商談やプレゼン、社交など、ビジネスの場で人を不快にさせていないだろうか──。悩む若手、中堅、ベテラン社員の3人の読者がカリスマ指導家のマナー教室に入塾した。

読者がマナー教室に入門!「プレゼン編」

[体験者]藤井さん 入社10年目 中堅社員
保険会社で営業を担当する。信用が第一の仕事だけに、ビジネスマナーには常に気を付けている。

保険会社の営業という信用が第一の仕事だけに、ビジネスマナーに関しては自信があるという藤井さん(仮名)。意気揚々とレッスンに挑んだものの……。

スクリーンの前に立ち、挨拶をしたところで早くも「姿勢が悪いですね」と先生から指摘が。

「お辞儀をした瞬間にあごが出て、背中が丸まっています。残念ながら、あまり美しい姿勢ではありません。美しいお辞儀は高位者に対する男性の“敬礼”にあたりますから、この“お辞儀”で心を掴めば、プレゼンの導入はほぼ成功といってもよいだけに、正しいお辞儀の仕方をマスターするべきですね」

そんな先生からのアドバイスに、「気分は“サムライ”ですね!プレゼンは真剣勝負の大一番。それに対する誠意を表す重要なアクションと思えば、いっそう身が引き締まります」と、イメージをふくらます藤井さん。

また、「大勢の方を前にするプレゼンでは、ガチガチに緊張して、いつもの自分らしさが出ない」と相談する藤井さんに、「まず、胸を開いて立つよう意識して」とアドバイスが。

「緊張すると体がこわばって背中が丸くなり、声も小さくなってしまいます。一度、深呼吸をしながら胸を開くようにしてみてください。自然と背筋がのび、周りからは体がひと回り大きく見え、自信がみなぎっているように感じられるはずです。おへその少し下にある『丹田』に重心を置いて立つと、長時間のプレゼンでも姿勢を保ちやすくなりますよ」

今回、藤井さんにとって一番の難関だったのが、手を使ったボディランゲージだ。

「大きなリアクションを交えながらのスピーチをいざ、自分がやるとなると、なかなか恥ずかしくて……」と正直に打ち明けるも、「海外ではエグゼクティブ戦略のひとつとして、手でリアクションをとるボディランゲージをみなさん積極的に習得しているんですよ。ボディランゲージは重要なコミュニケーションのひとつです。恥ずかしいなんて言っていたら、自分の思いは伝わりませんよ」と、先生に叱咤激励された藤井さん。

「今回の体験で、何気ないお辞儀の仕方や身ぶり手ぶりで、見ている人の印象が変わるということを実感しました。プレゼンでは、自分の伝えたいことを言葉以外の部分でも相手にきちんと伝えることが大事なんですね。勉強になりました!」

【1】お辞儀の仕方

(×)なんだかぎこちない――頭を下げて一礼するも、背中は丸まっていて、その姿はあまり美しくない。複数の人を前にあらたまってお辞儀をした経験が少ないだけに、ぎこちなく見える。

(◯)美しく見える3ステップ――あごを引いて手は太ももの両脇に添える。腰から前へ体を倒して、45度の位置で2秒ほど静止。そこからゆっくり体を戻す。

【2】正しい姿勢の作り方

(×)猫背になってしまう――話すことに集中しすぎて、前のめりの姿勢になってしまう。目の前にある机に手を置いて体のバランスを取りながら熱弁をふるう一幕も。

(◯)好印象を与える5ポイント――横から見て、耳、肩、腰、ひざ、くるぶしが一直線になるように。耳たぶの下と上唇が一直線上になるとベスト。胸を開き、へその下の丹田に力をこめると、長時間立ち続けても、姿勢を保ちやすくなる。

【3】ポイントの差し方

(×)人差し指だけ使う――ポイントを人差し指で指して、聴衆の注目を促す。プレゼンの見せ所を迎えて、声量も大きくなってくる。逆の手はだらりと下に落ちたまま。

(◯)レーザーポインタを使うのも手――指を立てるのは卑猥な意味になることもあるので厳禁。指を立てずに行うか、レーザーポインタを使うのもあり。空いているもう片方の手は肩から下の位置で身ぶり手ぶりを交えるとインパクトが増す。

【4】目線の向け方

(×)スクリーンを凝視――説明に一生懸命で、言うことを間違えてはいけないという思いから目線は常にスクリーンへ。プレゼン相手を見ることはなし。

(◯)上位者から目線を――説明中はスクリーンだけでなくプレゼン相手の顔も見ること。相手が複数いるときは発表者の正面が最上位者である場合が多い。上位者から目線を送り、全員の顔を見ることでより熱意が伝わる。

上月マリア
日本プロトコール&マナーズ協会理事長。真の国際人の育成にあたる。著書に『どんな場でも、「困った人」にならない気配りの習慣』など多数。