歯列矯正した人はなぜキャラが変わるのか?

ある日FacebookにUPした自分の笑顔写真を見て愕然とした。

以前は気にならなかった八重歯が異様に目立ってきた気がする。顎関節症による顎の歪みと相まって歯並びの悪さが自分のブス度を上げている、ということに今更気付いたのだ。思わず「歯列矯正」の4文字が頭に浮かんだ。

早速費用相場をググってみた。日本矯正歯科学会のサイトによれば一般的な矯正治療の総額相場は治療完了までで60~100万円とのこと。上顎・下顎ともに歯並びを治したい私は100万円前後になるだろう。100万円か……。絶望的な気分で今度は「アラフォー 歯列矯正」で検索。すると、アラフォーで歯列矯正をしたというブログが続々ヒットするではないか。

なぜその年齢で? 治療期間は一般的に2年半~3年半程度かかるというが、莫大な費用と時間をかけるほどのリターンはあるのだろうか? 成人矯正に力を入れているAQUA日本橋デンタルクリニックの綿引淳一院長に話を聞いた。

「当院の傾向としては、20代は審美目的で、年齢が30代40代と上がるにつれ健康目的で歯列矯正を始める方が多いです。歯槽膿漏や顎関節など歯周りのトラブルを抱えている30代40代が、治療を進めるうちに『歯並びの悪さが歯周病の原因』という事実に気づいて矯正に踏み切る。当院の患者さんは9割以上がこのケースですね」(AQUA日本橋デンタルクリニック・綿引淳一院長)

そうした健康目的で治療を始めた患者さんに、「ある変化」が見られるという。

「多くの患者さんが矯正治療中に変わっていきます。服の趣味、髪形、口腔への意識、全てが前向きになっている印象を受けますね。極端な例でいうと、最初はマスクをして来院していた方が、ある日、矯正装置もついているのにマスクを外して非常に洗練されたスタイルになって来院したことがあります。表情はとても明るくなっていました」

「矯正中に結婚・妊娠・出産する方が多い」

とりわけ興味深いのは、治療中に「先生、結婚することになったので」と報告する患者が多いという話。

「矯正中に結婚して妊娠、出産される方が多いんですよ。挙式前のブライダルエステ感覚で治療を始める方もよく聞きますが、矯正途中で結婚相手が見つかったと言う方もいらっしゃいます」

ここまで聞く限り、「コンプレックス解消⇒自信がついた」という典型的な意識変化が思い浮かぶが、実は他の理由もあるようだ。

43歳で矯正を始めた熊谷栄子さん(仮名・会社員)の例を紹介しよう。

「矯正の初期段階は歯が結構動くので、それを見るのが楽しみであり矯正の励みでもありました。それで鏡を見る回数が増えると、歯並び以外の外見も同じようにたくさん見ることになります。すると歯並び以外の部分も気になりだして、肌や髪の手入れを丁寧にするようになり、ついには目の下の小さな突起も皮膚科で取ってもらいました。この年で初めてピアスの穴も開けましたし、そういえば服の趣味も変わりましたね」

顎関節症が治療目的だった彼女は歯並びをコンプレックスに感じてなかったため、「自信を持てるようになった」という心的変化はない。ただ、鏡を見る機会が増えた。その行為が見た目を変えるきっかけとなったのだ。

一方、歯周病根絶のために43歳で矯正を始めた青木聡史さん(仮名・接骨院勤務)は、矯正治療中に人生で初めて「美容室」に足を運んだという。

「実は矯正中、歯磨きが煩わしくなり間食をしなくなったんです。おかげで体重が9カ月で7kgも減少し、ズボンをスリムタイプに変えざるを得なくなりました。これが思いのほか好評で。さらに、歯並びがよくなったことで気分が上がり、人生で初めて美容室に足を運んで髪型を現代風にイメチェン。これも『若く見えるようになった』と大好評。調子に乗って他も変えているうちに、いつのまにか『健康志向』から『アンチエイジング志向』に変わっている自分がいました」

「前向きに行動するようになった」というのは、34歳で矯正治療を始めた上野由紀子さん(仮名・事務員)。

「矯正中は食べられるものが制限されるわ、食後はすぐ歯磨きしないといけないわ、でプチストレスが多いんです。だから自分なりにテンションを上げていかないとやってられない。例えば、この辛さに共感してもらうためブログに矯正記録を綴ったり、マメに鏡で歯を見て励みをつけたり」

みな一様に「何かが大きく変わった実感はない」と言うが、地味に(?)変化はしているようだ。他にも「口に手を当てずに笑えるようになった」「矯正後はとにかく笑顔が増えたと言われる」という声もちらほら。こうしたマイナーチェンジが積み重なって、結果的に仕事運や恋愛運が上がるのだろうか?

自分の場合、なけなしの貯金をはたいて治療することで、それを補てんすべくさらに仕事に邁進するだろうが、100万円の投資は決して高くないような気がしてきた。