。幹事の私は途中退席をするわけにもいかず、かといって求めていたような雰囲気に変えることもできず……。配慮の足りない参加者への怒りと同時に、大らかな気持ちで飲み会を楽しめない自分への失望も感じています。私はどのように振る舞えばよかったのでしょうか。(男性・会社員、39歳)

この方は同級生に会えるのをとても楽しみにしていたんですね。こういう感覚、わかります。僕も場を盛り上げることについては比較的頑張るタイプですが、この場の盛り上がりは自分にも責任があると思っている人と、まったく自分には責任がないと思っている人に分かれますよね。

これは事前準備に重点を置くか、現場対応に重点を置くかの違いでもあるように思います。アスリートはどちらかといえば現場対応型です。準備も大事ですが、自分の体調にしても天候にしても競争相手にしても、想定通りにいかないことが多いので、臨機応変に目の前のことに対処していかないと勝てません。準備した通りにやったら負けるということだってある。

わが家では僕が現場対応派で妻が事前準備派なのですが、最近、妻も現場対応派にシンパシーを感じるようになってきたらしいです。小さい子どもがいたりすると、日常生活そのもののランダム性がぐんと上がるので、計画通りやるより、目の前で起きていることにまず行動してみようという考え方のほうがうまくいくなという実感が出てきたのかもしれません。

家庭でもオフィスでも、この事前準備派と現場対応派の違いがあるように思います。事前準備派の人は常に「もっとこうしておけばよかった」「どうすればもっとよくなったんだろう」という反省と改善のサイクルを回している一方で、現場対応派は「あれはあれでよかったよね」「ああなったのは仕方ない」と自分を満足あるいは納得させて次に進んでいく。問題は、事前準備派のおかげで助かっていることはたくさんあるのに、彼らの幸せ度は現場対応派にくらべて低いという矛盾が生じることです。

事前準備派が頑張ってくれたおかげで「最悪の結果」が避けられた、たとえば10点満点で1点とか2点になりそうだったところをなんとか7点とか8点くらいまでもっていけた、ということがあったとしましょう。でも準備派は「まあまあよかったな」とは思えなくて「なぜあと2点、3点とれなかったんだろう」というところにこだわってしまう。僕も含めて現場対応派は、もっと意識して日頃から事前準備派に感謝の声をかけるべきなのかもしれません。

相談者の方は明らかに準備派体質ですが、「参加者への怒りと自分への失望」を感じないためにどうすればよかったか。たとえばですが、同窓会で声をかけるメンバーの中に「そんな自分をわかってくれている人」を入れるというはどうでしょうか。体育会系の集まりだと、10人ぐらいでやるときには、必ずひとり手下を連れていくんです。その手下が「いかにこの人が準備で大変だったか」を物語る。しかもそれをこれ見よがしに言うんじゃなくて、こっそり一人ひとりに「あなたには絶対来てほしいってずっと言ってたんですよ」みたいなことを伝えてまわって、最後には「今日は本当にありがとう!!」みたいな空気をつくるんですね。こういうのが上手にできる後輩は先輩に重宝がられて飲み会に連れて行ってもらえます。

体育会というのはうまくできていて、「伝説の人」「伝説を語る人」「伝説を聞く人」みたいな役割分担があるんです。これをひとりで全部やるのは無理です。会を上手に運営するうえで、幹事は表に立ってみんなとやりとりしないといけないから雑務まで手がまわらない。だから裏で細かな微調整をやっていく後輩なり部下なり友人の存在が必要なんです。あるいは幹事の悩みとか苦しみがわかる「幹事経験者」を一定割合で入れるのもいいかもしれません。

自慢話を大声でしたり、スマホをいじり続けたり、飲み会に出席していないクラスメイトに電話したり……という残念な参加者が多かったと同窓会とのことですが、意外に彼らの満足度は高かったかもしれないですよ。以前、エンジニアの飲み会に行ったんですが、その場ではほとんど会話もなくみんなずっとスマホをいじっていたのに、LINE上では「すごく楽しかったね!」って盛り上がっていました。体育会的な盛り上がりとはまた違った楽しみ方もあるのかな、と思いました。という感じで、「あれはあれで面白かったな」と思えてしまうのが現場対応体質なんです。

為末 大(ためすえ・だい)
1978年広島県生まれ。陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2014年10月現在)。2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2003年、プロに転向。2012年、25年間の現役生活から引退。現在は、一般社団法人アスリート・ソサエティ(2010年設立)、為末大学(2012年開講)、Xiborg(2014年設立)などを通じ、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。
http://tamesue.jp