親からの相続ではなく、一代で財を築いた人たちはどのような考えを持ち、行動をしているのか。これまで1000人を超える大富豪を見てきた本田健氏に彼らの共通点を分析してもらった。

お金の使い方:なぜ物より体験に投資するか

ミリオネアは高級ブランドに囲まれて暮らしていると思い込んでいる人はいないだろうか。残念ながら、それは誤ったイメージだ。

世界各国を飛び回るマダム・ホーは、通貨ごとにブランドの財布を使い分けている。一つ一つはそれなりの値段がするが、その多くは10年、20年前に購入したものだ。

「財布は壊れたからといってすぐに新しいものに買い替えたりしません。壊れたら修理して長年、大事に使うべき。親からはそう教わりました」(マダム・ホー)

しかし物については贅沢をしない一方で、ミリオネアは必要だと考えるところには惜しげもなくお金を使う傾向がある。

「日本に滞在中は、つねに帝国ホテルに宿泊しています。帝国ホテルに泊まっていると言うと仕事相手から信用を得られますし、ここはサービスのレベルが高くて、コンフォータブル。快適に過ごせないと仕事にも支障が出るので、そこはお金を惜しみません。それから、車は必ずベンツです。アメリカは車社会なので、ドイツ車に乗っていることはステータスの証しになり、信用が増すのです。そして何よりベンツは頑丈で、たとえ事故に遭っても命を落とす危険がほかより少ない。信用と安全にはお金をかけるべきです」(マダム・ホー)

ケチるところはケチり、使うところは使う。この極端さが、ミリオネアの特徴の一つだ。

一方、本田氏は、「一代で財をなす人は投資的なお金の使い方をする」と指摘する。

「100万円あったとき、普通の人は一部のお金を贅沢に使い、残りを貯金するというパターンが多い。一方、ビジネスマインドを持っている人は100万円をどう使うと101万円になるかと考えている。一代でミリオネアになった人に話を聞いても、20代で貯蓄をしていた人はほとんどいません。事業や投資を始めるために貯蓄することはあっても、無目的に貯蓄はしていないのです」(本田氏)

アズグループホールディングス会長の松田元氏も、投資的なお金の使い方に賛成だ。

「物欲を満たすためにフェラーリを買う人がいますが、僕には理解できない。外車を買っても、得られるのは物の価値だけです。それより重要なのは、体験に投資すること。旅とか人と会うといった体験に投資すれば、フェラーリ以上の付加価値を生み出す人になれる。物に投資するより、形のないものにお金を使ったほうがずっと豊かになれます」

仕事のモチベーション:なぜ「絶対売れる」話はダメなのか

ミリオネアたちの仕事の取り組み方にも注目したい。ジュート社長の森平茂生氏は新しい商品や日本で知られていない商品を次々に手がけるが、商材選びにはこだわりがある。

「クロックスの日本法人を辞めた後、6ブランドからお誘いを受けましたが、すべてお断りしました。僕は100人が100人、『これなら絶対売れるよ』と言われるものは手がける気にならない。むしろ成功する可能性は50%くらいで、ほかの人は手をあげないもののほうが面白い。考えてみると、クロックスもそうだったし、いま手がけている高級ビールもそう。みんながしり込みするものに挑戦すること自体に喜びを感じるのです」

マダム・ホーが仕事を選ぶときのキーワードは、オープンマインドだ。

「仕事には、来るものは拒まずという考え方で取り組んでいます。仕事をクビになって途方に暮れていたとき、医療勤務者のエージェンシーに登録したのは知人に誘われたからだし、その後に社長秘書になったのも、日本の駐在員の奥様にスカウトされたから。いまでは自分の天職だと思っている同時通訳も、最初は日本の大学教授に頼まれてやっただけです。どの仕事も未経験でしたが、やってみたら楽しくできた。食わず嫌いでいるのはもったいない。大阪人らしく『やってみなはれ』でトライして、その後にどうするか決めています」

森平氏とマダム・ホーには共通する価値観がある。「儲かりそうだから」という視点で仕事を選ばないという点だ。

本田氏は「お金持ちは、お金のことを考えて仕事をしていない。これはミリオネアになる人によく見られる考え方です」と指摘。それを象徴するようなジョークを教えてくれた。

行列ができる田舎のホットドッグスタンドの親父に、MBA帰りの息子が「原価が高すぎる。これから不況になるのに、この原価率ではやっていけない。ホットドッグのサイズを半分にしよう」と助言。父親が息子の言うとおりにすると、1カ月後にはぱったり客足が途絶えた。父親は「さすがは俺の自慢の息子だ。本当に不況になった!」。

「この笑い話から学べるのは、利益にフォーカスすると、逆にお金は逃げていくという教訓です。お金持ちになる人がフォーカスしているのは、相手の期待を上回るものを提供すること。それを続けていれば、まわりの人が必ず引き上げてくれます。結果としてそこにお金がついてくる。先にお金を追い求めてはいけないのです」(本田氏)

ミリオネアを目指すなら、ぜひ意識しておいてほしい法則だ。

人生の目標:なぜ富豪は資産を寄付したがるのか

ミリオネアは人生を長期的な視野でとらえていると本田氏は指摘する。

「一代で財を築く人は、人生をマラソンのようなものだと考えています。視線の先にあるのは遠い先にある目標です。目標達成に向けて、いま自分が何キロ地点にいるのかを意識しながら毎日努力を続けています」

実際にミリオネアが掲げている目標は壮大だ。マダム・ホーの場合、短期目標は日本の小口投資家の救済だ。

「バブルが盛り上がったころ、証券会社は主婦にも株の購入を勧めてきました。しかしバブルがはじけて、救済されたのは大手企業だけ。馬鹿を見たのは庶民の小口投資家です。私は外国暮らしですが、どこに行っても日本人だということでよくしてもらえた。それはいままで日本人が各地で誠実な行動をとってきたから。私は日本に恩返しをしたい。だから本業とは別に、日本で小口投資家のための著述活動を行っているのです」

中期・長期目標はもっと大きい。中期目標は、日本とアメリカの将来を担う若者のために学部やNPOをつくること。長期目標は、母の名前を冠したホスピスをつくることだ。

「若者のための奨学金をつくりました。でも、まだ道半ばです。学部をつくるには35億円が必要。長期目標のホスピス建設には、もっとお金がかかります。人は私たちを見て十分に稼いだというけれど、ネバーイナフ。お金は目標を達成するためのツールにすぎませんが、あればあるほどいい」

松田氏が掲げる目標も大きい。最終目標は、「この世から労働者をなくすこと」だ。

「私は1億総株式会社化して全員が社長になれば、社会はもっとよくなると考えています。そのためにいま武蔵野学院大学と産学連携で、スモールミディアムビジネスの研究所をつくりました。ゆくゆくは私の経営資産をベースにしたビジネススクールをつくり、全員を起業家として世に送り出したい」(松田氏)

マダム・ホーと松田氏の目標は、社会に深くコミットするものだ。本田氏はこう分析する。

「大豪邸に住んでも、友達がいないと人生はつまらないですよね。だから目標も、自分だけが楽しいというものではなく、誰かが喜んでくれることへと変わります。マラソンで言うと、ミリオネアになるのは10キロ地点の目標。その先は突き抜けた目標になる。この傾向は、若い世代のミリオネアほど強い」

お金の専門家 本田 健(ほんだ・けん)
経営コンサルティング、会計事務所など複数の会社を経営する「お金の専門家」。著作シリーズは累計520万部を突破。主な著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など。