ラグビー界の「レジェンド」

どの競技にも現役ながら「レジェンド」と形容される選手がいる。大リーグのイチローもそうだし、スキージャンプの葛西紀明、サッカーの三浦知良……。ラグビーの伊藤剛臣もまた、44歳にして、すこぶる元気である。

8日。雨上がりの釜石市球技場(松倉グラウンド)。タケさんこと伊藤剛臣は釜石シーウェイブス(SW)のロックとしてフル出場し、チームの勝利(54-12)に貢献した。持ち前の嗅覚と瞬発力で先制トライをマークしたときは、スタンドでは大漁旗が打ち振られ、ファンからこう、声援が上がった。「いいぞ。史上最年長トライだぁ」と。

トライのほか、年齢をまったく感じさせない運動量でボールを生かし、大声を出してチームメイトを鼓舞する。神戸製鋼で18年間プレーしたあと、釜石SWにトライアウトで移って4年目。日本代表キャップ(国別代表戦出場)数「62」はだてではない。巧い、まだ若い。チームメイトの30歳フランカー、佐伯悠は冗談口調でため息をつく。

「集中力がすごい。タケさんはバケモノですよ。偉ぶったところはないし、練習で手を抜くこともありません」

それにしても、なぜ、こうも元気なのだろう。釜石SWの熱烈サポーターの土肥守医師は「天性の才能と本人のピュアな性格からくる努力の継続のたまものでしょう」と分析する。天性の才能とは、もちろん図抜けた身体能力もあるが、「目的のために、余計なことを考えない能力」と説明する。

すなわち、ロックという役割を愚直に遂行する。からだを張る。または目的のために準備も怠らない。トレーニングしかり、からだのケア、レスト(休息)しかり、である。

難しい「頑張り過ぎない」

とくにタケさんは40歳を超えてから、コンディショニングを注意するようになった。たとえば午後7時の練習開始なら、午後5時ごろにクラブハウスに来て風呂に入り、入念なストレッチに取り組んでからグラウンドに出ていく。

イチローのごとく、ルーティンワークを大事にし、神経と筋肉の状態をチェックするのである。もしも筋肉が張っていれば、そこにテーピングテープを巻く。練習で全力プレーに徹する。ただ練習が終われば、すぐにからだの手入れをしてサッと帰る。若い選手のようにいつまでも個人練習をすることはない。

頑張り過ぎない、のである。これは簡単そうで、実は意外と難しい。木久江竜一トレーナーは「自分のペースを守ってやっている。あえてラグビー用語で例えれば、チェンジ・オブ・ペースのうまさでしょう」と讃える。

「練習中もそうです。コンタクトプレーやチーム練習ではスイッチがパチンと切り替わる。もしスイッチを入れっぱなしだと電池(体力)は切れてしまいます」

すごいもんですね、と声をかければ、タケさんは「44歳。体調はいいっすよ」と胸を張る。

「プロ契約ですから。これが仕事ですから。自分こそ、80分、試合に出させてもらって光栄です」

常識は非常識

もちろん、闘志だって並大抵のものじゃない。 タケさんは現役最後の「炎」を、あのV7の新日鉄釜石の流れをくむ釜石SWで燃やしている。トップイーストの釜石SWは昨季、トップリーグ(TL)昇格門前までいった。今季は新戦力も加わり、TL昇格への期待も膨らんでいる。

タケさんは独特の言い回しを使う。「自分の中の悪魔を取り払って、ラグビー選手としては常識は非常識、非常識は常識でいきたいと思います」。目標が今季も「日々向上」。

「目の前のワンプレー、ワンプレー、1試合、1試合、1日、1日を100%で取り組んでいきたい。自分としては日々向上、チームとしては(TLに)上がるようやっていきたい」

ラグビーにはとことん真面目。全力だけど、頑張り過ぎず。44歳の夏。タケさんがマイペースで走る、走る。

松瀬 学(まつせ・まなぶ)●ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。日本文藝家協会会員。著書に『汚れた金メダル』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』(扶桑社新書)、『一流コーチのコトバ』(プレジデント社)など多数。2015年4月より、早稲田大学大学院修士課程に在学中。