医療論文の事例を分析したことに対する信頼性

『がんが自然に治る生き方』という本が世に出てアメリカでも日本でもベストセラーになったというのは非常に大きなできごとだと思っています。世の中に「私はこんなことをやってがんを治しました」という本は多数あります。それが信頼できないというわけではありませんが、がんは非常に複雑な病気ですので、ある人に効いたことが別の人に効くとは限りません。その点、本書はメディカルジャーナル(医学論文)に掲載されている治癒事例を網羅的に分析・解析してまとめたというところに意味があると思います。

私はいま標準医療と代替医療を効果的に組み合わせて個々の患者さんに最適の医療を提供することを目指す「統合医療」に関わっています。もともとは外科医としてがんを治療していましたが、手術でがんを切除し、抗がん剤など化学療法をやっても再発転移した人に対してはほとんど打つ手がありません。それでも患者さんの「治りたい」という気持ちに医師としてなんとか答えたいと思って模索するなかで、統合医療や心理療法に出合い、2005年から2006年にかけてアリゾナ大学統合医療センターで2年間学びました。

同センターは、統合医療の方針を次のように定めています。

【1】人間の自然治癒力(自発治癒力)Natural healing powerを治療の原点に置く
薬や手術は自然治癒力を高めるための手段と考える。
【2】全人的に患者を診る
身体だけを診るのではなくメンタルなこと、スピリチュアルなこと、そして家庭環境や人間関係、生活の質などを含めたソーシャルウエルネスなども含めて、その人がどういう状況におかれているかを診る。
【3】生活習慣を見直す
対症療法として症状や検査結果を見ていくだけではなくてなぜその病気がおきたのかを考え、生活習慣が原因であればそれを見治す(運動、食べ物、睡眠、ストレス、など)。
【4】医療従事者と患者の信頼性
信頼をベースにしたリレーションシップ、パートナーシップに基づく医療を行う。がんになる前の自分にも向き合う。

この4つは、『がんが自然に治る生き方』の著者がつきとめた「劇的な寛解」に必要とされる9つのファクターにそのまま重なります。つまり、精神面も含めた生き方の見直しが自己治癒力を高めるということです。その9つのファクターのうち7つがメンタルや生き方にかかわることでした。

患者さんの気持ちの持ち方とか生き方といったメンタルな部分が病気の予後に大きくかかわってくるという点は、私自身の経験からもとても腑に落ちます。ただ、患者さんにそれを伝えるのはそれほど簡単ではありません。「落ち込んで何も手に着かないということはないですか」「ご家族との人間関係はうまくいっていますか」などとそれとなく話をふると「じつは……」と話し出されるかたもいらっしゃいますが、そこでカウンセリングをおすすめすると「いえ、それは必要ありません」という人が多いのです。ご自身は、がんと言われてショックで一時的に落ち込んでいる状態であり、時間がたてば落ち着くだろう、だから自分には心療内科や精神科の受診は必要ないと思っておられるのです。

しかし、本書にもあるように、がんとわかってからの気持ちの落ち込みばかりでなく、それ以前の自分の生き方に向き合うことが大切です。9ファクターのなかにも「治療法は自分で決める」が入っていますが、治療法を自分で決めるということは、自分のこれからの生き方を決めることにほかなりません。治療を実践するステップの積み重ねが人生になっていくのです。

一方で、生活習慣の改善を含めた治療法の選択には注意も必要です。厳格な食事療法で栄養失調に近い状態になってしまう方もおられますし、怪しい代替療法にはまって高額な商品を買わされてしまう方もおられます。自分で治療法をコーディネートするということは、決して簡単なことではないのです。情報収集力も医学的なリテラシーも必要です。地図もなく、現地の言葉もしゃべれないのに、自分で装備して何千メートル級の山を登るようなものかもしれません。せめて5合目までつれっていってくれるようなガイド付きのツアーがあるといいですよね。

がんの治療は、最終的にはメンタル、スピリチュアルな側面に取り組まなければ全人的とはいえないと思います。スピリチュアルというのは死生観にまつわることが多いです。医師として患者さんに接していて感じるのは「治りたい」と思うことは大切ですが「治る」ということに固執することかえってよくない場合もあるということです。病気を受けとめ、死の恐怖からご自身を解放し、周囲の人に十全の思いやりをもって接し、人生を全うされる患者さんを見ていると、治れば勝ちで治らなければ負けという単純な話ではないと感じることがあります。

とはいえ、いきなりその境地に行き着くことは誰にもできません。この本に出てくる人たちも、食事を変えてみたり、瞑想をやったり、いろいろ試しながら旅をするようにして、徐々に自己変容を遂げた結果、劇的寛解に至りました。私は統合医療というものを通じて、患者さん一人ひとりの自己変容の旅をサポートしていきたいと思っています。

メンタルな面も標準治療化を

残念ながら日本では外科や内科と同じように院内に統合医療科があるという病院はほとんどありません。最大の壁は保険制度です。標準治療以外のことをしようとするとどうしてもお金がかかってしまうのです。もうひとつは統合医療についてのコンセンサスが得られていないということです。多くの医師は代替医療に対して否定的です。自分がやっている代替医療についちゃんと主治医に言えている患者さんは、全体の1割くらいではないでしょうか。アメリカでも多くの医師は代替医療には懐疑的ですが、最近は「あなたがいいと思ったらやってみたら」というオープンな医師が増えていると病院関係者から聞いています。

さらに勇気づけられる動きとして、アメリカにはAcademic Consortium for Integrative Medicine and Healthという学術団体があり、加盟する大学はすでに50を超えました。また、がん治療における統合医療を推進する拠点もハーバード大学、ダナ・ファーバー癌研究所(マサチューセッツ州)、MDアンダーソンがんセンター(テキサス州)、Memorial Sloan Kettering Cancer Center(ニューヨーク州)などの名だたる大学の医学部やがんセンターにできています。

10月にMDアンダーソンでの統合腫瘍学ワークショップに行ってきたのですが、鍼をはじめ、音楽療法、マッサージ、ヨガ、瞑想などの代替治療が提供されていました。こうした取り組みが個人病院やクリニックではなく、大学病院やがんセンターでおこなわれ始めたということに希望を感じます。日本でも、統合医療的アプローチの重要性に気づき始めている医師は少なからずいます。聖路加国際病院では、私も非常勤医師としてかかわっている腫瘍精神科を中心に有志でネットワークを立ち上げ、メンタルサポートについても標準化していくことを目指しています。

私は昨年、1年間休職して夫と2歳の娘といっしょに世界31か国をまわり、各地のさまざまな伝統医療や病院を見学しました。とても期待して出発したのですが、残念ながらどこにいっても「こんなにすごい治療をやっているんだ!」と目を見張るほど驚くようなことはありませんでした。シャーマンが不思議な呪文で人を直すといった興味深い場面も見ましたが、まったく見たことのないような治療をやっているところはなかったのです。むしろ驚いたのは、先進医療がうけられない地域の人たちの医療に対する満足度は低くないということです。

なぜだろうと考えてみるに、それは「治る」ことに過度に固執していないからではないかと思いました。「治る」ことに固執すると「治らない」ことが悪になってしまいます。日常において、やるべきことをやったらあとは起こるべきことが起こる、という人生の受け止め方できている人たちは強いと感じました。

ケリー・ターナー氏は、本の最後に「治療」と「治癒」の違いについて述べておられます。治療というのは「悪い所を取り除く」こと、「治癒」というのは「健康な状態になる」ということです。健康な状態とは、本来の自分と言い換えることもできると思います。私は統合医療についてお話しする機会があると、よく「医学」と「医療」の違いについての話をします。医学は再現可能で均一なものでなくてはなりませんが、医療には人によって違う組み合わせや方法があるのです。患者さん一人ひとりがBODY、MIND、SPIRIT(身体、心、魂)のすべてを動員して治ろうとするのを支えるためには、医療にも新しい標準が必要です。

原田美佳子(はらだ・みかこ)
ディポリス東京クリニック副院長。聖路加国際病院精神腫瘍科医師(非常勤)。がん患者と家族のQOL向上を目的とした患者会支援活動、及びがん心のサポートに関する啓発や情報提供を行う、聖路加病院腫瘍精神科スタッフを中心としたハートシェアリングネットワークの立ち上げメンバー。現在 特定非営利活動法人格取得の手続き中です。熊本大学医学部卒。日本外科学会元専門医。外科医時代に統合医療・心理療法に関心を持ち、アリゾナ大学で統合医療を学ぶ。同大学統合医療アソシエートフェロー。