発泡ワインとシャンパンの違い

その昔、フランスを放浪していた頃(第9回参照 https://post.president.jp/articles/-/12933)、知り合ったカトリーヌがこれまたラッパ飲みしているのをもの欲しげに見つめていたら、ほれ、とまわしてくれ、ぐっと勢いよく瓶を傾けたとたん、

「ぐはっ」

吐き出した。口のなかで泡がはじけ、気道に突入、げほ、げほと涙ながらにむせかえる私をみんなげらげらと大笑い、カトリーヌもおなかを抱え、こちらは嗤い過ぎて涙を浮かべている。

「シャンパン?」

「ノン、ヴァン・ムスー」

世間知らずの青二才は、それが酒の種類だと早合点したものだが、後に痛風オヤジと化す頃には、ワインのA・O・C(原産地統制呼称法)と同様「シャンパン」もそれ自体にA・O・Cが適用され、他地域で醸造されたものを「シャンパン」などと名乗ろうものなら、法的に罰せられると知った。

「ムスー」とは、泡のことだが、彼らが発音すると、「ムシュー」と聞こえ、それがいかにもシュワシュワと泡立つさまを表していて、すぐに覚えた。が、ヴァンの発音が難しい。

私が発すると、バン「Banne」すなわち幌とか日よけとなってしまう。そのことを彼らに指摘されて、なるほどそれで、駅の売店のオバちゃんに何回も聞き直され、

「そんなもの売ってない」

としかめ面されたのか、とわかった。それを話すと、またもや一同どっと爆笑である。

表音文字文化の彼らにしてみれば、発音が違えば、意味が異なってくるし、ときにはちんぷんかんぷんの、存在しない言葉となってしまう。英語もしかり。アメリカでは、何回試しても通じなかったので、水は「ワラ」、国防総省ペンタゴンは「ペラガン」と発音すると、なぜか通じた。

ヴァンとバンでは大違いだが、シャンパンとムスーにはたして違いがあるかどうか。

眼で愉しむ酒があった

この時期になると、コンビニでも手頃な価格のスパークリングワインすなわちムスーを売っている。

清涼飲料水の感覚でがぶ飲みするぶんには、ムスーでこと足りるであろう。値段こそシャンパンの3分の1以下だが、シャンパンとまったく同じ製造方式(シャルマー方式というものもあるが)で、味のほうも、けっしてまずくはない。

クレマン、ペティアンなどというタイプもあるが、フランスでつくられたなら、ヴァン・ムスーで、イタリアならスプマンテ、ドイツはシャウムヴァイン、スペインはエスプモーソと、どこの国にも発泡ワインはあって、お手頃価格が特徴だ。

わが国とて負けてはいない。ビールとほとんど変わらない発泡酒がある。発泡にごり酒もあるが、価格面では清酒と大差ないかむしろ高額であったりするので、これは別扱いにしなくてはなるまい。

一時期、ワイン同好会に参加したことがある。めったに飲めない高級ワインも会費を募って購入し、グラスに分けあえば気軽に飲めるというわけで、広尾にあるレストランで「ゴッセ」を試飲したのは90年7月であった。

琥珀色の液体が湛えられたグラスの淵からは、ふつふつと絶え間なくちいさな気泡が生じ、きらきらと揺らめきながら浮かんでは、すっと消える。眺めていて飽きない。眼で愉しむ酒があることを初めて知った。

発泡系の酒は、食欲を増進させる。かのコリン・ウィルソン(第23回参照 https://post.president.jp/articles/-/13609)も、船旅の間、ビールばかり飲んでいるとおそろしく太ったので、肥満対策のためビールをやめたと告白している。

私は炭酸ガスが胃を拡張させ、馬食の受け入れ態勢を整えるのではないか、とみている。

シャンパンも、泡の行方を眺めるだけにしておけば、痛風の心配はない。むろん、それができないから、発作に苦しむハメとなる。