通読するには1日2時間で1週間

フランスの経済学者トマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』が売れている。日本では昨年12月に発売されて1カ月で8刷、13万部を記録した。定価5940円(税込)、728ページ、厚さ約4センチという経済書では異例の展開だ。

「最初からすさまじい売れ方でした。これだけ高額な本が1日何十冊も売れるなんて過去に経験がありません」

と驚くのが、丸善書店丸の内本店の一般書籍売場長の石川格(わたる)さん。発売初日は店の入り口に特設売り場を設けるなど店内5カ所で展開した。お客さんの中には入店するや『21世紀の資本』を掴んで、中身もチェックせずそのままレジに直行する人も多かったという。

「経済書でこれだけ広く厚く展開するのは1年に1冊あるかないか。今年はもうこれで最後です」

なんと1月で今年最高の売れ行き宣言が出てしまった。発売前、「しっかり売らなければ」と石川さんは考えていた。というのは出版前に版元のみすず書房に依頼して、『21世紀の資本』の冒頭部のゲラを読んでいたからだ。

「文章がとても読みやすい。これは非常に大切なポイントです。またテーマも広がりつつある格差についてデータで実証していて、今後の議論の土台になる。多くの人が読むべき本であると確信しました」

そこまで言われると私も興味がそそられる。さっそくトライしたが、「はじめに」の3ページ目あたりで遭難した。エベレストに登りにいったつもりが麓の村で捻挫した、みたいな。経済書なんて読んだことがないし、普段の仕事にも関係がないので読み進める気力が保てない。それに大きくて重いから、持ち歩いて電車の中で読むわけにもいかない。いったい買った人はどうやって読むんだろうか。

「年末年始のまとまった休みに、1日2時間くらいのペースで1週間で読み切りました」

というのは、52歳の外資系IT企業勤務の男性だ。やはり「お勉強」スタイルで読むしかないようだ。

「古今東西のいろんなエピソードが盛り込まれているので、ビジネスのネタ帳として手に取りました」

というのは、経営コンサルタントをしている39歳の男性。

「半分弱まで読んだのですが、これは全部読まなくてもいいのではと思ってそこで止まっています」

一方、フランスのレンヌ政治学院の研究生である42歳の日本人男性は、「私の周りでは誰も読んでいませんね。私も書店で手にとってみましたが、とても読む気になれませんでした」と意外な反応だ。

「フランス人の同僚は『マルクスの資本論などと同じで、ピケティの本も大学での講義を通して広がっていく。経済学部の学生でも本は読まない』と言っていました」

「ファッション」で買う人はもういない

日本の熱狂ぶりに比べると温度差を感じるが、実際、同書が世界的ベストセラーになったのは英語訳版(累計50万部)が出版されてからである(※1)。みすず書房の担当編集者・中林久志さんは話す。

「うちが翻訳権を取得したのは火が付く前で、フランス語版の2カ月くらいあとでした。競合他社もなく宝くじを当てたようなものですね」

翻訳権の取得に動いたのは、同社が出してきた開発経済学の専門書で、しばしばピケティ教授への言及があったからだ。『21世紀の資本』の評判もフランスで出版される前から伝わっていた。中林さんは「宝くじ」と謙遜するが、丸善書店の石川さんも注目していたように、売れる本には必ず「目利き」が存在している。

「売れる確証があったわけじゃないですよ。アメリカで売れたからといって日本でも売れるとは限りませんし、類書がありませんから。やってみないとわからない、というのが正直なところでした」(中林さん)

当初、日本語訳版は2015年中の予定だった。ところが英語版に火が付き、スケジュールを前倒しした。このため翻訳は「原本」のフランス語版からでなく、英語訳版から行った。「フランス語の経済書を翻訳できる方は限られている」(中林さん)という理由からだ。

時宜を得た出版が功を奏し、まずはビジネスマンを中心に都市部の大型書店で売れ始めた。いまでは取引のなかった地方の小規模書店からも注文があるという。

一冊本ではなくたとえば上下巻の分冊にして、1冊当たりの単価を下げることは考えなかったのか。

「他社から手頃な解説本が出ることはわかっていたので、価格で勝負しても仕方ないかな、と。それにこの値段はうちからすると安い部類なんですよ」と、中林さんは笑う。

通読するのはかなり大変だ。知的なものへの憧れ、一種のファッションとして購入する人も多いのではないか。だが丸善書店の石川さんは私の疑問に首を傾げる。

「現代思想が流行った時期には、難しい本を買って読んだふりをする、という方もいたかもしれません。しかし今のお客さんは自分にとって必要でなければ買ってくださらない。ポーズとして本を買う余裕のある人はもういません」

「読了に専門知識は必要ありません」

ベストセラー作品をいくつも持ち、経済小説も手がける小説家の石田衣良さんは「みんながうっすらとわかっていて腹立たしく感じていたことを、データできっちり指摘したことが新しい」と分析する。

「格差社会にみんな不安を持っていて、その処方箋が欲しかったんじゃないですか。働くよりも、投資したほうが儲かることへの怒りの処方箋ですよ。いまの経済状態はずっと続くでしょうから、10年20年のスパンで売れる本になる」

大阪大学の大竹文雄教授は「基本的に日本で格差への関心が高まるのは、不況のときではなく株価が上がったときです」と話す。

その例として大竹教授は次の流行語とベストセラー(※2)を挙げる。

1984年『金魂巻』
同年「まるきん、まるび*」が流行語大賞に
98年『日本の経済格差』
2000年『不平等社会日本』
04年『希望格差社会』
05年『日本の不平等』
06年「格差社会」が流行語に
15年『21世紀の資本』
*実際は丸囲みに「金」と「ビ」

「84年は株価が上がりだして、その後のバブルに向かう前です。99年から00年はITバブル。02年からはいざなみ景気で株価が上昇。今回は13年から株価が上がっています。要するに資産価格が上がるとお金持ちの消費は増えますが、賃金所得の上昇が遅れるため格差感が高まります。一方、資産価格が低迷して全員が貧しいときには格差への関心はそれほど高まりません」

しかしこの本は経済学の知識がない私にも理解できるのだろうか。大竹教授は問題ない、という。

「必要な経済統計に関する知識を基礎から説明してありますし、歴史的な描写や小説からの引用も多く、経済学に対する特別な専門知識は必要ありません」

さらにみすず書房の中林さんもこんな読み方をアドバイスしてくれた。

「結論を知りたいのであれば『はじめに』にエッセンスは詰まっています。あとは目次を見ながら自分の興味があるところを読んでもらえたら」

「はじめに」だけでも38ページ、取り敢えずここから取りかかろうか。

※1:フランス語の原著は2013年8月30日、英語訳版は2014年4月15日の刊行だった。部数は翻訳も合計して2014年10月現在で150万部。最大部数は英語訳版の50万部。韓国語や中国語、アラビア語など35カ国語で翻訳される。
※2:渡辺和博とタラコプロダクション『金魂巻──現代人気職業三十一の金持ビンボー人の表層と力と構造』、橘木俊詔『日本の経済格差──所得と資産から考える』、佐藤俊樹『不平等社会日本──さよなら総中流』、山田昌弘『希望格差社会──「負け組」の絶望感が日本を引き裂く』、大竹文雄『日本の不平等──格差社会の幻想と未来』。