高校時代は渋谷のブルセラショップに通い、慶応大学ではキャバクラ嬢とAV女優を経験。東京大学大学院修了後は日経新聞の記者に。流浪の社会学者が見つめる現代女性の価値観とは──。

父は哲学者母は翻訳家

【田原】鈴木さんは異色の経歴の持ち主だ。慶応大学に在学中、キャバクラで働き始めて、AV女優デビュー。その後は東大大学院を経て、日経新聞の記者として活躍。一昨年『「AV女優」の社会学』を発表して話題を呼びました。とても身軽な生き方でいいと思うんだけど、そもそも夜の世界で働こうとしたきっかけは何だったのですか。

【鈴木】私がまだ知らない、楽しそうな世界があるように見えたんです。それまで私は高校や大学にしっかり行って、サークルやゼミにも入り、正統派な人生を楽しんできました。でも夜の世界には、それとは違う人生の楽しみ方を知ってる人たちがいる気がして、ついフラフラッと。

【田原】誰かに誘われたわけですか。

【鈴木】1人で行くのは心細かったので、最初は高校時代の友達と一緒に行きました。彼女は早稲田だったから、早慶で体験入店です(笑)。

【田原】お父さんは学者で、お母さんは翻訳家。キャバクラで働くことを親御さんは反対しなかった?

【鈴木】親には言ってないです。当時はもう1人暮らししていたので。

【田原】それで働いてみてどうでした? おもしろかった?

【鈴木】はい。昼間の世界で信じられているものとはまた別の価値観やヒエラルキーがあって新鮮でした。

【田原】たとえばどんな?

【鈴木】普通の学校だと、先生の言うことをちゃんと聞くとか、宿題をきちんと出すとか、優等生タイプが評価されるじゃないですか。でも、夜の世界だと、平気で遅刻してくるようなコがお客さんをかっさらってチヤホヤされるんです。

【田原】昼と夜のルールが逆転しちゃうんだ。

【鈴木】逆に昼なら問題にならないのに、夜の世界ではタブーになっていることもあります。たとえば会社なら優秀な人が上客を担当するのは普通のことで、担当替えがあっても恨まれる筋合いはない。でも、夜の世界は人に仕事がくっついているから、人のお客さんに声をかけたりしたら、のけ者にされて生きづらくなります。べつに明文化されているわけじゃないけど、そういうルールがいっぱいあります。

【田原】じつは僕はキャバクラに行ったことがない。昔、クラブに連れていかれたことが2~3回あるだけ。だからよくわからないんだけど、キャバクラで人気をとるにはどうすればいいのですか。男に媚びればいいというわけじゃないんでしょ?

【鈴木】私も最初はそれがわかんなくて困りました。すごく美人というわけでもないコがナンバーワンになってたり、人気があるのに売り上げが少ないコがいたりして、いったいここは何が基準なの!?って混乱しました。

【田原】人気があるけど売り上げがないって、よくわからないな。

【鈴木】たとえばいろんなテーブルに「あの子がいると盛り上がるからちょっと呼んでよ」って言われるんだけど、お客さんの本命が別のコだと、本指名じゃないから稼げないんです。

【田原】ちょっとお聞きしたいんだけど、稼ぎたいなら売春したほうがきっと儲かりますよね。実際、当時は援助交際が流行して社会問題化していた。でも、キャバクラで働いているコたちはプライドがあって、売春とは一線を画したいのかな。

【鈴木】どうかなあ。少なくても私は区別しているつもりはなかったです。実際、枕営業もしてたし、それが売春かどうかって微妙じゃないですか。ただ、一般的に売春となると、何かトラブルがあったときに守ってもらえないリスクがあります。それに、売春が本当に悪いことかどうかは置いといて、法律で禁止されていることをやるのはいろいろと面倒だという気持ちもありました。そう考えると、キャバクラと売春をとくに区別はしないけど、あえて売春で食べていこうとは思わなかったですね。

【田原】なるほど。ところで、キャバクラがおもしろかったなら、どうしてそっちに専念しなかったのですか。大学に通ってても仕方がない。

【鈴木】私って、あんまり一貫性がないんです。キャバクラはおもしろいけど、自分の人生はこれだって決めたくないというか。

【田原】鈴木さんは器用なんだろうね。慶応受けたら受かっちゃうし、キャバクラいったらそれなりに人気が出ちゃう。何でもできるから、かえって選べなくなる。

【鈴木】田原さん、するどい! 私は人より特別に秀でたものはないんだけど、器用にオール4取っちゃうタイプ。だから自分の人生を絞り込めなかったし、道を決められたとしても、決めるのはもっと後でいいやと思っていたところがあります。

「女性は被害者」ではない

【田原】鈴木さんはAV女優としても活躍した。何本ぐらい出たんですか。

【鈴木】3年間で50本くらいです。1人で出る単体のビデオなら、撮影は2日間。あと表紙の撮影に半日かかるので、1本で2日半の拘束です。それでギャラは70万~80万円くらいです。ちなみにいまはインターネット動画が普及して、ギャラはかなり下がってます。1本出て10万円いかないコもいると聞いています。

【田原】キャバクラで稼いでいたから、お金に困っていたわけじゃないよね。AVに出演した理由はなんですか。

【鈴木】ポルノの背徳感に、なんとなく憧れがあったんです。昔の日活のポルノ女優さんって、昼の舞台に出ている女優さんに比べて退廃的な魅力があって、なんかかっこいいなと。

【田原】僕は日活ロマンポルノの白川和子という女優さんをよく知っているんだけど、白川さんはかっこよかった。日活はインチキな会社で、ポルノを「猥褻じゃない。芸術だ」といって上映していました。でも白川さんは「猥褻でいいのよ。私のヌードを見て男性がイッてくれれば、これほどうれしいことはない」と胸を張って言っていた。鈴木さんはどうですか。あなたのAVを見て男性が射精してくれるとうれしい?

【鈴木】出演する前はとくに考えてなかったです。でも、やってみると、男の人に欲望されることで自分の価値を実感している私がいました。フェミニストからは怒られそうですけど、やっぱり男の人に自分のことを欲望してもらえないのは寂しい。AVの世界は、自分がどれだけ欲望されているのかということがお金やランキングでわかりやすく示されます。その意味でAV女優は、女性にとって承認を得られやすい仕事なんだと思います。

【田原】世の中にはセックスワークに対して、「女性はかわいそうな被害者。男性は搾取する加害者」という見方があるけれど、鈴木さんはどう思う?

【鈴木】自分の体を売る仕事は、根底で嫌な思いがある一方、魅力も孕んでいると思います。経済的に豊かになったり、男性にチヤホヤされるのはうれしいし、普通の会社に勤めるより、風俗店の待機所で他の女のコとお客さんの悪口で盛り上がっていたほうがいいというコもたくさんいる。セックスワーカーに女性搾取の面がないとはいわないけれど、彼女たちを被害者ととらえると本質を見抜けないんじゃないかなあ。

【田原】セックスワークに対してフェミニズム的な見方がある一方で、「売春は女性が技術やサービスを売っているだけ。他の労働と同じだ」という人もいる。これはどうですか。

【鈴木】うーん、そういうふうにも割り切れないですね。たとえば吉原のソープで5万円のコがいたとしたら、彼女がもらう5万円の中には、人間的な魅力だったり感情といった労働以外のものが含まれていると思います。セックスワークはただのサービス業だという主張はいまアメリカで主流になっていますが、私は距離感を感じます。

田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。若手起業家との対談を収録した『起業のリアル』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。