人は嫉妬する動物だ。しかし、一流は他人と比較してむやみに落ち込まない。なぜ、平静な心理を保てるのか。習慣化コンサルタントの古川武士さんが、具体的方法を教える――。

なぜ、他人に嫉妬しない人は大逆襲できるのか?

他人に嫉妬することはありませんか? 私はあります。

では、うわさ話やゴシップ記事を見聞きして、妙な安心感を得ることはりますか? 私は時々あります。

例えば、あまり好きではない有名人のバッシング記事に溜飲を下げるような感覚です。その人物に対して心の奥で抱いていた嫉妬心や敵対心のようなものが一時的に解消されるのだと思います。

人は嫉妬する動物です。

でも、本当はそんなネガティブな気持ちから解放されて「もっと前向きに考えたい」「嫉妬している自分が嫌だ」という人に向けて、「嫉妬する気持ちを消す習慣」を書きたいと思います。

嫉妬心を消すには、思考習慣が重要です。

▼嫉妬心が生まれるメカニズムとは

「やっぱり、お金のある人は心が冷たいよねー」
「ちやほやされて世間知らずだからうまくいかないのよ」

お金持ちはいいな~というのが正直な気持ち。でも、こうやって他人をくさすようなやりとりをすると、今の(「お金のある人」ではない)自分でいることを肯定できる気持ちが生まれることがあります。

また、同僚が先に結婚したり、仕事で大きな成果を出したり、友人に彼氏・彼女ができたりした場合は、自分が不幸になった気がすることがあります。本当は自分の状況は何も変わっていないのに、他人が成功すると自分の格が下がったような感覚に襲われるものです。

特に、今まで同じレベルだと思っていた人が、ちょっと先にいくと嫉妬心が芽生えがちです。自分が置いてけぼりになって不幸になった気がするのでしょう。

嫉妬心が生まれるのは、ちょっと先に行っている人、同じだった人が頭ひとつ先に行った時。もともと、自分より先に行っている人がさらに成功した場合は「憧れ」になるにもかかわらず、同レベルの人が成功するとたちまち「嫉妬心」になってしまうわけです。

注目してほしいのは、憧れるにしろ嫉妬するにしろ、「他人との比較」によって自己評価(結果)が影響されているということです。

この自己評価は、私たちの感情のあり方を大きく左右する要因です。侮れません。そして、自己評価が安定している人ほど、ストレスに強く、感情生活も豊かになるのです。

どうしたら「人を羨む」ことなく仕事ができるか?

私が多くの経営者やビジネスマンのコンサルティングをしてきた中で感じるのは、社会的評価が高く、一流と呼ばれている人ほど、過剰でもなく過小でもない、正しい自己評価を自らしているということです。

では、この自己評価を高め、安定させるにはどうしたらいいでしょうか。

他人との比較で嫉妬心が渦巻いている時は、自己評価が低くなり不安定な心理状態になっています。この自己評価が他人に左右される状況から抜け出すには、ある思考習慣を身につけることが重要です。それが嫉妬心を消す鍵になります。

▼他人と比較せず、自分と比較する習慣をつける

すでに述べたように、私にも嫉妬心が芽生えることが多々あります。でも、そんな時、私は嫉妬心を感じ続けることはありません。自分でコントロールできるからです。

コツは、「他人と比べず、自分と比べる!」「自分の目線を高める!」。つまり、比較基準を他人ではなく、自分の「過去」と「未来」に置くことです。

特に、嫉妬心が生まれる時は、「今の自分」という小さな殻を守り、他人の成功を羨む思考パターンに陥っていることが多いです。

ここで他人を見ないことが大切なのではなく、自分の目線を高めることが嫉妬から抜け出す思考習慣です。自己評価を「未来進行形」で捉えることです。

▼理想の自分と比較する

目線を高めて、理想の自分をつくる。

その理想の自分が今嫉妬する対象より優れていれば、自分との比較の中で思考パターンが回ります。自分の理想との比較は他人の状況に左右されないため、とても安定します。

もちろん、常にそこに近づくための努力を積み重ねることが重要ですが、この理想に近づく行動習慣に集中していると嫉妬心を小さくすることができます。

もっと自分を輝かせるために努力を積み重ねている!

・理想の自分と比較する思考習慣。
・理想の自分に近づくための行動習慣。

が嫉妬心を消すことに繋がります。

なぜ、自分を褒める習慣で嫉妬が消えるか?

さて、ここでもうひとつ重要な視点は、理想の自分に向けて少しずつ行動し、少しずつ成長をしている自分を褒めてあげることです。そうでなければ、理想の自分に追いつかない自己嫌悪が芽生えるからです。

自己嫌悪感(自己否定)は嫉妬心よりもさらに堪え難いものです。この自己嫌悪感を消すには、自己肯定の思考習慣を持つことが重要です。

あるべき姿との比較で「できていない自分」が芽生えた時に自己嫌悪が生まれます。これが、理想の自分だけを見た時に陥る罠です。

常に、小さいステップでも着実に行動できている自分を認める、褒める思考習慣は、決して自分を甘やかすことではありません。さらに前に進むための原動力をつくり出すために必要なものです。

昨日よりできたこと、1週間前よりできたことを確認しながら、前に進むこと。自己肯定を積み重ねることも、自己評価を安定させるのに重要なことです。

▼思考習慣は意識し続けることで必ず変わる

私はそう思って、嫉妬心が芽生える時、目線を上げるためいつも使命と理想のビジョンを確認し、未来進行形の自分に追いつこうと行動習慣を考えます。

そして、ひとつずつ行動を起こしている自分を褒めてあげます。これができるかどうかは、性格の問題ではなく、思考習慣です。

繰り返しになりますが、嫉妬とは、自己評価が不安定になっている状態です。これを感じ続けることは正直、生産的ではないですし、自分の心にも良くない習慣です。他人に嫉妬している時間ではなく、自分を輝かせる習慣を頑張った方がよっぽど気持ちがいいものです。

理想の自分をつくって、そこに向けて走り出しませんか? そして、小さく前に進んでいる自分を自己肯定してみてください。その暁には、自分がイメージした未来以上の未来が待っているかもしれません。