物件自体の価値から「物語」へシフトした

世界遺産の増加が止まらない。2015年現在、世界では1000以上、日本では18の物件が登録されている。世界遺産は国連機関のユネスコが運営する制度だ。日本では1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」と「姫路城」が文化遺産に、「白神山地」と「屋久島」が自然遺産に登録された。それから20年ほどで14件が登録された。ほぼ3年に2つのペースで世界遺産が増え続けているわけである。

欧米などと比べると、日本では、世界遺産のブランド力は極めて強い。これまでも「世界三大××」のほか、指揮者の小澤征爾を「世界のオザワ」、作曲家の坂本龍一を「世界のサカモト」と呼ぶなど、漠然と世界からの承認を示す表現はあった。だが、それらと比べても、世界遺産ブランドは、ユネスコという「実態はいまいち分からないが、何となく地球最強の権威に認めて貰えた」という満足感と安心感を与えてくれるのだろう。

さらに世界遺産登録には、地域振興や観光開発に多大なメリットがある。2014年、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が登録された。正式登録の前段階の登録勧告がなされた直後の大型連休だけで5万人以上が訪れ、それまでの1日の入場者数記録が更新された。こうした成功例がいくつもあり、各自治体が世界遺産登録を目指すのは当然の流れだろう。念のため申し添えておけば、ユネスコが掲げる世界遺産の理念は地域振興や観光開発ではない(※1)。 主に歴史学的・考古学的に見て唯一無二な人類史に影響を与えた物件を選定し、それを保護・継承することである。

日本の世界遺産について、都道府県単位で調べたところ、図のようになった。赤と緑は、既に正式登録された文化遺産、自然遺産を持つ県、黄色は国の暫定リストに記載された物件のある県、青は世界遺産登録を目指す活発な運動が現在見られる県だ。ちなみに、宮城県、愛知県、宮崎県にも、かつては世界遺産を目指す運動があったり、萌芽的な運動が行われていたりする。このまま行くと、国立大学なみに、全ての都道府県に世界遺産ができるかもしれないのである。

とはいえ、世界遺産登録の基準となる「人間の創造的才能を表す傑作」や「ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在」はどこにでもあるのだろうか。筆者が見る限り、日本では2001年を境に、登録される物件の性格が変化した。それ以前には、先の法隆寺や姫路城に続いて、京都・奈良・日光の神社仏閣、白川郷、原爆ドーム、沖縄の城跡・聖地などが登録された。もちろん程度に差はあるが、これらは世界遺産登録前から代表的な観光地であった。修学旅行などで訪れた人も多いだろう。

一方、2001年以降は、「紀伊山地の霊場と参詣道」「石見銀山遺跡とその文化的景観」「平泉――仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」「富士山――信仰の対象と芸術の源泉」「富岡製糸場と絹産業遺産群」となっている。2001年以前の物件の多くは「文句なしに誰が見ても世界遺産」だったのに対し、2001年以降は、それなりの説明やプレゼンが必要なものが増えているのである。

この説明やプレゼンは物語と言い換えてもいい。その物件の価値を唯一無二の建造物や景観のような物が持つ価値や凄みだけで表現するのが難しく、物をめぐる歴史やエピソードなどをアピールしなければならないのだ。特に富士山の登録までの20年間のプロセスは、この「物から物語へ」というシフトそのものであったと言える。

「日本遺産」という政府主導の物語化

そもそも富士山は自然遺産としての登録が目指されていた。だが、山上のゴミ処理問題や、富士山型の成層火山としてキリマンジャロが既に登録されていたため、落選したとされる。結局、二度の落選の後に、文化遺産としての登録へと方針転換され、そこで持ち出されたのが「信仰の歴史」だった。世界遺産としての富士山の価値は、その優美な山容や景観にはない。ユネスコが認めたのは、富士信仰という現在では廃れた宗教文化、そして江戸時代に浮世絵の題材になったことだ。日本が主張した「世界的名山としての景観」は否定されてしまった。つまり、過去のエピソードや文化現象をアピールすることで、富士山の価値は認められたのである。

同じような傾向は、現在、暫定リストに記載される物件にも見られる。「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」「宗像・沖ノ島と関連遺産群」「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」などでも、現存する教会、寺社、金山跡といった建造物や景観が物語を通して紹介される。キリスト教の伝来と弾圧・潜伏、古代の海上交通と聖なる島、黄金の国ジパングと鉱山技術などだ。残された物に適切な物語を付加することで、それに価値を与えようというのである。

こうした世界遺産の物語化は、2001年以降、広範囲に資産が散らばるネットワーク型の物件が増えたこととも重なる。1つの県が持つ資産だけでは物としての価値が不十分なため、それを大きな物語の中に位置づけ直し、他の資産と結びつけて提示するのだ。「紀伊山地~」は、熊野詣を物語として紀伊半島の南3分の1くらいを世界遺産にした感がある。暫定リストの「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」も同じような発想だろう。「明治日本の産業革命遺産――九州・山口と関連地域」は、日本の近代化をキーワードに、松下村塾から岩手県釜石市の高炉跡までを一括りにした。

物語化の傾向をさらに後押しするのが政府主導で始められた日本遺産だ。これは、世界遺産登録への展開を視野に入れつつ、各自治体が応募してきた遺産を文化庁が認定する制度だ。だが認定されるのは、建造物や文化財といった物ではない。自治体は「ストーリー」を応募するのだ。2015年4月、第1弾として18のストーリーが認定された(※2)。タイトルを見ているだけでも面白い。「津和野今昔~百景図を歩く~」「『四国遍路』~回遊型巡礼路と独自の巡礼文化~」のような正統派と共に、「かかあ天下―ぐんまの絹物語―」「灯(あか)り舞う半島 能登~熱狂のキリコ祭り~」「『信長公のおもてなし』が息づく戦国城下町・岐阜」「日本国創成のとき―飛鳥を翔(かけ)た女性たち―」などが認定されている。

残念ながら落選したものも面白い。「忍者の聖地、甲賀・伊賀~『正心(せいしん)』を呼び覚ませ」「駿府は家康公の理想郷」のような気合断言系、「東国歴史フィールドミュージアム」(埼玉県行田市)「HIMEJI―平和と安寧を祈るまち―」のような横文字・カタカナ系など、一度は見に行きたくなる。他にも「女神が生み出した宝物」「ジャパン侍シルクの源流」といった言葉が飛び交い、紙幅の都合で紹介しきれないのが残念である。

物語化は、既にある物を提示するのではなく、文化遺産を語り直すことで発見・再創造する手法だ。拙著『聖地巡礼』でも紹介したが、物語による現実の拡張は、観光開発や地域振興において広まりつつある。日本遺産によって物語化が政府主導で始められた今、世界遺産に立候補する自治体は今後も増加するだろう。ユネスコがすべてを承認するのは難しいかもしれない。だが物語化は、経済的恩恵だけを目的に行われるわけでもないはずだ。物語の根底には、自分たちの暮らす地域へのプライド、地域を面白くしようという前向きな感情があるように思われる。

※1:日本ユネスコ協会連盟は登録基準として「人間の創造的才能を表す傑作である」「現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である」などの10項目を紹介している。
※2:文化庁のリリースには<地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化を図る。>とある。