北海道から沖縄までタテに細長いニッポン。気候も違えば人々の性格も違い、価値観はもちろん、相性さえも変わる。脈々と形成され、遺伝する出身県DNA。ここでは、47都道府県民それぞれの性格を大解剖。

鎖国で生まれた日本一の楽天家、長崎県人気質

鎖国政策の中、長崎だけが世界に開かれていたことから、先進的で、開放的な性格が育まれたと言える。食べ物も豊富で、めずらしい外国文化にも触れることができたため、おおらかで好奇心が強く、また外国貿易の利益の一部が各戸に配られ、暮らしが裕福だったことから、楽天的で浪費家の性分が形成された。コツコツ貯めるより、「今日が楽しければ」とパッと浪費するタイプ。粘り強さや、積極性に欠け、自分に甘いなどの問題もあるが、面倒見がよく他人の世話を焼くのが大好き。人がいいので、上辺だけで判断しがちだが、じっくり付き合って見極めることも大切だ。開放的すぎて、少々付き合いにくいところもある。

●良評

・おおらかでも、押さえどころを知っている気がする(千葉・女)
・荒っぽいが、人をコントロールするのがうまい(島根・男)

●悪評

・自己中心的で面倒くさいことは他人に押しつける(大分・男)
・自分に甘く、些細なことで意固地になる人が多い(群馬・女)

上司――太っ腹な男上司。好奇心旺盛な女上司

●男上司

太っ腹な上司が多い。包容力があり、細かいことを言わず、世話好きで面倒見がいい。遊び好きなので部下を連れ、ワイワイ楽しくやるのが好き。ボスだからといって変に気をつかわなくてもよいから、こんなに付き合いやすい上司も珍しい。ただし、勘違いして、仕事で甘えすぎるのは禁物だ。

●女上司

視野が広く好奇心旺盛なので、新しい仕事にも関心が高い。誰に対しても言いたいことをズバズバ言うが、反感を持たれるようなタイプではない。たとえ気に障ることを言われてもいちいち気にしないこと。姉御肌なので、仕事に限らず、プライベートなことでも小まめに相談するとうまくいく。

部下――甘えが目立つ男部下。持続力が欠ける女部下

●男部下

仕事に対する真剣さに欠け、ガッツが感じられない。ともすれば、上司に対しても馴れ馴れしく接して、甘えが目立つ部分もある。努力をするタイプではないが、ライバルへのひがみもなく、楽しく仕事をこなしていく。見かけよりもしっかりしているので、厳しく対応し、能力を伸ばすとよい。

●女部下

芯が強く明るく、何に対しても積極的で、行動力も充分あり、比較的細かいことにもこだわらない頑張り屋。ただし、緻密さに欠けるところがあるので、チェックを忘れずに。おおらかな性格だが、マイペース型で、自己主張が強いのと、やや持続力に欠けるのが難点。プレッシャーをかけるとよい。

取引先――つかみどころがないが、押しの一手で攻める顧客

長崎の顧客は、商人気質ではないので、なんとなく商売している感じで、駆け引きも苦手な人が多い。慎重さに欠けるし、苦しくなると神頼みをするようなこともある。ただし、常識にとらわれず、いいものはどんどん取り入れたいといった気風はあるので、押して押して、押しまくるとうまくいく。頼りにはならないが、先方から裏切られることがないから安心して商売できる。また、人を見下すこともないので、やりにくい相手ではない。

●営業ポイント

1. 押しまくるが勝ち
2. やる気なさそうな印象でも、人はいい
3. 差別意識のある人は、嫌われる

恋愛――気軽に付き合える長崎の男。開けっぴろげな長崎女

男女同権意識が高く、恋愛にもフランクな長崎の男性。おおらかで誰とでも気軽に付き合えるのが特徴。女性を見下すこともないので、付き合いやすいといえる。結婚しても家族を大切にするが、誰に対しても親切なので、多少の浮気の不安も拭えない。女性は恋愛にも開けっぴろげ。情が深く気はやさしいが、女性を見下す男性は大嫌い。男を見る目はあるが、情に流されやすいことも。浪費家グセは結婚後も直らないかも。

●口説きポイント

1. 長崎男には、押しの一手で
2. 女を見下す男は嫌われると心得よ
3. 浮気性、浪費家の性分は覚悟せよ

●相性の良い県[1]福岡県[2]佐賀県[3]熊本県
●相性の悪い県[1]長野県[2]岐阜県[3]愛知県
●男性[リーダーシップ度]★★★☆☆[真面目度]★★★☆[創造性度]★★★☆☆
[恋愛上手度]★★★☆☆
●女性[リーダーシップ度]★★★☆☆[真面目度]★★★☆☆[創造性度]★★★☆☆
[恋愛上手度]★★☆☆☆
●長崎県データ[総面積]4105平方キロメートル[人口]141万人
[人口1人あたり所得]213万円/年[主要産業]水・農・林産業 小売業[金持ち度]★☆☆☆☆

※各都道府県・県民性大図鑑内データについて
○「人口1人あたり所得」…内閣府「県民経済計算」(2009年)より
○「金持ち度」…男性が遊興費に使用できる額の平均から算出