孫正義氏がこれまでに経験したタフな場面をケーススタディの形で完全再現。
あなたは正しい判断を下せるだろうか。

Q. 合弁事業でトップ同士はどう付き合うべきか

米国ヤフーのジェリー・ヤン、マイクロソフトのビル・ゲイツ、20世紀FOXのルパート・マードック……。孫は「大物たち」とパートナーを組んできた。パートナーとはどんな距離感で付き合うべきか。A案は、何でも話し合える夫婦のような感覚。B案は、是々非々の判断ができる、ドライな間柄。
【A】夫婦のように付き合う【B】ビジネス・ドライな距離感を保つ
(正答率70%)

企業のパートナー戦略はいかにあるべきか。ジョイントベンチャーや合弁会社の設立、あるいは出資など、他企業とパートナーを組む重要性は今後も増していくでしょう。

その際の課題は、誰と組むか、です。条件の厳しい「ナンバーワン」か。あるいは組みやすい相手か。

僕は「勝つための相手」と組みます。相手の条件が厳しくても、その後「1位」に近づけるのであれば組む。条件の厳しい相手はそれなりのポジションを築き、豊富なノウハウもあります。

「結婚、しませんか?」

これは、かつて僕がある事業パートナーを口説くときに言った台詞です。ビジネスの真っ最中に結婚しようなんてと怒る人もいそうですが、僕の真意を知って、受け止めてくれました。

相手が条件の厳しいケースであるほど小手先では通じない。会った直後に感覚でわかり合えて、ビジョンを共有でき、また駆け引きなくストレートなやりとりができるかどうか、が重要です。意気投合して、ともにやっていこう。そんな夫婦のような距離感が必要になると思います。

実際、ビル・ゲイツを含むアメリカのビッグネームとのジョイベンをつくるときは、結果はどうあれ、みな結婚するような感覚を抱いていました。

なぜ、僕はパートナー戦略を重視するのか。それは「足し算をしていてはダメだ」と考えているからです。

 

今あるものからどんなに足しても、年数が限られた人生、まっとうな発想しか浮かんでこない。積み上げ式は時間がかかりすぎるのです。だから積極的に他社と組む。異質な人や異業種セグメントと一緒にやってみる。すると、思いもつかぬ発想やダイナミズムが生まれ、成し遂げるまでの時間を短縮できるのです。こうした考え方は、1970年代、アメリカでの大学時代に学びました。

組む相手は国内に限りません。ボーダーレスの時代は、グローバルな展開をすべきでしょう。古い習慣や思い込みを後生大事にするのでは、新しい戦いには勝てません。

「私は、事業のど真ん中の、さらにど真ん中を狙っている」

これも昔から言い続けている言葉です。負ける戦いをしないのは当然として、ニッチな仕事で終わってはつまらない。高い志を持ち、考えぬいたビジネスモデルをパートナーとともに進める。そんな同志的結合によってのみ大きな革命ができ、グローバルコンペティションに勝利できるのです。

京都大学経営管理 大学院准教授 曳野 孝氏が解説

孫さんのパートナー選びは個人的つながりが影響しているように見えます。人間関係で選ぶのは一見、非合理的ですが、信頼で結ばれた関係は裏切られない、つまりローリスクだという判断が働いているはずです。興味深いのは、バークレーで学んだ孫さんがシリコンバレーではなく日本で起業したこと。自分と同じ感性を持った仲間は、同時にライバルにもなる。日本のほうが自分を差別化できると考えたのかもしれません。

●正解【A】――相手の条件が厳しいほど、小手先では通じないから

※本記事は2010年9月29日に開催された「ソフトバンクアカデミア」での孫正義氏の特別講演をもとに構成されております。設問文等で一部補筆・改変したものがあります。