専門学校卒、内定ゼロでフリーターに

「高学歴だったら、もっと楽に前に進むことができたのかもしれませんね。だけど、20代前半で会社を設立し、人を雇うなんてできなかったと思います。セミナー研修の講師として、今のポジションをつかむことも難しかったんじゃないかな」

人材戦略コンサルタントの柘植智幸氏(38)が、社会人として20年近いキャリアを振り返る。人材コンサルティング会社・じんざい社の代表取締役として、企業の採用・定着・育成などのコンサルティングを手掛ける。

企業や経済団体、自治体などのセミナー研修の講師としては、トップランクの人気だ。年間250回を超えるという。首都圏を中心に、関西、中部、北海道、九州など全国を飛び回る。

柘植氏は、就職氷河期世代である。1998年に、大阪ビジネスカレッジ専門学校を卒業した。在学中、40社ほどの会社の採用試験を受けたが、内定を得ることができなかった。山一証券が経営破たんするなど、金融危機の頃だった。

卒業後は、フリーターとしてピザ・カリフォルニアで配達を始めた。一方で、友人や後輩などを率いて独自のビジネスを手掛けようとした。

とはいえ、売るものがない。そこで、大学の就職部に出向き、専門学校で教わった講師の講義を売り込んだ。「この先生の話をぜひ、貴大学の学生にも聞いてほしい」。在学中、講師の講義に魅力を感じていた。講師も柘植氏の提案を受け入れ、支援をしてくれた。

だが、大学からは断りを受け続けた。この頃、収入はゼロ。フリーターはすでに辞めていた。

「仕事がなく、お金がないことがこんなに苦しいのか、と身に沁みました。本当に惨めで、不公平で、理不尽な思いをすることがよくわかりましたね」

5年間、収入ゼロで、借金1000万円

半年ほど後に、ある大学でようやく契約成立となった。就職部は、柘植氏に学生の前で話をしてほしい、と依頼した。それをきっかけに、自らの就職活動の失敗体験をテーマにセミナーの講師をするようになる。

「大学生を相手に、専門学校卒で、しかも、内定ゼロの男性が生々しく語る」ことが口コミで伝わった。関西を中心に50大学ほどから依頼を受け、年間で100回近くの就職セミナーで話すようになった。22歳のときだった。

柘植氏は就職セミナーの実績を持ち、企業への攻勢をかける。

「大学の就職セミナーでの講師料は当時、90分で3万~5万円。ありがたいことなのですが、これでは会社の形態にすることはできないと思いました。利幅も少ないしね。それで、企業の人事部を訪ね、新入社員研修や、20代の若手研修の講師として使ってください、とお願いをしたんです」

独立し、5年目の25歳になっていた。5年間、給料はない。大学などから就職セミナーの講師料は入ってくるが、会社の運転資金に瞬く間に消える。借金は、1000万円に膨れ上がっていた。背水の陣の思いで500社ほどにとびこみ営業や、テレアポセールスをする。次々と断られたが、進み続けた。この頃は、過激だったと振り返る。

「バカにした態度をされることがありましたね。そんなときは、言いかえしました。それなら結構です! って。会社員とは抱え込むものが違いますから。向こうは安全地帯にいるのでしょうけれど、こっちは闇の中にいます。前に邪魔がいたら、切るしか、ないです。次々とオファーをしてくれる会社もありました。この頃、学歴を考える余裕はありませんでしたね」

疲れがたまり、心臓が苦しくなり、救急車で病院にかつぎこまれたり、内容証明を送られることもあった。それでも、営業で回り続けた。

「20~25歳の頃は猛烈な営業をしていて、忙しかったんです。1年365日、1日10数時間、仕事。この数年間で味わった苦しさや辛さに比べたら、今、クライアントから厳しく言われることなんて、たかがしれていますよ」

「上司が不要な時代」への提言

20代後半になると、新たな壁にぶつかる。柘植氏は営業をすることなく、研修講師の依頼が舞い込むためにはどうすればいいのか、と考え抜いた。その仕掛けをつくらないと、売上は伸び悩み、個人事業のまま、終わっていくと思った。

「いい話をするだけでは、リピートにはなりえません。受講される方に学習効果があったと思ってもらってこそ、リピートになるのです。そこで集合研修のスタイルを維持しつつ、個別研修のようなスタイルを編み出しました。みんなの前に立ち、それぞれの社員の抱え込む課題を聞き出し、解決策を答えていくのです。

学習効果を上げるためには、行動し、変化をしてもらうことが前提になります。そのためには、ご本人にとって嫌なこともあえて言うようにしているのです。怒らせたら、行動や変化にはつながりませんから。気持ちよく、その課題に気がついてもらえるように僕が誘うんです。20代前半の頃に比べると、今、私が話す内容も教材も、全然違います。常に改良を重ねてきました。これは、徹底していると思います」

現在の好景気は、ITとロボットによるものが大きく、人の力ではないと指摘する。会社員のスキルなどが上がり、仕事の生産性が上がっているわけでもないとみる。今後、ITが一段と浸透し、上司が今までの経験・体験だけでフィードバックし、部下を動かすことは難しくなる時代が本格化すると予言する。

「スキルうんぬんで、生産性はもう上がりません。ITに頼ることで、生産性を上げざるを得ないでしょう。そのとき、グーグルなどが今以上に使われます。もう、上司はいらないでしょう。上司よりも、グーグルで調べたほうがはるかに、精度の高い情報を早く得ることができます。少なくとも、上司の数は減っていきますよ。

言い換えると、ネットに出ていないような、独自のノウハウやスキルを身につけるべきなのです。つまりは、変人やオタクにならないとダメなのです。そのほうが、市場価値が上がります。そうでないと、社内でも社外でも、オファーは来ないでしょうね。

いまなお、学歴で昇格などを決めるのは、価格競争に巻き込まれない、古い体質の会社だけじゃないですか。○○大学を卒業すると、▽▽という会社で○○といった仕事をして、××までは昇格できる、という時代は終わっています。中途半端な学歴を身に付けるよりは、変人になるべきですね」