保障は手厚いほど安心だが、保険料というコストがかかる。どの保険を選べば効率よく保障を手に入れることができるのか──。
数多くの商品があふれる中で最適の保険を選ぶのは至難の業だ。そこで保険のプロ23人に「おススメできる保険」「おススメできない保険」をピックアップしてもらった。実際に加入する際には、年齢や家族構成、ライフスタイルなどによってベスト保険は変わるが、ひとつの指針にはなるはずだ。

医療保険は病気やケガで治療が必要になった際に給付金を受け取れる保険。入院した日数に応じて支払われる「入院給付金」、手術を受けたときの「手術給付金」が保障の中心となる。1回の入院で受け取れる入院給付金の限度日数は60日型が主流。平均入院日数が32.8日(厚生労働省「患者調査」2011年)であることを考えれば、十分ともいえるが、脳血管疾患では平均入院日数が93日(同)であるなど、長期入院が必要になるケースもある。

そこで、登場しているのが7大生活習慣病の保障を手厚くした医療保険だ。7大生活習慣病とは、がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧症疾患、腎疾患、肝疾患(会社によって対象は異なる)のこと。

大差でトップとなったオリックス生命の「新CURE(キュア)」は、3大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)で入院した場合には、入院給付金の給付日数が無制限になり、それ以外の7大生活習慣病の際には2倍となるプランが可能。「手頃な保険料で手厚い保障があり、コストパフォーマンスが高い」(選者の一人・以下同)ことが評価された。「加入者が順調に増えている点も、長い保障を得る商品としては安心」という意見もあった。

2位のメットライフ生命「Flexi(フレキシイ)」は、14年9月に発売されたばかりの商品。「名前通り、保障設計の自由度が高い。保険料もリーズナブル」であることが特徴。入院、手術、先進医療などを基本保障とし、7大生活習慣病の入院給付金の支払い日数を無制限にする、退院後の通院で給付を受け取るなどの保障をオプションで付けることも可能。一方で、「24時間健康ダイヤルとセカンドオピニオン専門医の紹介状サービス(いずれもティーペック提供)が無料」であるなど、付加サービスが充実しているところも評価されている。

3位は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「新・健康のお守り」。ポイントのひとつは手術給付金。公的医療保険の対象である約1000種類の手術をカバーする商品が一般的だが、その場合の給付額は入院給付金日額の10倍または20倍が主流。「新・健康のお守り」では「手術内容に応じて入院給付金日額の10・20・40倍を給付」とする点が評価された。

医療保険にがん診断一時金やがん通院保障を付加できる商品も増え、1本の保険である程度、がんもカバーできる。

おススメできる医療保険ランキング

【ランキング表の見方】各保険について「おススメできる保険」を3商品まで、「おススメできない保険」を2商品までピックアップしてもらい、前者は上位から3点、2点、1点、後者は上位から▲2点、▲1点として評点を合計した。

1位(40点)
保険会社名/商品名:医療保障のニーズをほぼ満たせる オリックス生命「新CURE(キュア)」
保険料:30歳(男性 3557円、女性 3981円)40歳(男性 5531円、女性 5448円)50歳(男性 10227円、女性 9813円)
保障内容:手術給付金(入院中 20万円、外来 5万円)その他(骨髄幹細胞移植を目的とした骨髄幹細胞採取手術を受けたとき 20万円)
付加できるがん保険:診断一時金(○)通勤(○)
主なプロの意見:基本の保険料は安いのに、3大疾病だと入院給付金の支払い限度日数が増えたり、がん診断給付金を付けられるなど、医療保障のニーズをほぼ満たせる保険。

2位(19点)
保険会社名/商品名:セカンドオピニオンの紹介が無料 メットライフ生命「Flexi(フレキシィ)」
保険料:30歳(男性 4517円、女性 4797円)40歳(男性 7217円、女性 7257円)50歳(男性 16417円、女性 15787円)
保障内容:手術給付金(入院中 20万円、外来 5万円)その他(放射線治療を受けたとき 20万円)
付加できるがん保険:診断一時金(○)通勤(×)
主なプロの意見:保険料が安い。24時間健康ダイヤルとセカンドオピニオン専門医の紹介状サービスが無料。保険料支払い免除要件が他社よりも緩い。

3位(17点)
保険会社名/商品名:入院・手術、先進医療に絞ると安い 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新・健康のお守り」
保険料:30歳(男性 3880円、女性 4020円)40歳(男性 6002円、女性 5472円)50歳(男性 11013円、女性 9543円)
保障内容:手術給付金(5・10・20・40万円)
付加できるがん保険:診断一時金(○)通勤(○)
主なプロの意見:入院と手術、先進医療だけに絞って契約した場合、保険料がとてもリーズナブル。親会社の格付けも安心できる。7生活習慣病で入院給付金の限度日数が延びる。

4位(8点)
保険会社名/商品名:介護・三大疾病など特約が豊富 三井住友海上あいおい生命「&LIFE(アンドライフ)新医療保険A(エース)」
保険料:30歳(男性 4622円、女性 4865円)40歳(男性 6854円、女性 6651円)50歳(男性 12067、女性 11563円)
保障内容:手術給付金(入院中 10万円、外来 5万円)
付加できるがん保険:診断一時金(○)通勤(○)
主なプロの意見:豊富な特約(介護・3大疾病・先進医療は交通費も支払い対象)がある。保険料の短期払いのバリエーションが豊富。全体的にバランスのいい保障内容となっている。

5位(7点)
保険会社名/商品名:通院保障が付けられるのが魅力 アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER(エバー)」
保険料:30歳(男性 4139円、女性 4509円)40歳(男性 6239円、女性 6409円)50歳(男性 12279円、女性 12519円)
保障内容:手術給付金(5・10・40万円)
付加できるがん保険:診断一時金(×)通勤(×)
主なプロの意見:日帰り入院から保障され、5日未満の入院の場合、一律5日分の入院給付金が支払われるなど、短期の入院をしっかり保障する。通院保障が付けられるのも魅力。

一方でワーストは大手生命保険会社が中心に扱う「医療特約」となった。死亡保障の保険などにオプションとして契約するものだが、「10年ごとに更新するタイプが多く保険料が上がる」ことに加え「特約であるため保障内容が手薄」であることがマイナス評価された。東京海上日動あんしん生命の「メディカルKit(キット)R」は、支払った保険料のうち保障で使わなかった分の保険料が戻ってくる商品。健康であれば全額戻る点をメリットとして、おススメ保険に挙げるプロも多かった。ワーストに挙げたプロは「貯蓄と保障は切り離すべき」「戻ってくる保険料に利息が付かない」点などをマイナス評価した。

おススメできない医療保険ランキング

1位(▲8点)
保険会社名/商品名:更新型がほとんどで保険料が割高 大手生保の医療特約
主なプロの意見:保険料が高い。更新型が大半で更新の度に保険料が上がる。「特約」という形は保障内容が手薄なのが気になる。

2位(▲5点)
保険会社名/商品名:保険料が戻るが魅力は薄い 東京海上日動あんしん生命「メディカルKit(キット)R」
主なプロの意見:支払った保険料が戻ってくるため、貯蓄性があるともいえるが、貯蓄と保障は切り離すべき。入院給付金を受け取ると戻る額が減る。

2位(▲5点)
保険会社名/商品名:入院給付金の支払いが5日目から ソニー生命「総合医療保険」
主なプロの意見:オーソドックスな終身医療保険であるにもかかわらず保険料に割高感がある。日帰り入院から支払われる保険が多い中、特約を別に付けないと、入院が5日目からの支払い。

表の保険料は、月払い(口座振替)、保険期間:終身、保険料払込期間:65歳払込満了(メットライフ生命は60歳払込満了)、入院給付金日額:1万円、1入院における入院給付金の支払い限度日数:60日、先進医療特約を付加した場合で計算。各商品ともここに記載した以外に保障やサービスがあり、支払い条件にも違いがある。詳しくは各社に問い合わせを。

ランキングにご協力いただいた方々(50音順、敬称略)ファイナンシャル・プランナー(CFP)飯田道子/エフピーウーマン代表取締役 大竹のり子/ファイナンシャル・プランナー、All About生命保険ガイド 小川千尋/暮らしと保険のFP 相談室 ファイナンシャル・プランナー(CFP)葛西晶子/ファイナンシャル・プランナー(CFP)古鉄恵美子/ファイナンシャル・プランナー 鈴木さや子/ファイナンシャル・プランナー(CFP)、1級FP技能士 竹下さくら/かづなFP社労士事務所代表 田中香津奈/一般社団法人FP&コミュニティ・カフェ代表 内藤眞弓/アイリックコーポレーション営業教育部、CFP 中山浩明/ファイナンシャル・プランナー 畠中雅子/FPオフィス Life & Financial Clinic代表 平野泰嗣/ファイナンシャルアソシエイツ代表取締役 藤井泰輔/ファイナンシャル・プランナー 藤原久敏/ファイナンシャル・プランナー(CFP)馬養雅子/ファイナンシャル・プランナー(CFP)、All About医療保険ガイド 松浦建二/K’sプランニング代表 水野圭子/FPユニオンLabo 代表取締役 宮越 肇/FPオフィス・モリタ代表 森田和子/生活マネー相談室代表 八ツ井慶子/ファイナンシャル・プランナー 山口京子/ファイナンシャル・プランナー(CFP)横川由理/家計再生コンサルタント 横山光昭