今、エネルギー事業関連の工場や施設等を新設するにあたって、多くの企業が“立地候補地”に挙げる場所がある。北九州市の北部に位置する響灘地区だ。古くから工業都市として栄える同市の新たな産業集積地となり始めたこの地域。魅力や優位性はいったいどこにあるのだろうか。

海上輸送に抜群の強み
国内外へ好アクセス

複数の産業用地を検討した結果、“総合力”でほかを上回っていた──。

実際に響灘地区に進出を決めたエネルギー関連企業の代表的な声だ。支持を得る総合力──その具体的な要素の一つは何より充実した港湾インフラである。西日本最大級の水深を擁する「ひびきコンテナターミナル」やコンテナ以外の貨物を扱う「響灘南岸壁」を備えるこの地であれば、あらゆる貨物に対応することが可能だ。

「例えば響灘地区の重点立地分野である風力発電産業にとっては、部材や製品の輸送が大きな課題となっています。風車の大型化が進む中、海上輸送の重要度が急速に高まってきているのです」と説明するのは、北九州市港湾空港局の光武裕次部長だ。

「その点、響灘地区はまさに港湾に隣接し、輸送コストや手間の削減に貢献します。またアジア市場の成長が予想される中、海外へのアクセスに優れており、10年後、20年後を見据えたグローバル拠点としても力を発揮するでしょう」

北九州市港湾空港局では2010年、風力発電分野で部品の輸入から製造、実証実験、メンテナンスまで行う環境を整備する「グリーンエネルギーポートひびき事業」を始動。国内はもとより、アジア地域における総合拠点となるべく企業の集積を図っている。

さらに最近は、風力発電が陸上型から洋上型へと移行し、設備の大型化、重量化に拍車がかかる中で、効率的・経済的に洋上の建設サイトへ移送する仕組みづくりに注力。洋上風力発電の拠点港としても歩み始めたところだ。

ものづくりのDNAが
競争力の源泉に

そして、その他の再生可能エネルギー関連では、日本最大のバイオマス燃料集配基地の立地も注目のトピックだ。国内でいっそうの普及が期待されるバイオマス発電では間伐材や農産物残渣を燃料とするが、それには海外から輸入されるものも多く、大量にストックできる場所が必須となる。そこで、港湾の背後に広大な用地を有する響灘地区に白羽の矢が立ったのだ。

「約2000ヘクタールに及ぶ用地も、響灘地区の総合力を支える大事な要素です。国内でこれだけ大規模かつ自由度の高い用地を確保できる所は、ほかになかなかないでしょう。また先ほど海上輸送のお話をしましたが、陸上輸送の拠点としても利便性は高く、最寄りの高速道路の出入り口までおよそ4キロメートル。鉄道を含め、本州とのネットワークも充実しています。さらに市の中心部、小倉までも15分ですから、ビジネス環境としての要件を揃えています」と光武部長は言う。

そしてもう一つ、北九州市を語るときに忘れてはならないのが、“ものづくりのまち”としての歴史だろう。

1901年に官営八幡製鐵所が操業を開始して以来、北九州地域は鉄鋼、電機、自動車などさまざまな産業を育んできた。その中で培われたものづくりのノウハウやDNA──これは数字では表しにくいものの、確実に企業の競争力の源泉になっているに違いない。実際、他の地域より進出してきた企業からは「事業を始めてみると、人材の質の高さがよく分かる」といった声が聞かれる。

かつての公害を克服し、いまや世界的な環境都市となった北九州市では、自治体と事業者が一体となって、環境産業、エネルギー産業の育成に本気で取り組んでいる。響灘地区においても、北九州市と民間企業五社で響灘地区開発推進協議会を組織し、継続的にセミナーなどを開催。企業誘致を積極的に進めているところだ。

「風力発電に限っても、すでに発電事業者、部品メーカー、メンテナンス企業などがエリア内で活動しています。おかげさまでここ数年は、全国の関連企業から進出に関するお問い合わせも多数いただいており、産業集積が加速している状況です。今後も市としては、単に用地やインフラを提供するのではなく、具体的な成果にもコミットする“戦略的パートナー”として、多面的なサポートを継続していきたいと考えています」

日本屈指の港湾インフラを持つのをはじめ、用地や人材面など、製造、物流拠点に欠かせない複数の条件を備えた北九州市響灘地区。新規立地を検討する企業にとっては、やはり見逃せないエリアといえそうだ。

進出企業が響灘地区を選んだ理由

重工業都市の歴史が
人材面で力を発揮

日本ロバロでは、風力発電設備に不可欠なベアリングを製造しています。2009年、他の用地と比較した上で、響灘地区に工場を建てた理由の一つは、輸送面での優位性。風力発電用のベアリングの直径は3m超あり、今後本格化する洋上型のものでは5mほどにもなります。複数受注で数十個を納品するとなれば、現実的には海上輸送しか考えられません。また、一部の部材は海外からコンテナ船で輸入もしているため、港湾施設の存在は必須でした。

一方、製造工場は24時間稼働ですが、実はこの点でも北九州市への立地がメリットをもたらしています。重工業も盛んな土地柄から、工場運営への理解度が高く、人材の確保も非常にスムーズ。地域の歴史が事業活動に大きな影響を与えることを実感しています。同じ分野の事業者との情報交換の場も北九州市によって設けられ、すでに風力発電のメンテナンス企業と連携が始まりつつあります。

ドイツに本社を置く当社は、世界的ベアリングメーカー。大型製品の分野で日本国内シェア7割超を持つ企業として、今後も確かな役割を果たしていければと考えています。

充実したインフラと
市の支援体制が決め手

バイオマス発電所用の燃料をストックし、国内各地の発電所に供給する──。当社は、そのための日本最大の備蓄集配基地を響灘地区に建設する予定です。海外から燃料を輸入するため、最大5万トンクラスの貨物船の入港が可能で、港湾の隣接地に7ヘクタールに及ぶ施設を建てられる用地を確保できる。そうした点で、響灘地区は非常に魅力的でした。

ただ、当社が北九州市を選択した理由は、単にインフラ面が充実していたからだけではありません。何より、市が私たちの事業を評価し、支援を表明してくれたことが大きな決め手となりました。燃料集配基地の建設には、検疫や通関など多様な問題が関係してくるため、自治体との連携が非常に重要。ここがうまく行かないと、計画がなかなか前に進みません。その点、北九州市は市役所の窓口を一本化し、計画を実現するための体制を整えてくれました。

さらに、同じ響灘地区でバイオマス発電所の建設にコンサルタントとしても関わってまいります。エネルギー源の多様化とCO2の削減。この日本の重要な課題に応える再生可能エネルギーの拠点づくりを必ずや成功させたいと思います。