明治大剣道部で「生きるか、死ぬか」の思い

「学歴で人を判断しようとすると、わかりやすいとは思います。たとえば、東大出身の社員ならば、このくらいの仕事ができるだろうな、というように。

しかし、私はその人の生まれ育った環境や祖父母、親などからの遺伝的な要素、そして仕事への適性なども、きわめて大切なものだと考えています。特にこの遺伝的なものは、人を見るうえでものすごく大切です」

ロシアのボリショイサーカス、アメリカのリングリングサーカスと並び、世界3大サーカスの1つといわれる木下サーカス(本社・岡山市)代表取締役社長の木下唯志氏が語る。

12月下旬から来年の2月末まで、都内の武蔵村山市で公演をする。世界でも珍しい猛獣・ホワイトライオンのショーが目玉なのだという。その準備に忙しい日々を送る中、取材に応じた。

今年で創業113年を迎えるが、祖父、父、兄(長男)に続き、木下氏は1991年から4代目の社長を務めている。1950年に次男として生まれ、地元の進学校・岡山県立操山高校を卒業した。

大学入試は、早稲田、慶應、上智、明治の4つを受験した。学生紛争が激しい時代であり、東大の入試が中止となった。有名私大を受験する学生が増えたといわれる年であり、明治大の試験も倍率が高くなったという。

木下氏が振り返る。

「あの年は、早慶上智などの難易度が上がりました。明治の経営学部でも、倍率は50倍くらいに膨れ上がったと聞きます。早慶上智に比べると、明治は難易度が下がりますが、この年は難しかったと思います。私は、明治ならばオール優の成績を目指さないといけないと言いきかせて入学しました」

明治大学経営学部に入ると、体育会剣道部にも入部した。剣道は初心者だった。想像以上に厳しい練習だったという。

「生きるか、死ぬかの思いで稽古をしていました。あまりにも厳しいし、足を痛めましたから、2年の頃、明治を辞めて、関西の同志社大の3年に編入しようと密かに思ったほどです。結局、身体も治り、剣道を続けられたのです。今は3段で、いつか、5段になりたいと思っています」

一方で、特に英語の授業や勉強には精を出した。いずれは英語を使う仕事につきたいと願っていた。実践的な英語を教えることで知られる日米会話学院にも通い、英会話の力を磨いた。

「都市銀行や外務省から派遣されてきた社会人に加わり、猛烈に学んでいました。ネイティブのように、ぺらぺらに話すようになりたかったのです。このときに培った英語力は、大いに役立っています」

兄の死、父の病、そして10億円の負債

就職活動では、都市銀行上位行から内定を得た。オール優に近い成績と高い英語力、体育会剣道部の実績を評価されたと木下氏は受け止めた。

「内定を得た後、医療機関で健康診断を受けたのです。学生は、東大から始まり、旧帝大、その後、早稲田、慶應、そして明治……、さらにほかの私大という順番でした。私はいい気がしませんでした(苦笑)。入行前に、ある種の序列を感じました」

会長である父と社長だった兄は銀行に就職することに反対し、一緒に経営することを促がした。しかし、木下氏は銀行に行くことを決める。その直後に、父が腎臓を患い、病となった。

結局、銀行の内定を辞退した。1974年に卒業し、木下サーカスに入社した。卒業前、ヨーロッパの一流サーカスを見ておこうと得意の語学を生かし、海外視察の旅に出る。世界のサーカスと日本のサーカスの力の差を見せつけられ、今後の目標を胸に帰国した。

入社後、その期待を裏切るような不幸が続く。3年目で空中ブランコの事故に遭い、3年間の闘病生活を強いられる。その後、3代目社長の兄が病で倒れ、1年間、寝たきりとなる。44歳の若さで亡くなった。さらには、父の健康が悪化する。木下氏が4代目社長となった頃、10億円をこえる負債があった。

「ショックでしたね。兄の死のとき、無常という言葉を痛切に感じました。常なるものはこの世にないのだ、と思いました。兄は人徳者でした。1年間、寝たきりであっても、様々な方が支援をしてくださったのです。木下サーカスの113年を振り返るうえで、大きな1年です。

10億円の負債を抱え、社長に就任したときは、これもひとつの人生なのだと言いきかせていました。祖父、父、兄の足跡は立派です。私は、その1万分の1にも満たないかもしれませんが、木下サーカスを守りたいと思ったのです」

社員60~70人の頃だったが、先行きに不安を感じた社員が次々と辞めていく。それでも、強気であり続けた。

「剣道部にいた頃、死ぬんじゃないかと思うほどに厳しい稽古を4年間してきました。あの頃を思えば、乗り越えられると信じていたのです」

10年をかけて返済した。税理士は返済はもうできないから、経営を止めたほうがいいとアドバイスしたこともあったという。

「完全に返済できたのは、奇跡だと思っています。みなさんのご支援やお力のお蔭です。今は、財務状態がかなりよくなりました。1円を笑う者は1円で泣く、という思いを大切にしているのです」

まっすぐに相手に向かっていく姿勢

現在は、国内はもちろん、海外でも公演をする。年間の観客動員数は、120万人をこえる。木下氏はこの40数年、アーティストや演技内容、音楽、照明、施設などの改良を繰り返してきた。社員の採用、定着、育成にも力を注いだ。

「一流のものを観て、感性を磨くようにしています。一流を知らないと、一流のものを提供することはできません。映画のタイタニックは好きですから、何度も観ます。多くの人が感動したものには、ヒントが必ずあります。

平安神宮の春の桜も、きれいですね。機会があるごとに、観るようにしています。宝塚や東京ディズニーランドの演出やプロデュースなどに関わる先生からも、貴重な話をお聞きします。一流のアーティストや調教師などのスタッフからも学ぶようにしています。京セラの稲盛名誉会長やスズキの鈴木会長、ヨドバシカメラの藤沢社長など、一流の経営者ともお会いし、ご指導を受けています。

剣道でいえば、正剣。まっすぐに相手に向かっていく、正々堂々さや誠実さ。それを大切に、前へ、前へ進んでいきたい。Truth is the best policy.(真実は最善の政策)。メッキをぬって、誤魔化してもだめですよ。本物が残るのですから。木下サーカスは、本物であり続けたいと思います」