人間の本質にかかわる「信頼」について、世界の宗教はどのように扱ってきたのだろうか。宗教家への取材から、その意外な解釈が見えてきた。

キリスト教では「信じあえない」が前提

私たちは誰しも、他人から信頼されるのはすばらしいことだと思い、信頼される人間になりたいと願います。しかし聖書には、「みんなから信頼されるような人間を目指しなさい」とは、一言も書いてありません。

意外かもしれませんが、キリスト教では、「人間とはしばしば裏切るものであり、お互いに信じあえないのがあたりまえ」と考えます。仏教や神道はどちらかというと人間を性善説でとらえますが、キリスト教は性悪説です。仮にいままで一度も法律違反をしたことがない人も、生まれたばかりの赤ん坊も、すべての人間は例外なく罪を背負っているというのです。

ご存じのとおり、キリスト教では神がこの世界のすべてをつくったと考えます。もちろん人間も神がつくったものです。これを天地創造といい、その様子を描い書かれています。ところが三章の初めから雲行きが怪しくなってくる。

神がつくった最初の人間であるアダムとエヴァ(イブ)は、エデンの園という楽園で何の悩みもなく暮らしていたのですが、ある日、蛇にそそのかされて禁断の木の実を食べてしまいます。蛇はエヴァが一人のときを狙って声をかけ、「神はあなたがたがその実を食べることで、自分と同じくらい賢くなってしまうことを恐れているんですよ」などともっともらしいことを言う。そこでエヴァが一口食べてみるとすごくおいしいので、アダムにもすすめて2人で禁を破ってしまった。

2人は神の前で罪のなすり合いをします。アダムはエヴァのせいにし、エヴァは蛇のせいにする。そして2人は「木の実を食べたら死ぬ」と言われていたにもかかわらず、死なずにただ楽園を追放される。実はここに神の救いが隠されています。

この2人は人類の祖先ですから、神の戒めを破ったアダムとエヴァの遺伝子が、その子孫であるすべての人類に引き継がれているとキリスト教では考えます。そして神に反逆する行いや、神の戒めを破ろうとする心の動きそのものを、罪という言葉で表す。辞書を引くと、「罪」という言葉には「crime」と「sin」の2種類があることに気づくでしょう。crimeは外に表れた悪い行いのことですが、sinは外に表れない心の中の動きのことです。生涯crimeを犯さずにすむ人はいるかもしれませんが、sinを犯さない人は皆無です。

私は会社員時代、ある上司のことが嫌いでなりませんでした。そんなとき聖書を読んでいたら、人間の罪にはどんなものがあるか、具体的に並べてある個所があった。「親を敬わない」「人を人とも思わない」などと並んで、「妬みと殺意でいっぱいになった者」と書いてあったので、私は「いくらなんでも殺意を抱いたことはない」と思いました。しかし教会の仲間がこう言ったのです。

「小形さん、会社であの上役がいなくなればいいのにと思ったことない? それは殺意ではないですか」

そう考えれば確かに殺意ともいえるかもしれません。クリスチャンかどうかに関係なく、みな罪びと的な資質を持っている。罪びとである人間同士が、信頼しあえるわけがありません。しかしまったく絶望的でもないのがおもしろいところで、キリスト教では次のような考え方を解決策として提示しています。

処方箋(1)
憎い相手を赦す

イエス・キリストは十字架に磔になって殺されました。殺したのは当時主流だったユダヤ教の権力者たちです。イエスが病人を治したり、パンとぶどう酒を何倍にも増やしたりと、自分たちにはできない奇跡を次々に起こすので、民衆の支持を失うことを恐れた彼らは、インチキな罪をでっちあげてイエスを処刑します。イエスは自分が殺されるとわかっていたのに、抵抗せず黙って殺された。なぜならその死には、私たち全人類の身代わりとなって罪を引き受ける、贖罪の意味があったからです。

約2000年前のイエスの死によってわれわれ人間の罪はすでに赦されているとキリスト教では考えます。注意すべきなのは、罪が帳消しになったわけではないという点です。罪は赦されたのであって消えたわけではない。われわれが罪びとであることに変わりはありません。

そんな私たちがお互いに赦しあい、信頼関係を築くにはどうすればいいか。非常に難しいことです。たとえば自分にとって腹立たしい人物がいるとする。その人のことがどうしても赦せない。赦すべきだとは思うし、あるときはもうすっかり赦せたような気がする。

しかし再びその人物の気に食わない言動を目撃すると、また腹が立つ。現実の人間とは、こういう混沌としたものだと思います。そういう人間同士の関係に、神と人間との関係を持ち込んでみたらどうでしょう。つまり、その憎い相手のことも神はすでに赦しているのです。そして自分もまた、神に赦された存在です。

世界中で使われている「主の祈り」というものがあります。クリスチャンの人生の指針の一つとなっている有名な祈りです。その中に、「我らに罪を犯すものを我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ」という一節がある。つまり神が自分を赦してくれたように、自分も相手のことを赦そう、と考えるわけです。

このように神と人間との関係を、人間と人間との関係に当てはめて考えるのは、キリスト教の特徴といえます。内村鑑三は「自分や他人を見るのではなく、キリストを見よ」という意味のことを言っています。普通われわれは自分を見つめて自分を鍛えれば何かをつかめると考えるものですが、自分を見ても何も出てこない。かといって他人を見ても、腹が立って仕方ない。

処方箋(2)
拠りどころを持つ

聖書にはこんな言葉があります。「あなたは、兄弟(他人のこと)の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか」。つまり「自分の欠点には気がつかないのに、他人の欠点にはよく気がつく」のが人間というものなのです。

そんなときは、自分と他人を比べるのではなく、自分とキリストを比べるのです。自分はキリストに何一つかなうところはない。キリストに比べれば何もかも不完全だと気がつけば、少しは謙虚になれるし、他人に対する期待過剰もなくなるのではないでしょうか。

普通は周囲の人たちから信頼されたいと思ったら、立派な行いをするとか、みんなの役に立つことをすればいいと考えます。しかし私はどうもそうは思わないのです。もちろん信頼を得るために努力するのはいいことです。些細な約束でもおろそかにしない人は信用されやすいでしょう。

聖書にも「小さいことに忠実な人は大きいことにも忠実。小さいことに不忠実な人は、大きいことにも不忠実」とあります。しかし本当の信頼とは、直接そういう行いによって生まれるのではありません。信頼を得るために行動するから信頼されるのではなく、信頼とはあとからついてくる付随要素にすぎないのです。

本当の信頼というのは、「自分はこう考える」というような、何か拠りどころのある生き方を持って生きていくうちに、やがて周囲の人から得られるものだと思います。私にとっての拠りどころは、聖書であり、教会の礼拝です。仕事以外の領域で何か支えを持って生きることで、自然と信頼はついてくるものではないでしょうか。

●聖書のことば
「あなたは、兄弟(他人のこと)の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。(中略)まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる」(マタイによる福音書 七章)
●解説
私たちはつい自分と他人のどちらが優れているかと比較し、他人を見下げてしまうもの。まずは自分を見つめて謙虚になろう。謙虚になれば、他人に対して過剰な期待をしなくなる。すると相手との関係も改善される。
日本長老教会牧師 小形真訓
1939年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、積水化学工業入社。70年に受洗し、74年に交野キリスト教会を設立。仕事をしながら伝道師を続け、退職後に牧師に。2013年4月より鳴門キリスト教会牧師。