貧乏でも素朴な人情が存在した

5代目古今亭志ん生が好んで演じ、息子の志ん朝が引き継いだ「井戸の茶碗」という落語がある。あらすじはこうである。

「正直清兵衛」と仲間に呼ばれている屑屋が、長屋の貧乏浪人から仏像の払い下げを受ける。それを細川家の若侍が買うが、よごれた仏像を磨いているうち、底の紙が破れて、中から小判50両が出てきた。潔癖な若侍は「仏像は買ったが小判は買っていない」と清兵衛を呼び出して、浪人に返しに行かせるが、浪人は浪人で「先祖が万一のために残してくれた蓄えだったとしても、その仏像をわずかな金のために売ってしまう自分には、それを受け取る資格はない。先方にお返し願いたい」と言う。

両者相譲らず、間に入った清兵衛は往復で仕事もできない忙しさ。浪人が住む長屋の大家が見かねて「双方20両ずつ受け取り、あと10両を間に立って苦労した清兵衛に与える」との折衷案を出す。若侍はそれで手を打つが、清貧なる浪人はなお譲らない。清兵衛が間に入って、20両の代わりに何かを先方にさし上げることを提案する。「朝夕に飯を食べているこの茶碗ぐらいしかお渡しするものはない」と形ばかりの返礼をした。ところがそれが「井戸」という高麗焼きの名器で、ひょんなことから細川の殿様の目にとまり、金500両で買い上げられる。

浪人はこの金も受け取らないと見た若侍は、「拙者が最初に250両を受け取るから、浪人にあと250両を渡すように」と清兵衛に頼む。案の定、これも受け取れないと意地をはる浪人に清兵衛が「今度もまた何かを差し上げたら」と言うと、「もはや差し出すものは何もない。先方がまだ独り者なら、浪人の娘をもらってもらうのはどうだろうか。年頃の娘は貧乏のなかでも世間に出して恥ずかしくないだけのしつけはしてある」。若侍も人品いやしからぬ浪人の娘ならと、これを受けることにした。それを受けて清兵衛が「いまは粗末ななりをしていますが、磨けば立派な奥方になりますよ」と言うと、若侍が「いや磨くのはよそう。また小判が出るといけない」というオチである。

すこぶるつきの善人ばかりが登場する"のどかな"話である。厳然たる身分制度が存在し、農村部は極度に疲弊していた時代であることを承知のうえで、こんな「貧乏」物語を紹介したのは、そこには昨今言われる「貧困」とは違う大らかさがあるからである。制度をはみでたところに素朴な人情が介在していたと言っていい。

秋葉原事件と社会の「底の浅さ」

2005年6月の日曜日の白昼、東京・秋葉原で、25歳の青年がトラックを暴走させて通行人をはねたあと、手にしたナイフでさらに多くの通行人に切りつけ、7人を死亡させ、10人に重軽傷を負わせた事件は、残酷な行為とは別に、現代社会の「底の浅さ」を強く印象づけた。

事件直後から犯人が派遣社員で、派遣先の自動車工場(静岡県裾野市)ではいつ解雇されるかわからない不安定な環境にいたことが報じられている。彼は青森県の高校を出た後、岐阜県の自動車関係の短期大学を卒業、仙台市の人材派遣会社に登録した。その後は自動車工場のトラック組み立てライン(埼玉県)、住宅建材メーカー(茨城県)、運送会社(青森県)などを転々としている。

だから犯行の背景に個人的事情を上回るいびつな社会構造があると受け止めた人が多かった。彼の職場での人間関係は希薄であり、それをケータイ掲示板の書き込みで埋めようとしたが、それも心の空洞を埋めることはできなかったようである。

近代以前の社会では、すべてが家庭や地域などまわりの環境に埋め込まれていた。家事と職業の区別もなく、教育もまた家庭や地域で行うものだった。近代化によって職業の分化が行われ、教育も家庭から離れて学校へと移る。私たちの周辺にあったものごとがどんどん外部の社会システムへと移されていくが、そのシステムが肥大化すると社会は硬直したものになる。身の回りの生活世界はいよいよ衰え、どこにも居場所がなくなってしまうのである。

事件当時、犯人には心底から寄り添ってくれるような「重要な他者」が存在しなかったという指摘もあった。彼の寒々とした家庭環境を世間に知らせるきっかけとなった弟が後年自殺したことにも、彼を取り囲むコミュニティが崩壊していたことが感じられる。

落語の世界によく登場するかつての「貧乏」と現在の「貧困」とはずいぶん違う。貧乏はただ「お金がない」ことだが、貧困には「社会全体から排除される」意味が含まれている。現代において「金がない」ことは「仕事がない」ことに通じ、「帰る家族がない」、「住む場所がない」、「頼れる親戚がない」、「友だちがない」というふうに、社会全体のシステムから排除されてしまう。これを「社会のふところが浅くなった」と言ってもいいだろう。

もちろん現代社会の諸問題には政治的、経済的、社会的な要因が複雑に絡んでいるが、それらの動きをITが加速し、また変形もしている。サイバー空間の影響をもろに受けて、これまで当たり前だった、あるいは合理的であると考えられてきた現実世界の社会秩序やシステムが音を立てて崩れつつある。

2011年3月の東日本大震災をきっかけに、あらためて身近な人間関係を大事にすることの重要性が再確認された。いざというときに頼りになり、また頼りにせざるを得ない近くの人びととのつきあいを常日ごろから考えておいたほうがいい。というわけで、サイバーリテラシー・プリンシプル(23)は<身近な人間関係を大事にする>である。