20世紀最大の物理学者、アルベルト・アインシュタインの「相対性理論」には、難解なイメージがある。

特に、時間や空間など、それまで絶対的だと思われていたものが「相対的」に決まるというのがふしぎで、難しいとされる。光のスピードに近づくと、時計の進みが遅くなるなど、まるでSFのような世界が、現実世界の理論として展開される。

あるときアインシュタインは、相対性理論の意味を聞かれて、こう答えたそうである。

「熱いストーブの上に手を置くと、1分が1時間に感じられる。でも、きれいな女の子と座っていると、1時間が1分に感じられる。それが、相対性です!」

天才ならではの独特のユーモアだが、実際に時間というのは主観的に変化する。認知的に見た、時間の「相対性理論」は興味深い。

たとえば、新しいことに取り組んでいるときの時間は長く感じられる。これは、脳が、新規な刺激を前にすると、その時間を長く感じるという性質を持っているからである。

職場が変わって、慣れない仕事をしていると、1週間がまるで永久に続くように感じることがあるだろう。これは、一つの時間の「相対性理論」である。

一方、物事に熱中していると、その時間は短く感じられる。特に「フロー」と呼ばれる、仕事と自分が一体となって一種の「没我」の状態になっている状況では、はっと気付くともう数時間が経過しているということがよくある。

仕事に乗っているときには、時間の流れがまったく苦にならず、いつの間にか過ぎてしまうということはしばしばあるだろう。そのようなとき、あなたは、実は「フロー」の状態になっているのだ。

私たちが主観的に感じる時間は、脳がどのように働いているかで伸び縮みする。ぎこちなく感じる時間は長い。楽しい時間は短い。苦痛に耐えている時間は長い。このように、数多くの「相対性理論」が存在する。

アインシュタインが冗談で言ったことが、今後、脳科学、認知科学が解明すべき時間についてのふしぎな原理につながる。さすがは、天才科学者と言うべきだろう。

ところで、情報技術の発達により、私たち人間にとっての時間の「相対性」には、さらにもう一つの次元が加わるようになった。

コンピュータの性能は、日進月歩。「集積回路上のトランジスタ数は、18カ月毎に2倍になる」とも表現される「ムーアの法則」は今のところほぼ継続し、「人工知能」の発達もめざましい。

近い将来、人間の能力をはるかに凌駕する人工知能が登場すると予測されている。たとえば、人間の1年分の思考を、1秒で実行してしまうようなシステムが実現すると、私たちの「時間」に新たな「相対性」が付け加わることになるだろう。

いわゆるホワイトカラーの知的労働者が、1年かけて考えてきた問題が、人工知能を用いると、一瞬で解決できる、というような時代が到来する可能性は、十分にあるのだ。

時間はもはや固定されたものではない。経験の質や、情報技術、人工知能によって自由自在に伸び縮みする。これからは、時間の「相対性」を駆使する人が勝利するだろう。

アインシュタインがかつて冗談で言った時間の「相対性」の中に、近未来を理解するうえでの大切な鍵があるのだ。